釣りガール

【釣りガール】初心者女子のルアーフィッシングの楽しみ方

こんにちは、emikiです。

私は、趣味で釣りをしています。

自分用の釣り竿(ロッド)を買って、きちんと釣りを始めたのは3年前くらいです。
でも、年間10〜20回くらいしか釣りに行っていないので、レベルはビギナー。

今回は、釣り・ルアーフィッシングの楽しみ方や、初心者だからこそ感じてしまう「あるある」、オススメの管理釣り場を紹介したいと思います。



スポンサーリンク

「釣り上げた瞬間」「自然とのふれあい」釣りが楽しいと思うポイント

釣り上げた時の達成感は最高にテンションがあがる

釣りは、やっぱり釣れた時が一番楽しいものです。

釣りを始めて知ったことなんですが、
釣りに行っても、釣れない日なんてザラにあります。
(正直、もっと簡単に釣れるもんだと思っていました。)

釣り糸をリールで巻いている時間の方が圧倒的に長いです。

しかし、釣り上げる楽しさや、釣れた時の喜びと達成感は何物にも変え難いものです。

 

何が釣れるか分からないワクワク感

水中にはたくさんの魚が生息しています。

ある程度は、仕掛けで釣る魚を絞ることができますが、100%ではありません。
水面に何がいるか分からない状態で、ヒットした時、
「何だ?何がヒットした?」とワクワク感が止まりません。

 

自然との一体感を味わえる

のんびり釣りをし、ゆっくり過ぎていく時間を堪能すると、心身ともにリフレッシュになります。
釣り場所にもよりますが、自然の中での釣りは、マイナスイオン全開で、エネルギー充電にも持ってこいです。

 

釣れるポイント探し

ビギナーの私には高度ですが、釣れそうな場所を探したり、
釣れそうなポイントにキャストしたり、楽しいですね。
自分だけの穴場スポットを見つけてしまったら、通いつめてしまいそうです。

 

ビギナー女子の釣りの悩み

ビギナーの私だから感じる、釣りの時の悩みや、あるあるをまとめてみました。

「めんどくさい!」「何でできないの!?」と思ってしまうこともあるのですが(苦笑)、
それがあるからこそ、釣れた時の達成感はひとしおなのです。

 

糸の結び方が難しい・セッティングに時間がかかる

釣りの時、ルアーと糸が絶対解けない結び方を覚えなければなりません。
(結び方は何種類かあります。)
私は、結び方をマスターしたものの、スムーズ&スピーディーではなく、毎回もたついてしまう。

かつ、普段は夜釣りが多いので、視界が悪い中でのセッティングは、さらに時間がかかってしまいます。
→釣りに慣れた人は、夜釣りでも何でも、セッティングがスムーズなんです。

 

根掛かりが半端ない

水面の地形の読みができていない、今ルアーがどの辺を通過しているかが把握できていない、ルアーの動かし方も下手。
などの理由から、かなりの頻度で、根掛かりしてしまいます。
※根掛かりとは、ルアーなどの針が水中の岩石や海藻・ゴミなどに引っかかってしまい、取れなくなってしまうこと。

根掛かりしてしまうと、糸を切るしかないので、また最初からルアーをセッティングし直さなければなりません。
(しかも、セッティングにも時間がかかってしまうという・・・)

先日、2時間ほど海で夜釣りをしたのですが、
2時間中6回も根掛かりしてしまいました・・・
ほんと、釣ってる時間より糸を切ったり、糸を結び直したりのセッティングしている方に時間がかかったんじゃないかと思うくらいでした。

一方、一緒に行った彼氏は3匹ものシーバスを釣り上げ(うち1匹は60cm級)、
一回も根掛かりなし・・・

素人と玄人では、ここまで差が出てしまいます(苦笑)。

 

キャスティングが安定しない

キャスティングが安定せず、まっすぐ狙った場所に飛ばすことが難しいです。
※キャスティングとは、竿を振り、ルアーを水面に投げる動作のことです。

もう、これは数をこなして慣れるしかないのでしょうが、
自分的にはまっすぐ投げたつもりが、思いっきり右にそれてテトラポットに引っかかってしまい、
買ったばかりの高額ルアーを一瞬にして失ってしまうことも多々あります・・・

 

釣り糸が絡まりまくる(バックラッシュ)

夜釣りだと特にそうですが、
気づけば釣り糸が、竿やルアーに巻きついて絡まりまくっていることがあります。

彼氏曰く、「糸をタルますと絡まりやすいから、常に糸を張っておかないと」とのアドバイスをもらい、
糸を張って絡まっていないか何度も確認するようになったので、
以前に比べ最近はあまりバックラッシュすることはなくなったのですが、

始めたての頃は、しょっちゅう糸が絡まり、
糸をほどくのに時間を費やしていました。
(しかも夜釣りだと、絡まった糸がほとんど見えない)



スポンサーリンク

生きてる魚が触れない&餌となる虫が苦手だけど、釣りは楽しめる!!

釣り好きだけど、生きた魚が触れない

生粋の釣り人の方にしたら、「ナメるな!」と思われるかもしれませんが、

私、生きている魚を素手で触れません。。。

 

小さい魚とか、スーパーに並んでいる魚なら全然大丈夫なんですが、
30cmを超えてくる生きた魚を素手で触るのが厳しいのです。

あの予測できないほど、暴れまわるビチビチした動きが怖い・・・

しかし、魚から針を外す時、魚を触ることは必須です。

過去に私は一人で釣りに出かけて、
一人で50cmくらいのニゴイを釣り上げました!

魚に素手で触らずとも、一人でキャッチ&リリースできました。

 

方法は簡単。

まず魚を釣り上げたら、軍手をハメて、新聞紙で魚をおさえ、
釣り針を外す専用の工具プライヤーを使えば、簡単に魚から針を抜くことができます。

糸を抜くと、(記念撮影などして)その後、
軍手や新聞紙でつかんで魚を川へ放します。

軍手や新聞紙越しとはいえ、魚のビチビチにはびっくりしましたが、一人で釣り上げた喜びもあり、スムーズにできたと思います。

 

釣り歴が長い彼氏や友人は、慣れたもんで、素手で捕まえて、素手で針を抜いていますが、

あまりにも釣れた魚が大きかったり、魚が針を飲み込みすぎて、奥の針を取らなければならない場合もあり、

初心者や、魚の扱いに慣れていない人は、プライヤーやペンチ等の工具はあった方が良いです。

 

慣れた人は、素手でいけるか工具で取るか、魚の種類と大きさを見極めているのだと思いますが、
どちらにしろ工具は用意しておいた方が良いと思います。


釣り好きだけど、餌の虫が苦手。触るなんてもっての外!

さらに、私はエサ釣りができません。

なぜなら、餌となる虫を触りたくないからです。
触りたくない以前に、大量の虫を直視できない・・・

(子供の頃は虫とか平気で触れたけど、今は無理だな〜)

 

だから専ら私は、ルアーフォッシングやワーム釣りばかりやっています。
ルアーとは疑似餌のことで、作り物の餌を水中で動かして、魚が食いつくように仕掛ける釣り方です。

ルアーフォッシングだと虫を一切見ることなく、釣りを楽しめます。

余談:釣具屋さんに買い物に行くと、
餌として虫が売っているので、餌エリアに迷い込まないよう要注意です(笑)

 

エサ釣りの方がよく釣れるそうですが、ルアー(疑似餌)で釣れると、魚を本物の餌と勘違いさせる動かし方ができたのかと実感できるので、嬉しいものです。

 

昨年、地元の川でエサ釣りをしてみました。

餌といっても虫ではなく、食用の「天ぷら」。
カラッと油で揚げる天ぷらではなく、スーパーのかまぼこの辺に売ってある、
魚のすり身の加工食品の天ぷらです。

この天ぷらでヤマメが釣れました。

 

しかも、地元の川なんて釣り人なんてほとんどいないので、
魚も擦れていない・・・

夕方になると、面白いほど釣れました。

エサ釣りでも、虫じゃなければ大丈夫なんですがね・・・

このように、生きた魚に素手で触れなくても、餌となる虫が苦手でも、
なんとかなります!

 



スポンサーリンク

初心者にオススメ!管理釣り場が楽しい

釣りに初めて挑戦する人、釣りを始めて日が浅い人は、
「管理釣り場」がオススメです。

川や海と違い、絶対にそこに魚がいる前提で釣るため、釣果が上がるので楽しいです。

管理釣り場や釣り堀って、プールみたいな人工的な場所に、椅子を並べて釣るイメージがあるかもしれませんが、自然の中の管理釣り場もあります。

自然の中にあるので、のびのびできてピクニック気分も満喫できて気持ちいいですよ。
私が、実際行ったことがあるところを紹介します。

 

ベリーパーク in FISH ON! 王禅寺

https://www.fishon-oz.jp

〒215-0013 神奈川県川崎市麻生区王禅寺766-18
(※釣り具レンタルあり)

釣った魚は持ち帰ることができます。(3時間で1人10匹まで)
また女性の方は、男性に比べ入場料がかなり格安です。

BBQができるスペースもあり、釣った魚をそのままBBQでいただくことができます。

 

リヴァスポット早戸

http://www.hayatogawa.com

〒252-0155 神奈川県相模原市緑区鳥屋3627
(※釣り具レンタルあり)

釣った魚は持ち帰ることができます。(何匹でもOK)

渓流をせき止めて、魚を放しているので、ほぼ渓流釣りに近い雰囲気を味わいながら魚を釣ることができます。

都心から離れていて、携帯が圏外になる程、人里離れた山奥にあります。(フリーWi-Fiあり)
あたりは自然に囲まれ、マイナスイオン全開。
釣りだけでなく、単純に癒されます・・・

 

帰りに野生のシカみたいなのと遭遇しました。

こちらの施設もBBQができるようです。
川辺での渓流釣りとBBQ。
最高ですね!

 

今年は不釣な私・・・

私は今年、今のところ10回くらい釣りに行きましたが、

釣果は「ゼロ」です・・・

 

魚釣りではないのですが、手長エビを1匹釣ったくらい(笑)。
本格的に寒くなる前に、なんでもいいから釣りたい・・・
そして、根掛かりしまくって、針とワームがほとんどなくなったから
道具も買いに行かなきゃな〜

 

私の今年の釣果はまずまずですが、今から秋にかけて気候も良く、アウトドアには最適だと思うので、是非、女性のみなさんも釣りに挑戦してみてください!

私みたいに、魚に触れなくても、虫が苦手でも、
なんとかなります!!!

川や海釣りは、男性の方が多く見かけますが、管理釣り場は、家族連れ、カップル、友達同士など、レジャー込みで楽しめるのでオススメです。





スポンサーリンク

関連記事はこちら