釣りガール

【ビギナー釣りガール】初めてのバス釣りの旅 〜山中湖・河口湖〜

こんにちは、emikiです。

釣りレベルはビギナー。
普段は近場の川や海でシーバスや、ナマズ、鯉(笑)などを狙って釣りをしている私ですが、(管理釣り場にも行っています。)

先日、バス釣りで有名な山中湖・河口湖へ
初めてブラックバスを釣りに行ってきました。

湖での釣りも、バス釣りも初めてということで
行く前から、とても楽しみにしていました。

今回は、その様子を紹介したいと思います。



スポンサーリンク

山中湖編

早朝4時半には、山中湖に到着。

早速釣りを開始したのですが、普段も夜釣りばかりの私でも、山中湖周辺が暗すぎてまともに釣りができませんでした。

しかも、土砂降りの雨で視界も悪い。

そんな環境だったので、

釣り初心者にはありがちですが

バックラッシュの嵐・・・

キャストするたびに糸とルアーが絡まってしまい、セッティングのやり直しにほとんどの時間を使ってしまいました(苦笑)。

 

暗闇や雨にも苦戦したのですが、
久々にルアーを使ったのもバックラッシュの原因だと思います。

キャスティングがまだまだ安定しない私は、
変なところにルアーを引っ掛けたり、根掛かりさせたりで、
ルアーの紛失が多いため、普段の釣りではワームばかり使っていました。

だだっ広い湖なら、根掛かりの心配もないだろうと思い久々にルアーを使ったのですが、
ワームと違って針が数箇所付いていたり、針がブラブラしいるので、案の定、何度もルアーを糸に引っ掛けてしまいました。

しかも、暗闇の中のバックラッシュを直したり、
ルアーを糸に通したり、結んだりが、本当に時間がかかってしまうのです。

 

4時半から釣りを開始して、あたりが明るくなるまでの約1時間半、
まともに釣りができた時間は15分くらいだったと思います(苦笑)

夜が明けてきた山中湖の写真です。

とても清々しい朝。

 

釣 果


結果からいうと、山中湖ではボウズでした。
アタリさえありませんでした。

鯉はウヨウヨとたくさん泳いでいたのですが、
陸っぱりで釣っていたので、バスは陸近くを遊泳していなかったのでしょうか。
(ボートだったらもっと釣れたのかな?)

私は、約4時間半、一緒に行った彼氏は約6時間半粘り、
さらに河口湖から山中湖に合流してきた友人たちも2時間釣りをし、

誰一人アタリもなく、山中湖での釣りを終えました。

 

河口湖編

午前中に山中湖での釣りを終え、
そのまま河口湖へ移動しました。

2つの湖の距離は、車で30分くらいのところにあるので、非常に行きやすかったです。

そして、前日の夜も河口湖で釣りをしていた友人たちによると、1週間前にバスの放流があったらしいから釣れるとの情報が。

今度こそ、釣るぞ!

と期待に胸を膨らませながら現地へ行きました。

 

釣 果

山中湖と同様に陸っぱりで釣りをしました。

河口湖での釣り開始から1時間。

特にアタリも何もありませんでしたが、
1時間過ぎたあたりから、ちょっとずつ魚がアタってくれて、
周りもチラホラ釣れている人を見かけました。

 

そして、15時過ぎたあたりから大フィーバー。

管理釣り場なんじゃない!?って思うくらいに、あちこちでバスが釣れる釣れる!!!

 

私も、ようやく1匹釣り上げることができました。

念願の初バス釣り!
嬉しかったです。

 

普段は魚を持てない私ですが、バスの口元を持ってみました。
手がぎこちない・・・(笑)

 

結果、私が1匹、彼氏が2匹、友人が5匹

なかなか良い釣果だったのではないのでしょうか。

 

 

河口湖で釣れたポイント

地図で具体的な住所を示せていなくて申し訳ないのですが、
赤丸で囲った辺で私、彼氏、友人含めて結構釣れました。

1週間前の放流ポイントだったようです。

よく釣れた時間帯は、15時〜17時です。

 

また、湖の水中には所狭しと藻が生えているのですが、
藻の中で仕掛けを動かすと釣れやすいようです。

現に、私も仕掛けが藻に引っかかってしまったので、藻を取ろうと竿をブンブン振っていたら、バスが食いついてくれたので(笑)。

バラしてしまったバスも、藻の中で動かしてたら食いついてきました。

 

初めてのバス釣り感想

深夜に車で出発して、途中仮眠をとったものの、ほぼ寝ない状態での釣りは体力的にしんどかったですが、釣り上げた時の喜びは、何ものにも代えがたいほど嬉しかったです。

また、普段とは違う環境での釣りは新鮮で、田舎や自然が好きな私にとっては癒しでした。

天候に恵まれず残念ながら、富士山をチラッとしかみれませんでしたが、富士五湖でもある、山中湖、河口湖はまさに絶景でした。

渋滞さえなければ、都心からのアクセスもしやすいのでまた行きたいと思います。



スポンサーリンク

関連記事はこちら