体験レポート

パワーイソメは釣れない?実際に使ってみたらアタリがエグかった!

こんにちは、emikiです。

マルキユーから発売されている「パワーイソメ」をご存知ですか?
本物のイソメにそっくりの形をした人工餌です。

「パワーイソメ」はパッと見はワームのように見えますが、人口餌の部類に入ります。

ガチのアングラーのみなさんにいわせると「ふざけるな!」「釣りを舐めてる!」と思われるかもしれませんが、私は虫系のエサ釣りが大の苦手で・・・
触るどころか、直視もできないレベルなんです・・・(苦笑)。

だから、私はもっぱらルアーフィッシング専門。
エサ釣りは、魚肉ソーセージなどの加工品か、オキアミかサビキくらいしかやったことがありません。

 

しかし、海釣り時のエサ(イソメ)の威力は知っています。

餌釣りできたら釣れて楽しいだろうな〜・・・でもイソメで釣りをするなんて100%無理!と思っていた矢先、本物そっくりに作られた人工餌「パワーイソメ」なるものを発見。

早速、使ってみたのでレビューしたいと思います!




>>釣り仲間が簡単に見つかるアプリ「ウィズクルー」詳細はこちら

マルキユー「パワーイソメ」の特徴

マルキユー「パワーイソメ」パッケージ私が今回購入したパワーイソメは、太さ「中」、色「赤」。

パワーイソメの特徴は、以下の通りです。

  1. 本物(イソメ)そっくりの形状
  2. うま味成分が本物のイソメの6倍
  3. 爪で簡単に切って使え、長さ調整が簡単
  4. 人工餌なので保存がきく

ひとつずつ確認していきましょう。

①本物(イソメ)そっくりの形状

マルキユー「パワーイソメ」の形状
作り物なのに、本物のイソメとそっくりの形状をしているので、イソメ嫌いの私は最初はびっくりしました。

初めてパッケージを開封した時、気持ち悪すぎて本物じゃないのに触るのを躊躇してしまうほどです(笑)。

 

②うま味成分が本物のイソメの6倍

マルキユー「パワーイソメ」うまみ成分がイソメの6倍
パワーイソメには、頭の先から尻尾の先まで、魚が好むうまみ成分・アミノ酸がたっぷり配合されていて、その量はイソメの6倍とされています。

イソメより美味しいのなら、魚の食いつきも抜群ということです!

今回買ったパワーイソメは、ブルーベリーの匂いがするものでした。
ワームのようにゴム臭い感じがしなく、イソメらしからぬ、終始フルーティーな香りに包まれていました。

少し液漏れしてしまって、釣り道具入れ全体にブルーベリーの匂いが充満しましたがね(笑)

③爪で簡単に切って使え、長さ調節が簡単

マルキユー「パワーイソメ」は爪で簡単に切れる
パワーイソメは、上の画像のように爪で簡単に切ることができるので、長さ調節も簡単にできます。

人工餌にも関わらずあまりにもリアルなので、最初は触るのも躊躇していた私ですが、慣れれば平気ですね(笑)。

 

マルキユー「パワーイソメ」パッケージ裏
パワーイソメのパッケージ裏に、釣り針へのつけ方が記載してありました。

餌持ち重視の場合は、針にまっすぐつけます。
アピール重視の場合は、針先にちょんと掛けます。

 

④人工餌なので保存がきく

生きた餌の場合は、購入したその日に使い切らなければなりませんが、パワーイソメは人工餌なので封をすれば保存がきくので経済的です。

しかし、パワーイソメを数時間放置してしまうとカチカチに乾燥して使い物にならないため、パッケージから出したものは使い切りとなります。
(ワームのように再利用はできません。)



スポンサーリンク

「パワーイソメ」を使って実際に釣りに出かけてみた

マルキユー「パワーイソメ」で釣りに出かけたさてさて、実際にパワーイソメの威力を体験するために、海へ釣りに出かけました。

ジグヘッドにまっすぐつけるセッティングをしてみました。

 

早速、キャストしてみました。

 

すると・・・

 

1投目から、早速グイグイあたりを感じます。

 

残念ながら、1投目で釣れはしなかったのですが、その後も4〜5回に1回は、キャストするたびにアタリがあるのです!!!

今までの釣り人生で(←4年程度ですが)こんなにアタった経験はないくらい、ビシビシとアタリを感じました。

 

でも、「アタリ」はあれど、まったく「魚が釣れない」んですよ!!!!

 

「なんでだ?」
「釣り方が下手なの?それにしても30回以上はアタッているのになんで釣れないんだ?」

と、疑問に思ってい、よくよく目を凝らしてみると、釣れない原因が分かりました。

 

パワーイソメにアタッてくるのはサヨリの群たちなのです。
サヨリは口が小さく細いので、合わせが上手くいかないと釣るのが難しいと言われています。

アタルたびに、合わせてみたものの、まだまだ初心者レベルのスキルしかない私には少しレベルが高かったみたいです(苦笑)。

水面が透き通っていたので、餌を追いかけるサヨリを目視しながら合わせたのですが、全然上手くいきません。

水上まで釣り上げられたものも数匹いましたが、結局全部バレました(苦笑)。

created by Rinker
マルキュー(MARUKYU)
¥577
(2021/09/25 23:38:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

パワーイソメで釣りをした結果「アタリはエグい!」

パワーイソメで釣りをした結果、今までにない数のアタリを体験したにも関わらず、1匹も釣れなかったという不思議な結果に終わりました・・・。

ちなみに、他のワームに変えてみたら、ピタッとアタリがなくなったので、やはりパワーイソメ様さまといったところでしょう。

釣れなかった事実は悔しいのですが、今までにないアタリを体験できたので、その面に関してはすごく楽しかったです。

私は、今まで釣れない釣りばかりをしていたので、アタリがあるだけで嬉しいんですよ。

魚が釣れない初心者アングラーがおちいった負のスパイラルこんにちは、emikiです。 暖かくなり、釣りには快適な気候がやってきました! ここ最近は、週に2・3回と、釣りに行く頻度も...

 

今回は、サヨリだったので上手く釣れなかったのですが(私のテクニック不足です。)、パワーイソメを好む魚を狙えば、なんだか釣れそうな予感がしました。

パワーイソメを買って大満足!
今後も秘密兵器として、パワーイソメをいろんな場面で使ってみようと思います。

そんなに高価な仕掛けでもないので、気になる方はパワーイソメをぜひ試してみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
マルキュー(MARUKYU)
¥577
(2021/09/25 23:38:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

【随時追記中】パサーイソメで釣れた魚の釣果報告

パワーイソメを使って、実際に釣れた魚たちをご紹介します。
(同じ種類の魚が釣れた場合は、割愛をしています。)

パワーイソメでアジが釣れた!
2019年1月下旬・・・アジ

 

パワーイソメでモクズガニが釣れた!
2019年2月中旬・・・モクズガニ

 

パワーイソメでメバルが釣れた!2019年3月下旬・・・メバル

 


2019年4月上旬・・・カサゴ
サビキの先端にパワーイソメを付けてみたら、見事に爆釣!
カサゴが4匹釣れました!(全部サイズが小さかったのですが・・・)

 


2019年4月上旬・・・ベラ
カサゴが釣れた日と同じ日・同じ場所。
カサゴ同様、サビキの先端にパワーイソメを付けたら、2匹釣れました。

 


2019年4月下旬・・・ウマズラハギ
朝まずめに磯で釣れました!

 


2019年5月上旬・・・マダイ
ミノーからパワーイソメに変えた途端にヒット!!
しかもオカッパリから釣れたので、奇跡です(笑)!

 


2019年5月下旬・・・ネンブツダイ
堤防釣りにてネンブツダイの群に遭遇。
小さすぎてまったく針にかからなかったのですが、かなりの勢いで食いつかれました。
何匹か釣れました。

 


2019年9月・・・タコ
根掛りと思ったらまさかのタコ!!!!
まさかパワイソメで釣れるとは・・・(笑)

 


2020年3月・・・キジハタ
サイズが小さいのでリリースしましたが、キジハタの縄張りに入ればパワーイソメで結構の確率で釣れますね。

 

《その他》※写真として残せなかったけど、パワーイソメで釣れた魚
カマス
ヒラスズキ
マルスズキ
フグ

 

パワーイソメを半年愛用してみた感想

パワーイソメを半年ほど愛用してみて感じたことは、アジ・カサゴは、泳いでいればかなりの確率で釣れます!
メバルも結構な確率で釣れますね。


(↑磯で20cmくらいのカサゴを釣った時の写真)

特にカサゴは根魚なので、巣を見つけてしまえば、1時間20匹ペースで釣れてしまうこともあります◎

もはや私には、パワーイソメでの釣りが楽しすぎて、手放せないアイテムになっています!


現在、ストックとして6つほど持っています。
パワーイソメの兄弟商品でもある、「パワークラブ」も愛用しています。

パワークラブを使ってみた
(↑磯釣りで大活躍の、パワークラブ↑)

また、パワーイソメは魚の食いつきが良い反面、フグをはじめとした餌取りの人気も高いので、無駄に消費してしまうこともあります。
状況を見ながら、注意して使うようにしてください!

created by Rinker
マルキュー(MARUKYU)
¥577
(2021/09/25 23:38:37時点 Amazon調べ-詳細)




>>釣り仲間が簡単に見つかるアプリ「ウィズクルー」詳細はこちら