釣りガール

魚が釣れない初心者アングラーがおちいった負のスパイラス

こんにちは、emikiです。
暖かくなり、釣りには快適な気候がやってきました!

ここ最近は、週に2・3回と、釣りに行く頻度も増えて、ますます釣り熱が加速しているビギナー釣りガールの私です!!

 

やる気は十分あるのですが、、、
しかし!!

相変わらず、魚はまったく釣れません・・・
去年の10月中旬からピタッと魚が釣れなくなりました(苦笑)

去年の10月から換算したら、30回は釣りに出かけています。
たくさん釣りに出かけて、まったく釣れないので、本当にやる気をなくすし、モチベーションも下がってしまいます・・・

どうにか釣れる方法はないかと、ネット検索していると
確かに!」と思える、釣りの釣果にも関わるであろう衝撃的な事実を発見しました!!

 



スポンサーリンク

魚を「釣り上げる」経験をたくさん積むことが大事

魚が釣れる方法はないか、魚が釣れない原因はなんなのかをネットで調べていたら、ありがたいことにたくさんの釣り情報がインターネットに溢れています。
いくつかのサイトを参考にさせてもらっていると、ふと気になる情報が目に入ってきました。

魚をたくさん釣るという経験をしよう
出展 | 釣れない人に見てほしい・魚を釣る為のたった3つのヒント

 

魚をたくさん釣る経験・・・
確かに私は、100%この経験に欠けている。
この経験が不足しているから、釣果も悪いのではないか。

初心者アングラー → 魚が釣れない →魚を釣ることの経験値がいつまでたっても上がらない → 魚が釣れない・・・

こんな負のスパイラルに、私ははまっているような気がするのです。

 

魚釣りの経験と、魚を「釣り上げる」経験は別もの?

魚釣りが上手い人は、元々魚釣りが上手かったから、魚を多く釣る事が出来たのではなく、魚が沢山釣れる時代を経験し、魚が沢山釣れるポイントへ通ったから、「魚を沢山釣る」という経験が出来たのです。
魚とのやり取り1つとっても、経験が少ない人は焦って魚をバレらしてしまいます。また魚の繊細なアタリや、数あるアタリのパターンに気づかずフッキングする事すら出来ません。

魚とのやり取りに慣れたり、魚のアタリを知るには、とにかく魚を沢山釣るという経験を積むしかないのです。

出展 | 釣れない人に見てほしい・魚を釣る為のたった3つのヒント

 

確かにたまにしか魚が釣れない私は、釣れてしまうとどうしたら良いか分からず、焦ってしまい、とりあえずリールを巻きまくってしまいます。
釣りにはだいぶ慣れてきた私も、「魚を釣り上げる」となると素人感丸出しになってしまいます(苦笑)。

 

私は、釣りに行く頻度をあげさえすれば、釣りの経験値も上がりそのうち魚も釣れるだろうと思っていました。
あながち間違ってはいないと思いますがが、釣りの経験と、魚を釣り上げる経験は、少し違うのかもしれないと思うようにもなりました。

ただの経験の差ではなく魚を釣り上げたことがある経験の差」も重要ということです。

 

今の私は、魚を釣り上げる経験が圧倒的に不足しているので、釣果を上げるためには、魚を釣る経験値を上げる必要があるということです。

しかし、経験値を上げようにも、そもそも魚が釣れなくて困っているのだからという話です。
それなら、「魚が釣れやすい場所」で釣りをすると、必然的に釣果を上げることができるのです。

 

魚をたくさん釣る経験をするには、魚が良く釣れる場所に行くしかない!

魚を釣り上げる経験を積むには、やはり良く魚が釣れる場所に行くしかありません。

手っ取り早い方法は、管理釣り場に行って釣りをすることです。

管理釣り場でも釣果が低い私なんですが(苦笑)、川や海で釣りをするほど、まったく釣れないこともありません。

スキルアップのためには適度に管理釣り場など、魚が釣れる場所に通って「釣れる感覚」を養うことも大切なんですね。

 

最後に

半年間も魚が釣れないというスランプ。
いつ脱出することができるのでしょうか。

本当にいい加減釣れてくれないと、魚が糸を引く感覚や、ルアーに食いついた感覚を忘れてしまいそうだよ・・・

 

冬は魚が釣れづらい時期と言われていますが、今から暖かくなって魚も活性化し、釣れてくれることを祈ります!

次回の釣り関連のブログで「釣れました!」報告ができるといいんですが・・・
更新がなければ、釣れてないなとお察しください(笑)。



スポンサーリンク

関連記事はこちら