釣りガール

釣りガールの冬場の服装と釣り事情【イラスト解説】

こんにちは、emikiです。

12月〜2月の寒い冬の時期、私は釣りにはほとんど行かないので、釣りのオフシーズンとしています。
まったく釣り行かないという訳ではなくたまーに行きます。

しかし、寒さに耐え忍んでいる割に、全然魚が釣れない!!!

私が行動している範囲だけかも知れませんが、
海・川ともに釣れない・・・・
釣れる気さえしない・・・

しかも私は昼間の釣りではなく、夜釣りが多いので、寒さにも拍車がかかります。

冬は、腕がなまらないように、賢く管理釣り場で釣りをした方が懸命ですね。

しかし、釣り人の皆様は寒い冬でも関係なく釣りを楽しんでいらっしゃいます。

寒さ対策のため完全防備で挑んでいる方も多く、やはり冬の釣りを楽しむには「防寒対策」が一番のポイントとなります。

寒さに耐えれるか耐えられないかで、釣りのモチベーションも変わってきますしね。

そこで今回は、釣りガールに向けて冬の釣りの時に、どんな服装をしたら良いかを紹介したいと思います。



スポンサーリンク

釣りガールの冬ファッション

アウトドアメーカーのアウターや衣服を着用するのが一番好ましいかも知れませんが、アウトドア用の衣類って機能性が良い分、お値段も高いですよね。

値段とか気にせず買える人は何の問題もないのですが、余裕のない私は(笑)、釣り用の衣服は特に買わず、家にあるできるだけあったかい防寒グッズを着まくって釣りに繰り出しています。

 

アウター

自分が持っている一番あったかいアウターを着用します。
私の場合は厚手のダウンジャケットを着ています。
注意したいのは、魚を釣り上げる時、汚れる可能性もあるので、雑に着れるものの方が良いです。
また、水がかかったりする可能性もあるので、できればナイロン製のものが好ましかったりします。

インナー

アウターの下は、とにかくたくさんの服を着重ねます。
暑ければ脱げばいいので、とりあえず着込んでおいた方が良いです。
ちなみに私はアウターの下のインナーは

ヒートテック×2枚、
パーカー×1枚
ナイロンジャケット×1枚

を着込んでいます。

ニット帽

ニット帽は、絶対にかぶった方が良いです。
アウターにフードが着いているものなら、ニット帽の上からフードを被ると頭全体が暖かいのでおすすめです。

 

マフラー・ネックウォーマー

忘れがちだけど、大切な防寒グッズ。
マフラーやネックウォーマーを付けるのと付けないのとでは、体感する寒さがまったく違います。

寒い時は首を温めると良いとも言われているので、首回りは暖かくしておいた方が断然良いです。

 

ズボン

釣りは必ず長ズボンを着用します。(夏も長ズボンの方が好ましいです。)

間違ってもスカートや半パンなどで釣りに出かけないようにしましょう。
まじで寒いですから・・・

そして、スボンの下にタイツを履くことも忘れずに!

 

防寒用のスカート

ズボンだけだと下半身が寒すぎるので、腰回りから太ももにかけてを防寒するスカートを着用しています。

私はユニクロで買った裏起毛で厚手の暖かいスカートを着ています。

 

レッグウォーマー

女性は足先が冷たくなりやすいので、私は必ずレッグウォーマーを着用しています。

 

スニーカー

防寒には関係ないですが、釣りはスニーカーなど靴底がフラットなものを履いて行いましょう。
長靴でも良いですね。

 

手 袋

釣り用の手袋があるのですが、私は特に持っていません。
100均の指なし手袋を着用しています。

何だったら釣りのセッティングを変えるときに邪魔だったりするので、
外してしまうこともあります(笑)。

釣りは手先が一番冷えてしまうかも知れません。



スポンサーリンク

防水性のある衣類の方が好ましい

私は、基本夜釣りが多いので、冬の夜釣りは上で挙げたような防寒をして釣りに出かけています。

しかし、釣りの服装全体に言えることなのですが、
釣り場所や狙っている魚によって、水しぶきを浴びてしまうことも考えられるので
防水性のある衣類を着用した方が好ましい場合もあります。
(特に防波堤釣りや船釣りはそうですね)

私はそのような場所で釣りをしないので、特に気にしていませんが、時と場所を考えて、衣服選びには注意してください。

 

釣りにはスノボ・スキーウェア最強!!

スキー・スノボをやっている人、登山をしている人など、ウェアをそのまま釣りでも使えます。

友達がスノボウェアを着ているのを見て、「確かに便利だな〜」と思いました。

元々雪山でのアクティビティのために開発されている衣服なので、防寒・防水・防風においての機能はかなり優れてますよね。

使わない手はありません!

私も趣味でスノボをやっているので、真冬の夜など本当に寒い日は、スノボウェアを着用することもありますが、釣りでも雪山でもとても重宝しています!

 

まとめ

冬の釣りガールのファッションについてご紹介しました。

私は波しぶきが飛ぶ防波堤や、船釣りをしなしので、防寒・防風対策に向いたファッションをしていますが、水しぶきを浴びやすい場合は防水性の優れた衣服を身につける必要があります。

船で釣りをする人は「ライフジャケット」
こちらも忘れずに!



スポンサーリンク

関連記事はこちら