スケートボード

スケボーを1人コツコツ頑張っているガールズスケーターってすごいと思う

こんにちは、emikiです。

つい最近、6人くらいの男子たちの中に1人だけ女の子が混ざったスケボーのグループを見かけました。

見た感じ、男子たちのスケボーのレベルは上手い人から初心者までマチマチ。一
方、一緒にいた女の子スケーターはオーリーとショービットの練習に励んでいたので、
スケボーを始めてから3ヶ月未満といったところでしょうか。
←私自身、偉そうに人のスケボーレベルを語れるレベルではないのですがm(_ _;)m

今回は、そのスケボーグループのレベル云々の話ではなく、
数人の男子の中に女の子が1人混ざって、スケボーをしてるのってすごくないか?
というお話です。



スポンサーリンク

まだまだ女子が始めるには敷居が高いスケボー

なんやかんや、まだまだ女子率が低い趣味「スケボー」。
パーク内の男女比は良くて8(男):2(女)、日によっては10(男):0(女)のこともザラにあります。

いざスケボーに興味を持って始めてみたいと思いスケボーパークに練習に行ってみても、

「男ばっかりだな。しかもみんな上手いな〜」
「なんだか空気的に滑りづらいな〜」

と思うこともあります。

私もそうでしたし、未だに感じることがあります。

残念ながらそんな空気に馴染めなかったり、スケボーが思った以上に難しく、挫折してスケボーを辞めて行く人も多くいます。

これらは男女問わず言えることなのかもしれませんが、
「女子」だと尚更強く感じてしまうことがあります。

 

  • 男ばかりで滑りづらいし、みんな上手い
  • 練習しても男子みたいにすぐに上手くならない
  • こけたら痛いし、怖い

これらの感情を抱きながら、頑張ってスケボーを続けているガールズスケーターって
客観的に考えたらすごいなぁ〜と感心してしまうこともあります。

 

男子スケーターは男子スケーターで色々な悩みがあるとは思いますが、少なくとも、ガールズスケーターは男子スケーターが感じることがない、これらの感情と付き合っているのです。

 

初心者が一人きりでスケボーパークに行く勇気。それが女子なら尚更

スケボー初心者の頃、周りに知り合いが誰もいない状態で、スケボーパークに一人で乗り込んで、コツコツ練習するのってかなりなアウェイ感を抱きます。

周りは、上手いローカルスケーターばかりで、自分以外はみんな知り合い。

そこに初心者の自分が一人で滑っていると、居心地悪いな〜と感じてしまいます。

中には何とも思わない強いハートの人もいるとは思いますが、日々そんな思いを抱きながらスケボーの練習に励むのってやっぱりすごく勇気のいることだと思います。

初心者でも勇気がいるのに、ガールズスケーターにとっては、言ってしまえば「男の世界」の中に乗り込んでいるようなものなので、さらなる勇気と根性が必要になります。
だから、一人でコツコツと練習しているガールズスケーターは本当にすごいと思うし、つい応援したくなります。

 

また、今いる上手いスケーター達も、スケボーを始めたばかりの頃には、そんな感情を抱きながらもずーっと頑張ってきた人達ということです。

初心者の頃、あの感情を乗り越え、さらには上手くなるために相当な練習量をこなしてきています。

ということは、スケボーを続けている人はみんなすごい!
ということになります。

 

最後に

冒頭に出てきた、6人くらいの男子たちの中に1人だけ女の子が混ざったスケボーグループの話に戻りますが、
女の子が一人きりでスケボーパークに行くのも勇気がいることなのに、そこで友達を作って、さらに男子グループの中に混ざって滑れるって、冷静に考えるとなかなかすごいことですよね。

スケボーを長く続けていれば知り合いや友達も増えますが、その女の子は見た感じスケボーを始めて日が浅そうだったので、尚更すごいんですよね。
(コミュ力相当高いんだろうなぁ〜)

 

スケボーに興味を持つ女子は世間的に見ると圧倒的に少ないと思うし、
マニアック(?)な趣味だけど、だからこそ続けて欲しいと思います。

人と違うことをするってなんだか楽しくないですか?
男子の中に混ざって、普通の女の子はしない趣味をするのってワクワクしないですか?

私自身も、スケボーを始めたきっかけは、スノボのオフトレのためと、「普通の女の子がやらない、かっこいい趣味がやりたい」という思いも多いにありました。

スケボーを始めたばかりで、一人ではパークに行きづらいと思ってしまうかもしれませんが、それでもパークに通うあなたは、すごく勇気があって頑張り屋なことを、まずは誇りましょう!

スケボーを始めたい女性はこちらの記事へ



スポンサーリンク

関連記事はこちら