スケートボード

スケボーという文化は日本人向きなのか。世間が持つスケボーのイメージ

2020年、東京オリンピックの正式種目として「スケートボード」が追加されました。
認知度も上がり、昔に比べると世間的にもかなりメジャーになりつつあります。

オリンピックで追加種目となった競技は、「野球/ソフトボール」「空手」「スケートボード」「スポーツクライミング」「サーフィン」。

「野球/ソフトボール」「空手」は、日本人には老若男女問わず馴染みのあるメジャーな競技ですが、「スケートボード」「スポーツクライミング」「サーフィン」はスポーツとしてはそこまでメジャーではありません。(あ、サーフィンはメジャーかもしれない・・・)

最近テレビ番組で「クライミング系の企画」を良く目にします。
おそらく、東京オリンピックの追加種目になったから注目されているのでしょう。

一方で、「スケートボード」は「クライミング」ほどメディアへの露出が少ない気もします。

 

オリンピックに向けて、スケボー人気が加速すると考えられる一方で、スケボーという文化は、はたして日本人に受け入れられるのかな?と、私は考えています。

世間でいうスケボーのイメージは、チャラい、怖い、不良がやりそう、など「アウトロー」なイメージが強い印象です。

世間的には、こうゆう傾向のものは受け入れられにくいことが事実なのです。



スポンサーリンク

スケボーがアウトローだからこそ成り立っているカルチャーなことも多いにある

確かに「クライミング」と「スケートボード」両者のイメージを聞かれると明らかに「クライミング」の方が良いイメージを持たれていて、そのイメージが、メディアへの露出が多いことの一因だと思います。

スケボーの実態を知らないで、イメージだけで
「スケボー = アウトロー = イメージが悪い」と判断されてしまっているのです。

実際にインターネットで「スケボー イメージ」で検索すると、「悪い」や「チャラい」とネガティブな言葉ばかりで残念ながら「かっこいい」や「楽しい」などのポジティブな言葉はありませんでした。

 

確かに、スケボーが国民的に人気の「フィギアスケート」のようになってしまうと、今ある独特のスケボーカルチャーを育んで行くことはなかったと思います。

礎には「不良っぽい」「怖い」「アンダーグラウンド」といったものが、日本のスケボーカルチャーを作ってきたし、そんなイメージがあるからこそ、「かっこいい」というのも一理あります。

だから、スケボーが国民的に人気な「スポーツ」になってしまうと、その形態が変わってしまうのかもしれません。

 

何より残念なのは、スケーターはかなりの努力家であることが世間に伝わっていない

チャラい、怖い、不良がやりそう、など世間からはネガティブなイメージを持たれているスケボーですが、どんなイメージを持たれたとしても、分かって欲しいことがあるのです。

それは、スケーターは努力家で、想像以上にストイックだし、
どんなに怖くても、怪我で痛い思いをしても、諦めない根性を持っているということ。

チャラい、不良っぽいというイメージの中には、街中を我が物顔でプッシュしたり、技をメイクしたりしているスケーターの姿を目撃したからでしょうか。

 

確かに危ない場所や交通量の多い場所を占領してスケボーをするのを不快に思うのは当たり前かもしれません。

交通量の多い場所を占領してスケボーをするのは、スケーター個人のモラル(人間性)の問題であって、すべてのスケーターがそうという訳ではありません。

そして、スケーターが涼しい顔して簡単にメイクしている技も、見た目以上に難しくて、昨日今日ですぐに習得できるものではないことも事実なのです。

街中のプッシュは、パーク以上に凸凹があって、スムーズに滑ることは、スケボーに乗り慣れている人ではないと難しいし、カーブ、ステア、バンク、ハンドレールなどができるようになるには、スケボーを経験したことのない人の想像より、はるかにたくさんの努力が必要なのです。

そして、何度コケて痛い思いをしても、怖くても、諦めずにやり抜いたからこそ、その技ができるようになったのです。

 

そんな事実を知らずに、イメージだけで「スケボー 悪い」と思われることを、
非常に残念に感じてしまうのです。

 

日本人は努力している姿を見るのが好き

日本人は、努力している姿を見るのが大好きです。

挫折・転落からの栄光というストーリーはテッパンに受けが良いので、そういったテレビ番組や、メディア戦略を良く見かけます。

そこから考えると、スケーターの表には見えない、影の努力にピックアップすると
「スケボー = 悪い」というイメージが少しは払拭されそうですが、そんな影の努力さえも、感じ取れないクールな感じがまたスケーターのカッコ良いところでもあります。

スケボーの「悪」のイメージを払拭できるのか、
さらなるスケボーブームが到来するのか、

今後、東京オリンピックに向けて、
日本のスケボー業界はどう変化していくかも見ものです。

スケボーを始めたい女性はこちらの記事へ



スポンサーリンク