スケートボード

スケボーデッキの削れ方はアートともいえる〜そのスケーターの歴史と個性〜

「スケーターがいる。」

そのスケーターがスケボーを滑っている姿を見なくても、どのぐらいのスキルを持っているのか、スケーター同士なら分かり合えます。

それは「スケボーデッキの削れ方」を見ればそのスケーターが初心者か、上級者か、
はたまた、何の技を練習しているのかまで大体の検討がつくからです。

デッキの削れ以外にも、トラックの削れやスニーカーの削れている部分を見ても、
そのスケーターのレベルや練習している技が分かります。




スポンサーリンク

今から2、3年前でしょうか。

カラフルでコンパクトで持ち運びやすい「ペニー」というスケボーが大流行して、ファッションとしてスケボーを持つ人が続出しました。

スケーターはそのようなファッションをする人のことを「ポーザー」と呼びます。

 

 

ペニーが流行る以前からスケボーをしていた私は、スケボーをおしゃれのアイコンとして扱われるのがうれしい反面、

「私は、スケーターだ!ポーザーには思われたくない」
という妙なポリシーのようなものも感じました。

もちろんファッションは個人の自由で楽しむものなので、ペニーやスケボーをおしゃれアイテムとして持つことは何の否定もしないのですが、

スケボーに縁がない人が、私たちスケーターを見ても
「今流行ってるから、ファッションとしてスケボーを持っているのかな・・・」と思われることがすごく嫌でした。

 

しかし、お互いがスケーター同士だと、その人は「スケーター」なのか「ポーザー」なのかはすぐに分かります。
スケボーの練習による「デッキの削れ」があるかないかで一目瞭然に判断できます。

すべてのパーツを新調して、まったくの新品のスケボーを持ち歩いているスケーターがいたとしても、ポーザーとは違うスケーター独特のオーラのようなものを感じ、「スケーター」なのか「ポーザー」なのかも雰囲気で感じ取ることもできます。

リアルスケーターの洋服の着こなし方、
デッキの持ち方や扱い方、
ブランドのチョイスの仕方
それらを見抜き、オーラのようなものとして感じ取ることができるのです。

 

 

私はスケボー初心者の頃、
スケボーデッキのボディー部分が削れることに憧れを感じていました。

その「削れ」はカーブやレールができないと、スケボーのボディー部分につけることができないので、スケボーが上手くなった人の「証」のようなものだからです。

 


こちらの画像は私の初代と二代目のデッキなのですが、オーリーやその他フラットの技ばかり練習していると、ほとんどテール側のデッキしか削れないんですよね・・・

トラックも一緒で、ある程度スケボーが上手くならないと削れていきません。

カーブや縁石でグラインド技の練習をしていた時、自分のトラックが徐々に削れていく様を見て何だかとても嬉しかったことを今でも覚えています。

このように、スケボーデッキやトラック(スニーカーなども)の削れ方を見ると、今練習している技、そのスケーターの十八番の技など、そのスケーターの歴史や個性を感じ取ることができます。

 

スケボーデッキのグラフィックは、デザインのクオリティが高く、インテリアとして飾られるほどおしゃれなものが多いです。

しかし、本来スケボーは使用するためにあるもの。
削っていくためにあるものです。

 

スケボーが上手ければ上手いほど削れていき、

削れ方も十人十色。

同じスケボーデッキを10人のスケーターに渡したとしても、
デッキの削れ方はひとつとして同じ削れ方はしない。

まったく同じには仕上がらない。

スケーターの歴史と個性を

デッキに刻み込む。

新品のスケボーデッキは、まっさらなキャンバスのようで、
アーティストが絵を描くかのように、自分色に染めていく。

だからこそ私は、スケボーデッキに強いアート性を感じてしまうのです。

 


私の初代と2代目スケボーデッキですが、
テールが5層目くらいまで剥がれています・・・

オーリーの練習をかなりやり込んでいたことが感じ取れます。

昔使っていたデッキをふと見返すと
当時のことを思い出して、初心に戻れるというか、情熱を取り戻せるというか

そんな気持ちにもなれます。

スケボーを始めたい女性はこちらの記事へ



スポンサーリンク

関連記事はこちら