働き方・キャリア

諦めるのはまだ早い!30代独身女性の正社員転職成功例から学ぶ採用のコツ

こんにちは、emikiです。

30代の女性は、正社員転職が厳しいと言われています。

理由は簡単。
『採用しても、結婚や出産など環境の変化で仕事を辞めてしまう可能性が高い』からです。

私自身、27歳という30代目前で、フリーターから正社員転職に成功したのですが、転職活動には結構苦戦しました。

「彼氏は?」
「結婚の予定は?」
「結婚後の子供の予定は?」
「一人暮らし?」

など、プライベートなことをガツガツ聞かれます。

「30歳超えてたら書類選考の段階で見送ってたよ。」
と、ショッキングな事実を面接の時に言われたこともあります。

そのセリフは私の心にグサッと刺さり、「まだ20代だから大丈夫!」と、転職活動を簡単に考えていたことを後悔しました(苦笑)。

 

まぁ、私の場合はアルバイトから正社員への転職だったので、さらに苦戦を強いられたのかもしれませんが、転職活動の2ヶ月間、ザーッと数えただけでも30〜50社くらいはエントリーしたかな。
そのうち面接まで行けたのが、3社。
内定は、1社のみという、かなりハードな転職活動になりました。

幸いにも(?)当時はシフト制のアルバイト勤務だったので、時間の融通がある程度は効いたため、ガツガツ転職活動を行えたことは救いでしたが、確実に20代前半に行っていた転職活動よりも苦戦を強いられましたね。

 

今回は、30代独身女性の転職活動の実態についてご紹介します。
実際に30代からの正社員転職に成功した方々にもお話を伺えたので、情報をシェアしていきたいと思います。



スポンサーリンク

30代女性が転職に不利と言われる4つの理由


30代女性が転職に不利と言われる理由は、以下の通りです。

  1. 結婚や出産など環境の変化で仕事を辞めてしまう可能性が高い
  2. 30代の場合「彼氏がいます」「婚約中です」は、さらに転職に不利
  3. 仕事に対する考え方が安定していない
  4. 仕事とプライベートの比重が変わる可能性が高い

結婚や出産など環境の変化で仕事を辞めてしまう可能性が高い

女性の30代は、結婚・出産・育児など、めまぐるしい環境の変化が待ち受けています。

結婚により家庭に入るため会社を退職、出産による退職(または産休)、育児のためフルタイムで働けなくなり退職(または育休)など、結婚・出産によるライフスタイルの変化が容易に想像できるので、企業側も採用を渋る結果に。

 

30代の場合「彼氏がいます」「婚約中です」はさらに転職に不利

20代女性の場合は、彼氏がいても「結婚」に直結して考える人は少ないでしょう。
ところが30代女性の場合は、「彼氏がいる」=「結婚間近」というイメージを持たれてしまうため、採用側から敬遠されてしまう場合があります。

世間的に見ると、彼氏がいて結婚間近とは順風満帆のはずが、なぜ採用側から敬遠されてしまうのかというと、近い将来必ず結婚するということは、結婚・出産・育児による環境の変化で、採用→退職までのスピードが早いと想像できるからです。

特に30代からの結婚の場合は、出産を早くに臨む夫婦も多いので、結婚〜出産〜育児までの流れがスピーディーになる傾向があります。
30代になると、妊活のために仕事をセーブする女性が多いことも事実。
この辺の理由も転職に不利に働いてしまうのです。

 

仕事に対する考え方が安定していない

女性にとって「結婚」「出産」「育児」は、人生の一大イベントになります。
「とりあえず結婚するまでは、働こう。」
「いずれ結婚するから、定年まで正社員でバリバリ働くつもりはない。」
など、元からキャリア志向が低い人女性も多く、今までバリキャリで働いていた女性も、結婚や出産から仕事をセーブせざるを得ない状況になります。

「家庭」か「仕事」かで悩むことも男性に比べて女性の方が多く、仕事に対する考え方が環境によって左右されてしまう点も、採用側からしたら責任のある仕事を任せることができないというジャッジをされてしまうのです。

わざわざ正社員女性を採用しなくても、男性社員または雇用期間に関して扱いやすい派遣社員でも良いかなとなるのです。

 

仕事とプライベートの比重が変わる可能性が高い

「仕事に対する考え方が安定していない」に通づるのですが、結婚・出産を控えている女性は、仕事とプライベートの比重が変わる可能性が高いです。

今まで仕事一筋で働いてきた女性も、結婚を機に仕事量をセーブしたり、セーブできないから転職したりと、これもまたライフワークの変化により、仕事の軸がブレてしまうということです。

採用側からすれば、人材育成など長い目で見ると、結婚や出産で環境変化の影響が少ない男性社員の方が、扱いやすいと感じてしまうのです。



スポンサーリンク

30代独身女性の【転職成功体験談】


30代独身は、一見転職には不利なイメージを持ってしまうかもしれませんが、転職に成功している人もたくさんいます。

続いては、30代独身でも「転職」に成功した方々の体験談をご紹介します。

《33歳で転職に成功したAさんの場合》

転職理由は?
派遣社員でずっと働いてきましたが、ボーナスや退職金等、手厚い制度のある正社員として働きたいと思ったからです。

転職活動期間は?
5ヶ月間

どのような方法で転職活動をしましたか?
転職サイトIndeedで、毎日求人をチェックしていました。

転職前後の年収の変化は?
300万円→350万円

転職の際の条件として重視したことは?
留学したことがあるので、英語力が活かせる仕事。
以前、通勤に1時間30分要し大変だった経験があるため、自宅から40分以内で通勤できる仕事。
派遣社員で勤務していた時、ボーナスや退職金がないことを不満に感じたため、正社員ポジションの仕事。
以上を重視しました。

転職活動前と活動後では、心境の変化はありましたか?
転職活動前は、早く良い仕事を見つけて働きたいという“ワクワク”した気持ちでいっぱいでした。
気持ち的にも、絶対に見つかるとポジティブでした。
しかし、実際に転職活動を始めてみると、なかなか良い求人に巡り合えず、更に無職だったので焦りが出てきました。
このまま見つからなかったらどうしようと、ネガティブな気分になりました。

30代独身の転職活動で大変に感じたことはありますか?
応募したい条件の良い仕事は、20代限定募集となっているところが多かったです。
年齢以外の応募資格や経験を満たしていたので、直接採用担当者に電話をして交渉したところ「20代限定は変わりありません」とビシッと断られた時、年齢の重さを感じ、どうしようもできない悔しい気持ちでいっぱいになりました。

 

《30歳で転職に成功したBさんの場合》

転職理由は?
前職の人間関係でトラブルがあって、会社に居づらくなってしまったことから、転職をすることに決めました。

転職活動期間は?
2ヶ月間

どのような方法で転職活動をしましたか?
ハローワーク

転職前後の年収の変化は?
300万円→350万円

転職の際の条件として重視したことは?
人間関係のことで転職したので、転職先を選ぶ時は、人間関係を重視しました。
ところが、さすがに入社前では人間関係のことなんて分からなかったので、給料や休みを重視ししながら選びました。

転職活動前と活動後では、心境の変化はありましたか?
仕事はとてもやりやすくなって職場環境が良くなり働きやすくなりました。
また、以前よりは休みが少し減りましたが、その分給料も上がったので、特に不満もありません。
転職先の会社は、幸いにも人間関係も良好だったため、やはり仕事をする上で、人間関係はとても大切だと思いました。

30代独身の転職活動で大変に感じたことはありますか?
20代の時と違うのが、「前職の退職理由」などを特に追及されやすくて、面接の時にいろんなことを聞かれることがとても大変でした。
また、年齢でふるいをかけられるので、仕事を選ぶ幅が狭いことや、30代ともなると、ある程度のスキルが求められると感じました。

 

《37歳で転職に成功したCさんの場合》

転職理由は?
全職場での人間関係に疲れたからです。
一度人間関係がこじれると修復できませんし、仕事にも影響が出てきたためです。

転職活動期間は?
3年間

どのような方法で転職活動をしましたか?
インターネットの求人サイトで転職を使って転職しました。

転職前後の年収の変化は?
350万円→380万円

転職の際の条件として重視したことは?
年間の総支給額を重視しました。
収入を落とすと、これまでの生活ができないためです。
できるだけ前職と同じになる仕事を探しました。

転職活動前と活動後では、心境の変化はありましたか?
転職前に比べ転職後は、心に余裕ができました。
前職では会社に行くだけで回りに気を使っており、心労だけで疲れていました。
転職後はそれがなく、毎日心が軽いです。
これだけで疲労のしかたが違いますね。
転職して正解でした。

30代独身の転職活動で大変に感じたことはありますか?
まずは、年収を落とさないために資格が必要です。
私の場合、3年という年月をかけて計画的に転職を実施しました。
その途中で資格を取得し、転職策の幅を広げていきました。
この成果が結果につながりました。
転職と一言で言えますが、かなりの時間と労力が必要です。

 

その他にも、30代独身で転職に成功した女性の方の体験談をまとめていますので、興味のある方はこちらの記事からご確認ください。

30代独身女性の【転職成功】体験談まとめ!次はあなたの番ですこんにちは、emikiです。 女性の場合、30歳を超えてくると、転職が厳しいと言われています。 30代女性の転職がなぜ厳しい...



スポンサーリンク

30代独身女性が転職成功させる7つのコツ


30代独身で、転職に成功した女性の意見を見ていると、なんだか勇気が湧いてきますね。

そこで、30代独身女性が転職を成功させるためのコツをまとめたので、ご紹介します。

  1. 正社員転職の勝負は35歳まで!
  2. 今までの経験やスキルを活かせる場に転職しよう
  3. 働きながらの転職活動は必須
  4. 譲れないもの以外は転職先に求める条件を妥協する
  5. 契約社員・派遣社員も視野に入れる
  6. 自分のキャリアや人生設計についてきちんと見直す
  7. 女性が働きやすい会社で働く

正社員転職の勝負は35歳まで!

30代といっても、30歳と39歳とでは置かれている状況がかなり違いますよね。
一般的に女性が正社員転職を希望するなら35歳までが良しとされています。

何事にも「絶対」ということはないので、35歳を超えてからでも十分に正社員転職は可能なんですが(実際に先ほど紹介した転職成功体験談にも35歳以上の方もいました)、「未経験の職種」に限り35歳までが本当にギリギリの限界だと思います。

 

30歳を超えての転職となると、企業側は「即戦力」「今まで培ってきた経験・スキル」「マネジメント能力」などを重視して採用をします。

そこを考えると、未経験の職種で転職を希望した場合、スキルも経験もない、即戦力にもならないなんて、企業側にとって雇うメリットがないですよね。
20代の若手なら人材育成を望めますが、30代以上となると、部下なのに年上で扱いづらい、社会人経験はあるのでプライドが高そうなど、社内の人間関係に難が出てしまうのです。

先ほども申しましたが、35歳を超えてからでも正社員転職は可能ですが、年齢が上がるに連れて難易度が上がるのも事実。
年齢加算は待ってはくれません。
思い立ったら早めに行動しておくことが吉です。

 

今までの経験やスキルを活かせる場に転職しよう

30歳を超えての転職は、企業側は「即戦力」「今まで培ってきた経験・スキル」「マネジメント能力」などを重視して採用をします。

20代の若手にはない、経験やスキルを最大限に活かせるのが30代の強みなので、その辺をアピールして転職活動にのぞみましょう。

「アピールできるような経験がない!」という人は、資格を取得するのもひとつの方法です。
経験や知識不足は、資格を取得してカバーしましょう。

挫折・後悔する前に!30歳以上の独身女性が失敗しない資格取得の鉄則こんにちは、emikiです。 「一生独身かもしれないから、年収を上げるために資格を取得したい」 「実務経験のない業界に挑戦したい...

 

働きながらの転職活動は必須

30代女性の転職活動は、想像以上に難航する場合があります。
なので、間違っても「仕事を辞めてからじっくり転職活動をすればいいや!」と、楽観的に考えないようにしましょう。

3ヶ月〜半年と転職活動を行っても、万が一再就職先が見つからない場合も、とりあえず現職があると安心です。

失礼な言い方をすると「保険」。

「最悪今の仕事があるから」と思えば、精神的にも安定するので、じっくり腰を据えて転職活動に臨めます。
焦って自分の希望とは違う会社に再就職を決めるという、リスクも最小限に抑えることができます。

 

譲れないもの以外は転職先に求める条件を妥協する

「自宅から30分圏内で、給料は30万円以上で、ボーナスが年2回あって、家賃補助があって、年間休が120日以上あって、社内の風通しが良くて・・・」などなど、転職先に求める条件は良いに越したことはないのですが、求めすぎるといつまでたっても再就職先は見つかりません。

最低でも譲れない条件を自分なりに決めて、それ以外の条件は目を瞑るようにしながら転職先を探した方が、選択肢が広がります。

また、月収30万円以上、月収40万円以上など、自分にとってはあまり現実的ではない高額な収入を望むこともあまり賢明ではありません。

もちろん、キャリアチェンジによって年収500万円以上を達成することもできるのですが、転職活動は困難を極めるのも事実ということを肝に命じておきましょう。

30代女性の平均年収:382万円
月収目安:23.8万円
ボーナス:2.0ヶ月分×年2回

 

契約社員・派遣社員も視野に入れる

正社員としてのキャリアアップを図るための転職活動ももちろん大切ですが、契約社員・派遣社員も視野に入れて転職活動を行うこともおすすめです。

入り口は、契約社員・派遣社員でも、会社で認められれば「正社員登用」という道もあります。

また、場合によっては、派遣社員は正社員よりも稼げることもあるんです。
例えば、「正社員」とは名ばかりの残業代もボーナスもないブラック企業よりも、高時給で働いた分だけ給料がもらえる派遣社員の方が圧倒的に稼げます。

私が新卒で入社した会社は、いわゆるブラック企業だったのですが、働いても働いても給料は一律。
まったく稼げず、派遣社員で事務をしていた友達の方が圧倒的に稼いでいましたね。

このような事態も考えられるので、転職先の会社をきちんと見極め、必ずしも正社員が正義という訳ではないということも、お忘れなく!

《契約社員・派遣社員のメリット》
プライベートな時間が増える
働いた分だけ稼げる(残業代やボーナスが出ない正社員よりは稼げる)
都度人間関係を清算できる
仕事の難易度が正社員に比べて低い
採用されしやすい

《契約社員・派遣社員のデメリット》
雇用期限が設けられている
ボーナス・退職金が出ない
福利厚生が手薄い
出世はできない(管理職につけない)

 

自分のキャリアや人生設計についてきちんと見直す

転職活動をきっかけに、自分のキャリアや人生設計について、改めて見直してみましょう。

先ほども述べましたが、女性は特に「結婚」や「出産」を控えているので、仕事に対する考え方が安定していません。

「どうせ30歳までに結婚して退職するから・・・」
「35歳までに子供を産んでおきたいから・・・」
「子供が欲しいから仕事をセーブしなきゃ」
など、仕事は二の次に考えてしまいがちなのです。

この考え方が悪いということは、決してありません。
仕事ではなく、家庭に重きを置くこと自体はとても素晴らしい考え方です。

ただ、残念ながらこれらの考えが、30代女性の転職活動を難しくしている要因でもあることも事実。
だからこそ、自分自身で仕事に関してのキャリアや、今後の人生設計について、きちんと考えておく必要があるのです。

「家庭に重きを置きたい」というのであれば、その辺の融通が利く会社を探す必要があります。
「私はバリキャリで、定年まで働きたい」というのであれば、尚のこと真剣に転職活動を行わなければなりません。

「ただなんとなく、給与アップしたいから・・・」
「できれば手に職をつけたいから・・・」
という、短絡的な考えではなく、
「結婚しても子供を産んでも変わらずフルタイム正社員で働きたいから、今のうちに女性が定年まで働きやすい会社に転職しておきたい」
「いずれは結婚して子供を産んで育児をするから、在宅でできる仕事の経験をつけておきたい」
など、具体的な将来のビジョンを見据えて転職活動を行うようにしましょう。

 

女性が働きやすい会社で働く

男女平等な世の中になったとはいえ、まだまだ企業によっては「男尊女卑」で、女性が働きづらい環境も多いです。

そのような環境に飛び込んで働いても、自分が辛い思いをするだけなので、女性が働きやすい会社を転職先として選んだ方が、吉です。

女性が働きやすい会社とは??

次の章で具体的に解説していきます。



スポンサーリンク

30代女性が働きやすい会社の見分け方

女性が働きやすい会社の見分け方は、以下の通りです。

  • 産休・育休制度が整っている
  • 育休復帰する女性が実際に社内にいる
  • 有給などの休みが取りやすい
  • 女性社員が多い
  • 実際に会社見学に行って、働いている人の表情を見てみる

産休・育休制度が整っている

産休・育休制度が整っていることは、30代女性が快適に働くためには必須の条件です。
今は結婚や出産の予定がなくても、将来的に結婚・出産をするかもしれません。
その際に、会社から腫れ物扱いされ、退職する結果になってしまっては、せっかく今まで築いてきたキャリアも水の泡です。

産休・育休制度が整っている会社を必ず転職先として選ぶようにしましょう。

 

育休復帰する女性が社内に実際にいる

産休・育休制度があるものの、実際は名目上だけで、最終的には退職せざるを得ない雰囲気にする会社も存在します。
産休は取得できたものの、本人が復帰しづらい雰囲気だったという事例もよく聞きます。

会社内にきちんと、育休復帰をしている女性がいるかも、女性が働きやすい環境かを見極めるポイントです。

女性を軽視せず、女性が社会の一員として働きやすい環境づくりに努めている社風の会社を、選ぶようにしましょう。

 

有給などの休みが取りやすい

有給などの休みを取得しやすいのもポイント。
育児中の女性なんかは、特に重要になってきます。

育児をしていなくても、女性は月経による体調の変化で、人によっては仕事を休むほど気分を悪くしてしまう人もいます。

普段から休みを取得しやすい環境かも、重視すべきポイントです。

 

女性社員が多い

女性社員が多く在籍しているということは、単純に考えて女性が働きやすい環境ということです。

女性だらけの会社は、ドロドロした人間関係が待ち受けているので、それはそれであまりオススメできませんが(←経験者なので)、男性社員の中に適度に女性社員が混ざっている環境が理想でしょう。

 

実際に会社見学に行って、働いている人の表情を見てみる

働く上で、人間関係や職場の雰囲気はとても大切です。
個人的には、最重要項目に入るくらい重視したいポイントでもあります。

しかし、実際に転職して働いてみないことには、人間関係や職場の雰囲気なんて分からないことも事実。

だから、面接に赴く際などは、積極的に会社見学をしましょう。

実際に現場で働いている人の顔を見れば、会社の人間関係や職場の雰囲気が伝わってくるものです。

疲れ切って、死んだ魚の眼のように業務をこなしている人ばかりの会社は、要注意!
会社に漂う独特の負のオーラみたいなものって、部外者でも感じ取ることができますよね。

社員同士が笑顔や活気にあふれ、風通しの良い会社を選ぶようにしましょう。

 

30代独身女性が転職成功させるコツまとめ

30代独身女性が、転職を成功させるためのコツは以下の通りです。

  1. 正社員転職の勝負は35歳まで!
  2. 今までの経験やスキルを活かせる場に転職しよう
  3. 働きながらの転職活動は必須
  4. 譲れないもの以外は転職先に求める条件を妥協する
  5. 契約社員・派遣社員も視野に入れる
  6. 自分のキャリアや人生設計についてきちんと見直す
  7. 女性が働きやすい会社で働く

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

みなさんの転職活動がより良い方向へ進みますように!

30代独身女性の【転職成功】体験談まとめ!次はあなたの番ですこんにちは、emikiです。 女性の場合、30歳を超えてくると、転職が厳しいと言われています。 30代女性の転職がなぜ厳しい...



スポンサーリンク

公開日:2019年4月16日