人生観

【30代シングル女性】老後に必要なお金を計算したら4,500万円だった

こんにちは、emikiです。

以前、30代独身女性に「貯金」についてのアンケートを取りました。

そのついでに「貯金の目的」をお伺いすると、1位はダントツで「老後のための蓄え」という意見でした。

30代独身女性の平均貯金額は312万円!貯金理由や成功例も解説こんにちは、emikiです。 30代で独身となると、将来のことを考えて貯金に励む人も多いのではないでしょうか。 結婚...

「今から老後の話?」と、思う方もいらっしゃるかもしれませんが、30代独身女性のみなさんは、自分の将来に対して金銭的な不安を抱えている様子が伺えました。

30代で独身だからといって、すべての人が「一生涯独身」という訳ではないとは思いますが、万が一老後になってもシングルだった場合、それなりの蓄えが必要となります。

しかも、両親はもちろんのこと夫や子供など頼る人がいないため、自分自身で老後にかかる資金を蓄えておかなければならないのです。

「いつ結婚できるか分からない!」
「結婚できる見通しがついていない!」

『だから、将来に対して漠然と不安だから、最悪一人でも老後を暮らしていけるように貯金をしておこう

と、多くのシングル女性は、この考えに行き着きます。

 

「老後のために貯金に励んでいる」とはいうものの、具体的にいくら必要かご存知ですか?

闇雲に貯金に励んでも先が見えないマラソンを走っているだけ。
もちろん、お金はたくさんあるに越したことはないのですが、具体的な目標額を知りたいですよね。

そこで今回は、シングル女性が老後に必要なお金をシミュレーションしてみたいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。



スポンサーリンク

【世間一般論】単身(シングル)の場合は老後に3,000万円必要なのは本当?


世間一般的には、単身者が老後に困ることなく暮らしていくには、3,000万円が必要といわれています。

さて、この「老後に3,000万円必要」という根拠はどこにあるのでしょうか。

簡単にシミュレーションしてみたいと思います。

総務省の家計調査では、65歳以上の女性単身世帯の消費支出は、1ヶ月あたり約14万7,000円とされています。
1年間で176万4,000円の生活費が必要と計算されます。

65歳から年金をもらい日本人の平均寿命である86歳まで生きた場合、
176万4,000円×21年=3,704万4,000円

65歳〜86歳までの21年間で、3,704万4,000円必要という計算になります。

3,704万4,000円!!!???

簡単に計算しただけでも、もうすでに世間一般的に言われている「老後に必要なお金3,000万円」を超す大金になっているのですが、ひとつ盲点が隠されています。

 

もし、自分が60歳で仕事を退職した場合、年金がもらえる65歳まで無収入状態になるので、それを賄う貯金を余分に行っておかなければなりません。

《60歳〜64歳の5年間にかかる生活費》
176万4,000円×5年=882万円

60歳で仕事を退職した場合・・・
3,704万4,000円+882万円=4,586万4,000円

3,000万円どころか、老後には4,500万円以上も必要になってくるのです。

もし30歳から60歳まで毎月貯金をしたとしても、
最低12万7,400円を貯金しなければならないのです。

こんなに高額な貯金を毎月欠かさず行える人は、果たして何人いるのでしょうか。

 

現実は甘くなかった!老後は4,500万円必要!


世間一般的論として、単身者が老後に必要と言われている、3,000万円でも十分に高額なんですが、さらにその1.5倍も上回る4,500万円を用意しなければならないという厳しい現実が待ち構えています。

この金額を賄うには、30歳から60歳まで、毎月最低12万7,400円もの大金を貯金しなければならないのです。

この金額を見て愕然としますよね。

 

しかし、そんな時のために「年金」が存在します。

老後に必要なお金の一部を年金で補填することができるので、実質は丸々4,500万円を自分で用意する必要はないのです。

 

自分のもらえる年金額は、人によって金額がまったく異なるため、一概に「〇〇円です!」とは言えないのですが、一般的な受給額は以下の通りです。

《23〜60歳まで非正規社員の場合》
国民年金・・・毎月約6万円

《23〜60歳まで正社員の場合》
厚生年金・・・毎月約15万円(勤続年数により変動)

国民年金を65歳〜86歳の21年間受け取った場合、
2,160万6,000円
[wp-svg-icons icon=”point-right” wrap=”i”]自分の貯金でで賄う必要がある金額=4,586万4,000円-2,160万6,000円=2,425万8,000円

厚生年金を65歳〜86歳の21年間受け取った場合、
5,400万6,000円
[wp-svg-icons icon=”point-right” wrap=”i”]厚生年金だけで賄える(※注意:生活費に15万円以上かかってしまう場合は、自分の貯金で賄う必要がある)

国民年金と厚生年金では、最終的に受け取ることができる金額に2倍以上の開きがありますね。。。

あくまでもシミュレーションなので、イレギュラーなお金が発生すれば、老後にもっとお金が必要になる可能性もあります。

シングル女性のみなさんは、厚生年金が受け取れる企業へ“正社員”として務めることを、強くおすすめします。

諦めるのはまだ早い!30代独身女性の正社員転職成功例から学ぶ採用のコツこんにちは、emikiです。 30代の女性は、正社員転職が厳しいと言われています。 理由は簡単。 『採用しても、結婚や出産...



スポンサーリンク

年金だけに頼らずに働きに出ることも検討すべき


国民年金だけ受け取る人は、確実に現役時代に貯めた貯金を切り崩して生活しなければならないことは明確な事実です。

また、厚生年金を受け取る人でも、少しでも生活水準を上げて暮らすと、すぐに毎月もらえる15万円では赤字になってしまいます。

何れにせよ、働ける頃から着実に貯金をしておくことが大切なのと、60歳を過ぎても働き続けることが大切です。

働けばその分お金を稼ぐことができるので、現役時代に貯めたお金を切り崩す額も最小限に抑えることができ、金銭的にゆとりを持った生活を送ることができます。

現代社会でも、定年を過ぎても非正規社員として働くシルバー世代が多くいらっしゃいますが、私たちが60代に突入する頃に、それが当たり前の世の中になっているでしょう。

 

【30代シングル女性】老後はいくらお金が必要?まとめ


単身者が老後を迎える場合、一般的には3,000万円の貯金が必要といわれていますが、当ブログでは、65歳以上の女性単身世帯の、1ヶ月あたりの消費支出である14万7,000円で算出したところ、4,586万4,000円必要という結果が出ました。

もちろん、65歳からは年金から補填することも可能ですが、国民年金は毎月約6万円、厚生年金は毎月約15万円しか支給されません。

特に国民年金のみでは、確実に生活ができないので、少なくとも2,500万円の貯金をしてから老後を迎えるようにしましょう。

また、厚生年金を支払っているからといって油断はできません。
毎月15万円以上生活費にかかる人は、確実に家計が赤字になるので、その際は自分で貯めた貯金でやりくりを行わなければならないのです。

今更いうまでもない事実かもしれませんが、老後に必要なお金は、30代の今のうちからコツコツと貯めておく必要があるのです。

自分が受け取れる予定の年金額を具体的に知りたい!という人は、定期的に自宅に届く「ねんきん定期便」を確認してみてください。
もし今仕事を辞めた場合、現状どれだけの年金を受け取れるかを知ることができます。

諦めるのはまだ早い!30代独身女性の正社員転職成功例から学ぶ採用のコツこんにちは、emikiです。 30代の女性は、正社員転職が厳しいと言われています。 理由は簡単。 『採用しても、結婚や出産...



スポンサーリンク

公開日:2019年5月9日