アート

絵を描くことに行き詰まった時にやってみたこと

思い切って描くのをやめてみる

絵を描くことに行き詰まったら、描くのをやめてみる。
私の持論です。

描いていないと不安、怖い、など負の感情を持って、描くことが義務みたいに思うことって本当にしんどいです。

その感情を上手く作品に反映できたり、
プラスの感情に持っていける人ならまったく描くことをやめる必要はないのですが。

私はそんな芸当は持ち合わせていませんでした(笑)。

描けない自分を「ダメだ」と自己否定し、描「け」ない→描「か」ない、
のスパイラスに陥った時期は本当に苦しかったです。

 

やっぱり絵は楽しんで描きたいもので、
苦しんでは描きたくないのです。

その思いの原点は、やはり子供の頃。

あの絵に対するひたむきな情熱の根底には楽しいという感覚があったからです。

その頃の感情を思い出すと苦しんで描く絵なんて自分らしくないと思ったのです。

私は10年とブランクを開けすぎましたが(笑)、ふとしたきっかけでもう一度絵と向き合えるようになりました。

以前よりもまったく気楽な気持ちで。

 

周りのレベルや評価を気にしない

「下手で当たり前。だってブランクあるんだもん、しょうがない」
と思うようになってからはさらに心が軽くなりました。

もう開き直りに使いのですが(笑)。

 

私にとって絵とは「楽しんで描くもの」なのです。
周りのレベルが高いから萎縮することない。

評価は他人がすること(考えること)。

周りにばかり意識を走らせないで、まずは自分がどうしたいか考えることが大切だと思います。

だから私は「絵を楽しんで描く」ことから再スタートしました。

 

自分らしいスタイルがあってもいいと思う

世界は広い。いろんな画家のスタイルがあってもいいと思います。

情熱だけでひたすら描く人。
心の闇をキャンバスにぶつけられる人。
職人のように淡々と描き続けられる人。。。

絵は自由な表現の場です。スタイルやバックグラウンドは十人十色です。

以前は、情熱だけでひたすら絵を描き続けられる人に憧れていました。
むしろそうでなくてはいけないと思い込んでいました。

そして、それができない自分に絶望。。。(苦笑)

 

もうこんな自分責めの考え方は卒業しようと思います。
だって苦しいだけで、全然楽しくないんです。

自分本位で物事を考え、選択する。
自分らしい方法や自分に合ったスタイルで進めていく。

むしろ、自己流のスタイルって人と違ってサイコーじゃん!とも思えるようにもなりました。

クリエイティブな人って他人と違うことするの大好物ですよね?

 

あえて他の画家の絵は見ない

絵を描くときは、あえて他の作家さんの作品をネットで検索したり、あまり見ないようにしています。

その人に影響を受けてしまい自分らしい絵が描けなくなってしまったり、上手い作品や個性的な作品をみると自分と比べてしまうからです(本当に悪い癖なんですけど)。

まったく見ないといったら嘘になりますが、見る見ないは気分で決めています。
今日は自虐的になりそうだという日は見ません。

むしろそうゆう日は絵を描きません。
かっこよくいうと気分が乗らない日のことです。

 

反対に、心がワクワクしていて「絵が描きたい」と思える日はガツガツ絵を描くし、ネットなどで他の作家さんの作品を見ても、自分と比べたりせず、純粋にその絵の素晴らしさを堪能できます。美術館で絵を見るような感覚で。

 

またそういう時は、いい意味で刺激を受け、絵を描くモチベーションアップにも繋げることができます。

こういった気分の使い分けをうまくするコントロールすることも

絵を描くモチベーションを維持するためにも大切なことだと思います。



スポンサーリンク

関連記事はこちら