デザイン向上委員会

アプリ不要!iPhoneだけで手描きイラストや画像を加工する方法

昔にくらべ、デジ絵が台頭してきましたが、
アナログ画もまだまだ廃れたモノではありません。

手描きで絵やイラストを描く方は、描いた絵をスキャンしたり写メに撮ったりして
ブログやSNS上にアップすると思いますが、

取り込んだ画像をそのまま何の加工もせずにアップしてしまうと
光や影が入ってしまい、せっかく綺麗に描いた絵も魅力半減となってしまいます。

だから画像の「明るさ」「コントラスト」「色彩」などの色調補正をして見栄えが良くなるようにする必要があります。



スポンサーリンク

完成した絵の写メを撮って、画像処理を施さずにアップするのはNG!

イラストを描いたら、何の処理もせずにそのままSNSやブログにアップしている人をたまに見かけますが、見栄えが全然変わるので、画像加工してからアップするようにした方が断然良いです。

アプリのダウンロードがめんどう。
画像加工系アプリが多すぎて何を選んだか良いか分からない。

という方必見です!!

 

今回は、アプリを一切使用しなくても
iPhoneのデフォルト機能に元から備わっているツールで
画像加工をする方法をお伝えします。

また、この機能を使えば、イラストのみならず写真加工にも応用が効くので、アプリを使わずとも、インスタ映えする写真を作ることができます。

是非試してみてください!

※「iPhone6s」「iOS 11.2.2」を使用しての解説となります。

 

iPhoneのデフォルト機能を使ってイラストや画像を加工する方法

 手描きのイラストをiPhoneに取り込み、色調補正をする

今回描いたスケボーの乗った女の子のイラストは、シャーペンで下書きを描き、マジックで下書きを清書し、コピックで着色と定番のアナログ手法で仕上げました。

仕上げたイラストの写メを撮ります。

 


今回は、こちらのイラスト&写メを使います。

<写メを撮るときの注意点>
光と陰の境目部分が絵に被らないようにしましょう。
光が当たっている部分と陰の部分では、色合いも変わって見えてしまうので、
光源を考えて、写メを撮る場所にも注意してください。

 

 


iPhoneの「写真」→「カメラロール」内から先ほどの写メ画像を探し、
右上の「編集」をタップします。

 


背景が黒色になります。
こちらが編集画面です。

上の画像を参照ください。丸で囲んだ機能がそれぞれ使えます。

「トリミング」

「フィルター」

「色調補正」

「その他(マークアップ機能)」

加工したい機能をその都度タップします。

 

まずは色調補正から行います。
「色調補正」のアイコンをタップすると

「ライト」

「カラー」

「白黒」

3つの項目をそれぞれ調整できます。
赤丸で囲んである右側の矢印をタップすると、各項目のさらに詳細を調整できます。

 


ライトの項目をタップして開くと、

「ブリリアンス」

「露出」

「ハイライト」

「シャドウ」

「明るさ」

「コントラスト」

「ブラックポイント」

が設定できます。

 


試しに「ブラックポイント」を設定してみます。
下のメモリをスライドさせて任意の場所に設定値を動かしてください。

その他項目の設定値は、写メの撮影環境や絵のテイストによると思うので、
設定値を都度確認しながら調整してみてください。

 


参考までに、私はこのような感じでそれぞれの項目を設定しました。

 


同様に「カラー」の項目もそれぞれ設定します。
今回私は「彩度」のみ編集しました。

 

完成です。

写メを撮ったことにより、暗くのっぺりとした印象になってしまったイラストが、色調補正で、色をはっきりとさせ、鮮やかに仕上げてみました。

全然見栄えが変わりますよね?

 

先ほども述べましたが、自分の絵のテイストによってどんな仕上がりにするかは変わってくるので、各設定を色々と試してみてください。

デジタル加工の良いところは、失敗しても何度でもやり直し&元に戻せることです。



スポンサーリンク

イラストや写真にフィルターをかける

色調補正だけでも良いのですが、イラストや写真に、さらに深みを出すためにフィルターをかける方法を紹介します。


インスタなどではお馴染みですが、iPhoneにも「フィルター」機能がついていて、9種類のフィルターをかけることができます。

 


ビビット

 


ビビット(暖かい)

 

 


ビビット(冷たい)

 

 


ドラマチック

 

 


ドラマチック(暖かい)

 

 


ドラマチック(冷たい)

 

 


モノ

 

 


シルバートーン

 

 


ノアール

 

写真にフィルターをかけるのはもちろんのこと、自分の描いたイラストにもフィルターをかけると一味違ったテイストを楽しめます。

 

トリミング機能で画像を平行にしたり、余分な部分を削る


続いて、こちらの「トリミング」機能でも画像を調整します。

写メを撮った時にイラストが傾いてしまった場合、数字が書いてあるメモリ部分を左右に振ると、画面を回転できるので、イラストが平行になるように調整してください。

 


また、画面の上下左右の端っこを絞っていくと画像のいらない余白をトリミングできます。

 

【番外編】アプリを使わずに、iPhoneで落書きができる機能


「マークアップ」機能を使えば画像に簡単な落書きができます。

 

 

「サインペン」
「マーカー風」
「鉛筆」

3種類のペンで落書きができます。

 


「色変更」ボタンをタップすると色数は少ないですが、
白、黒、青、緑、黄、赤と6色から選べます。

 


筆で書いてみたら、それぞれこんな感じです。

iPhoneに指で直接書くので、ちょっと書きづらいかもしれませんが落書きとしては、かなりありがたい機能です。

 


また、一番右側の+ボタンをタップするとその他にも使える機能もあるので、
そちらも簡単に紹介します。

 

「テキスト」

「署名」

「拡大鏡」

「四角・丸・吹き出し・矢印のオブジェクト」

とそれぞれ機能があります。

 


テキスト機能を使って吹き出しにテキストを入れてみました。
フォントの種類、大きさ、色(白、黒、青、緑、黄、赤の6種類)も選べます。

 


吹き出しをつける機能もあったので、つけてみました。

4種類の吹き出しが選べます。
色も先ほど同様6色から選べます。

吹き出し以外にも、「丸」「四角」「矢印」のオブジェクトも
画像内に配置できるようなので、合わせて使ってみるのも良いですね。

 

最後に


いかがでしたか?

アプリを使わずともiPnoneだけでも十分に画像加工を行うことができます。

最後の方に紹介した落書き機能に関しては必要最低限の機能しかないので、もしそれ以上のことがしたければパソコンに取り込んでソフトで加工するか、iPhoneの別のアプリを使うかしてください。

色調補正に関しては、iPhoneのデフォルト機能で十分だと思います。

 

そして、個人的に反省点があります。。。

冒頭で注意したにも関わらず、イラストの写メの撮影をミスっていました・・・

 

 


光と陰の境目部分が絵に被ってはいないのですが左上の余白部分に光が当たっているので、
左上と右下の画面の暗さの違いがすごく気になってしまいます。。。

(反省・・・)

しかも色調補正をすることによりさらに明確に分かってしまってますね。

絵にかからないのはもちろんのことある程度の余白にも光と陰の境目を作らないように、みなさんも注意してください。



スポンサーリンク