スケートボード

ポケモンGOとスケボー 〜ポケモンGO Plusはメリットだらけの必需品〜

こんにちはemikiです。
昨年、一大ブームを巻き起こした「ポケモンGO」。

私もリリース当初からダウンロードし、その後大ハマりして今現在もバリバリプレイ中です。そのポケモンGOもリリースから1年が経過しました。

1年越しに「伝説ポケモン」も実装され、ブームも再熱の予感です。

今回は、そんなポケモンGOについてまとめてみました。
そして、スケボーを楽しみながらポケモンGOをプレイする便利アイテムも紹介します。



スポンサーリンク

ポケモンGOとは

「ポケモンGO」とは、アメリカのNiantic(ナイアンティック)社が開発した、位置情報連動アプリゲームです。
現実世界の特定の場所に行くと、アプリ内でポケモンが出現して、それを捕獲するというゲーム。

2016年の夏にリリースされ、翌年春にはアプリの総ダウンロード数が6億5,000万、世界中のプレイヤーの全歩行距離数は87億kmに及んだそうです。

しかもこれは、約半年前の数字なので、今現在も伸び続けているでしょう。

私は、今現在までほぼ毎日プレイしています。ガチ勢とまではいかないものの、マイペースですが楽しんでいます。

記事を書いている現在

・ポケモン知識:原作(ゲーム)の緑をやっていたので初代ポケモンは知っているが、第二世代(金銀)はトゲピー、ルギアくらいしか知らなかった
・TL(トレーナーレベル):38(→12月にTL40カンストしました〜!)
・捕獲率:第一・第二世代はコンプ。
→その後第三世代も実装されましたが、着々とコンプしています^^

ポケモンGOの楽しみ方は、

ポケモン図鑑をコンプしたい、
ジムをがんばりたい、
レイドを楽しみたい、
高個体値のポケモンの育成、
自身のレベリングなど、

人それぞれだと思いますが、
私は何と言っても「ポケモンを集めて育成すること」が一番楽しいです。

暑い中、寒い中、雨の日、風の日、ポケモンの巣(特定のポケモンが多数出現する場所のこと)に通い、坂道を登ったり下ったり、コツコツとポケモンを集め、強いポケモンへと育成します。

アプリ内でただ完結するのではなく、実際にその場所に行ってポケモンを集めることが最大の魅力で、私もそんな魅力にハマりました。

そして、私なりの楽しみ方も見つけました。

それは、スケボーでクルージングしながらポケモンGOをすることです。



スポンサーリンク

スケボーでクルーズしながらポケモンGO

前提に言っておきたいのが、スケボーでクルージングしながらスマホをいじることは、歩きスマホ以上に危ないのでやめましょう。

私は、ポケモンGOプラスなるもの購入して、クルージングしながらポケ活(ポケモンGO活動のこと)をしています。

created by Rinker
任天堂
¥6,800
(2018/10/15 13:38:53時点 Amazon調べ-詳細)

ポケモンが出現すると振動してくれるので、スマホを見ずとも真ん中のボタンを押すと、自動で獲得をしてくれます。ポケストップを通過しても、振動で教えてくれます。

ポケモンGOプラスを使ったからといってすべてのポケモンを獲得できるという訳ではないのですが、スケボークルージングしながらのポケ活は私の両方の趣味を楽しめるので、ポケモンGOプラスは私には必需品です。

人混みや、スケボー滑走禁止エリアでのスケボーは控えましょう。

 

ポケモンGOプラスのメリット・デメリット

私のようにスケボーでクルージングしながらポケモンGOをしなくても、GOプラスはポケモントレーナーにとっては持っていると便利なアイテムです。

そこで、実際ポケモンGOプラスを使ってみての感想、メリット・デメリットをあげていきたいと思います。

GOプラスのメリット

・スマホを見ながらポケ活をしなくても良い
→いちいち立ち止まったり、歩きスマホの心配がなくなる。

 

・レベリングがはかどる
→移動中など(GOプラスを持っていなかったら)本来ポケモンGOをしていない時もポケ活ができるので、自身のレベリングがはかどる。
ポケモンに逃げられても25xpはもらえるので、微量な経験値だが塵も積もれば山となる。

 

・ポケモンGOを開いていなくても、ゲームを楽しめる
→ポケモンGOがバックグラウンド状態でも、ポケモンの捕獲ができたり、ポケストップを回すことができる。
また、卵孵化や相棒ポケモンのアメの距離が自動で加算される。

 

・ポケモンが捕まらないストレスが軽減される
個人的に、GOプラスを買って良かった思える一番のメリット。
ポッポ、キャタピー、ボードル、コラッタなどのいわゆる進化マラソン用(少ないアメの数で進化できるので経験値稼ぎの定番方法)のポケモンを捕獲するとき、威嚇されたり逃げられたりして、地味に時間を取られたり、ボールを消費してしまい、イライラすることもあるが、自分でスマホ操作せずともボタン一つで捕まえてくれるので、精神衛生上気楽になった。(もちろん、ボタンを押したからといってすべてのポケモンを捕獲してくれるわけではない。)

 

・アイテム回収が楽
→ポケストップを回すと排出されるアイテムもボタン一つで簡単にできるので楽チン。
デフォルトで、ポケストップを回すよりポケモンの捕獲が優先されてしまうため、効率的にアイテム回収をしたい場合は、「ポケストップの通知」のみに設定すると良い。
「ポケモンの通知」「ポケストップの通知」の設定ができる。もちろん両方設定も可能。

 

GOプラスのデメリット

・ポケモン捕獲時モンスターボールしか使えない
→モンスターボール < スーパーボール < ハイパーボールの順にボールのグレードが上がり捕獲率も上がるが、GOプラスはモンスターボールしか使用できない仕様になっている。ズリのみなどの「きのみ」も与えられない。

 

・レアポケモンを獲り逃がす可能性が高い
→スマホ画面を見ないので、何のポケモンを捕獲しているか分からない。
そのため、自分が欲しかったポケモンも獲り逃がすこともある。
(しかもモンスターボールしか投げられないため、獲得率も低い)

まめに、スマホ画面を確認しながらポケ活を行うか、移動時など「何のポケモンが獲れてもいいや〜」くらいの時に使用する方がベター。
がっつりポケ活するときはGOプラスのみの使用はやめたほうが良い。

 

・モンスターボールの消費量が激しい
→出現するポケモンすべてにモンスターボールを使うため、気づいたらボールがなくなりかけていることも多々ある。
定期的にモンスターボールの補充が必要。

 

・ポケモンの捕獲率が低い
→モンスターボールしか使えないうえに、獲得できるチャンスも一回きりなので必然的に捕獲率も下がる。
(手動で捕獲する場合は、ボールの種類が選べたり、
きのみをあげて捕獲率を上げたりできる。)

 

・スマホとの接続が切れる
→GOプラスとスマホはBluetooth接続。
1時間に1回は定期的に接続が切れてしますので、まめに接続状況を確認する必要がある。

接続不良で頻繁に接続が切れることもある。

 

ポケモンGOとスケボー 2つの趣味をかけ合わせて楽しむ

ポケモンGOプラスにはメリットがある反面デメリットもありますが、私はGOプラスを購入してポケ活が楽しくなったのは事実です。

・がっつりポケ活する時は、手動とGOプラスの両刀使い。
・移動中などはGOプラスのみと割り切る。
(←本来ポケモンGOをしていない時もポケ活ができるのでオイシイ)

このようの、GOプラスをうまく使い分けると、さらにポケモンGOが楽しくなります。

そして、私のようにスケボーでクルージングしながらのポケモンGOにはGOプラスは必須です。

「ポケモンGO」と「とスケボー」
2つの趣味をかけあわて、私なりの楽しみ方を見つけました。

ポケモンGOプラスとスケボー
GOプラスにスピットファイアのステッカーを貼っています。

created by Rinker
任天堂
¥6,800
(2018/10/15 13:38:53時点 Amazon調べ-詳細)


スポンサーリンク

スケボーを始めたい女性はこちらの記事へ