スケートボード

要注意!スノーボードの日焼けを侮るな!ゲレンデ日焼け対策

こんにちは、emikiです。

そろそろスノーボードのシーズン到来ですね。

さて、今回はゲレンデの日焼け対策についてご紹介します。

「冬だし、雪山だし、ウェアを着込んでいるし、ゲレンデで日焼けなんてするの?」と、疑問を持たれる方もいるとは思いますが、日焼け対策をしないままゲレンデに出向くことは危険です!!

特に女性の皆さん、いつまでもキレイな肌でいたいのなら「日焼け」がお肌に良くないことはすでにご存知ですよね?

シミ・シワなどの原因のほとんどは、日焼けからの紫外線によるものなのです。
だから、いつまでも若々しい肌を保つには、日焼けを極力しない(日焼け対策)が不可欠ということです。

そこで、今回はスノーボードに出かけるときに忘れてはいけない日焼け対策についてご紹介します。



スポンサーリンク

《要注意》ゲレンデの日焼けは怖い?

ゲレンデと日焼けは、一見無縁な気もしますが、実は日焼けしやすい環境でもあります。

その最大の原因は「雪」です。
ゲレンデ一面の真っ白な雪が、太陽の光を反射して、もろに紫外線を浴びてしまうのです。

雪の反射率がどれほど高いかを示したグラフが、気象庁の公式サイトに掲載されていたので、ご紹介しますね。

出展|気象庁 紫外線の性質

草地・土の紫外線反射率は、10%以下
アスファルトの紫外線反射率は、10%
砂浜での紫外線反射率は、10〜25%

なんと!雪(新雪)での紫外線反射率は、驚異の80%!!

雪山は、どれだけモロに紫外線を浴びているか一目瞭然ですよね。。。

下手したらビーチよりも日焼けしてしまう可能性もあるので、日焼け対策は必須という事実に気づいていただけたかと思います。

また、雪山などの標高の高い場所は、太陽との距離が近いため、必然的に紫外線量が高くなるともいわれています。

雪による紫外線の反射と、標高が高い場所。
この2つの条件が合わさることにより、ゲレンデで日焼けをしてしまうのです。

 

スノーボードを滑る時の日焼け対策

ゲレンデでは、どれだけ日焼けをするかご理解いただけたでしょうか。
(だから私も、ゲレンデでは必死に日焼け対策をしていますよ。)

スノーボードで日焼けをする箇所といえば「顔」です。
顔以外は、ウェアを着ているので、そこまで気にしなくても良いのですが、顔の日焼けが体のパーツの中で一番気になりますよね・・・

そこで、続いては、スノーボードを滑る時の具体的な日焼け対策についてご紹介します。

ゴーグル・サングラスをつける

スノーボードを滑る場合は、必ずゴーグルやサングラスをつけましょう。
ゴーグルをつけることで視界が狭くなってしまうので、スノーボード初心者の方は、ゴーグルを外してしまう人も多いのですが、目の保護のためと、万が一の際の怪我防止のために必ず着用した方が良いです。

目が長時間紫外線にさらされてしまうと、「雪目」という目の病気にもなりかねません。
(症状:結膜の充血、目がゴロゴロする、涙が出る、目が痛くてまぶしい、など)

 

また、スノーボードは時として、顔から突っ込む感じでコケてしまうこともあります。
私も何度か経験したことがあるのですが(笑)、ゴーグルをしていたからこそ目が保護されて怪我に繋がらなかったのです。

スノーボード初心者は、サングラスよりもバンドできちんと固定できるゴーグルがおすすめです。

最初は窮屈に感じてしまうかもしれませんが、次第に慣れるので(むしろゴーグルを着用していないとしっくり来ないと感じるようになります)、目の日焼けや怪我防止のためにも必ず着用するようにしましょう。

 

フェイスマスクをつける

鼻から首元の日焼けを保護するためにフェイスマスクの着用もおすすめです。


ゴーグル+フェイスマスクで、紫外線をガードできます。

フェイスマスクは、ゲレンデでの寒さ対策にもなるので、一枚持参しておくと良いでしょう。
リフトに乗っている間とか、すごく寒いですよね・・・
特に肌が露出している顔まわりなんかは・・・
そんな時はフェイスマスクを1枚巻くだけで全然寒さが変わりますよ!

あとは、ゴーグル焼けの予防にもなります。
(ゴーグル焼けとは、顔のゴーグルをしていない部分だけ焼けてしまい、パンダのようになってしまうこと)

 

フェイスマスクのデメリットは、「息苦しくなる」ことです。
口・鼻と布で塞いでしまうため、正直苦しいです(苦笑)。

だから、私も呼吸しやすいように鼻だけ出すようにはしていましたが、鼻と口をフェイスマスクで覆っても平気な人は平気なようです。

気になる方は、一度試してみてください。



スポンサーリンク

日焼け止めクリームを塗る

顔にはしっかりと日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。
冬とはいえ、スノーボードを滑っていると汗をかいてくるので、2時間おきくらいに日焼け止めを塗り直すのが理想です。

面倒臭いかもしれませんが、日焼けはお肌の大敵です。
できるだけマメに日焼け止めクリームを塗り直すようにしましょう。

 

また、日焼け止めクリームやファンデーションがゴーグルやフェイスマスクに付着してしまうこともあります。

特に、フェイスマスクにはファンデーションがべったりと付着してしまうので、高価なフェイスマスクを使うのではなく、雑に使えるフェイスマスクで十分でしょう。
私も、100均のスカーフで代用したことがあります(笑)

 

ゲレンデに行った後は、しっかりと肌を保湿をする

スノーボードが終わった後に顔を触って熱いようなら、日焼けをしている証拠です。
まずは、熱を冷ますために顔を冷やしましょう。
冷たいシャワーを浴びたり、冷たいタオルを顔に当てたりすると良いですね。

 

また、日焼けは「肌の水分が不足している状態」なので、いつも以上に念入りに保湿をすることも大切です。

パックやシートを使って保湿するのもおすすめですね。

 

体の内側からもしっかり日焼け対策をする

体の内側からもしっかりと日焼け対策をしておきましょう。

ご存知の方も多いとは思いますが、最近はREBLANCOAT(リブランコート)をはじめとした、飲む日焼け止めが主流になりつつあります。
飲む日焼け止めとは、日焼けに有効な成分を配合したサプリメントのことです。

「日焼け止めを塗り忘れた!ヤバイ!」なんて日もサプリメントを飲めば良いだけなので簡単です。
スノーボードってついつい日焼け対策を忘れがちになってしまいますが、飲むだけならとっても簡単ですよね。

日焼け対策のみならず、お肌のための栄養補助サプリメントとしても重宝するのでおすすめですよ!

\初回75%OFF価格で購入できる/
↓↓安心の全額返金制度付き↓↓

REBLANCOAT
公式サイトへ

 

最後に

スノーボードは、時間を忘れるほど夢中になって滑れるので、とても楽しいです!
しかし、お肌のためにも日焼け対策は必ず怠らないようにしましょう。

当記事を少しでも参考にしていただき、楽しいスノーボードライフを満喫してください♪



スポンサーリンク