ライフハック

Kindle Unlimitedを実際に使って感じたメリット・デメリット

こんにちは、emikiです。

今回は、Amazonが提供している電子書籍読み放題のサービス「Kindle Unlimited」を実際に利用してみたので、レビューします!

実際に使ってみて感じたメリット・デメリットや、Kindle Unlimitedをお得に使うためのコツなどをご紹介するので、Kindle Unlimitedを使用してみたい人は、ぜひ当記事を参考にしていただけたら幸いです。



スポンサーリンク

Amazon Kindle Unlimitedとは?

Amazon Kindle Unlimitedは電子書籍が読み放題になるサービスです。
サービス内容は、以下の通りです。

書籍数和書→12万冊以上、洋書→120万冊以上
取り扱いジャンル雑誌→240誌以上のファッション、車、スポーツ、家電情報誌などのさまざまなジャンルの人気雑誌最新号・バックナンバー
書籍→「陽気なギャングが地球を回す」(伊坂幸太郎)、「『原因』と『結果』の法則」(ジェームズ・アレン)、「お金持ちの教科書」(加谷珪一)などのベストセラーを含む8万冊以上
漫画→新旧の人気作品を含む3万冊以上
洋書→「ハリー・ポッター」シリーズ(J. K. Rowling)、「ハンガー・ゲーム」シリーズ(Suzanne Collins)など、120万冊以上
短編→「犬に聞いてみろ」(池井戸 潤)、「天上の飲み物」(三浦しをん)、「ナベちゃんのヨメ」(辻村深月)など、Kindleストアだけで読めるKindle Singlesを含む100ページ以下の幅広い作品群
対応端末★iOS/Androidスマートフォン
★タブレットやPC
★Mac用のKindle無料アプリ
★Kindle電子書籍リーダー
★Fireタブレット
利用料金980円(税込)
無料お試し期間30日間無料(30日以内に解約すると利用料金の必要なし)

トータル130万冊以上にも及ぶ在庫数を誇るラインナップですが、月額たったの980円で読み放題。

まるで自宅にいながら、図書館で本を読めるかのようで、読書好きにはたまらないサービスなんです。

また、Amazon Kindle Unlimited最大の嬉しい特典は、30日間無料お試し期間があるという点です。

初めてAmazon Kindle Unlimitedを利用する人は、無条件で30日間無料お試し期間が適用されます。

30日以内に解約すれば、利用料金を支払うことなく試すこともできるので、「Kindle Unlimitedを試しに使ってみたい!」という人にはおすすめです。
むしろ、試しに利用しない理由が見つからないくらい、お得な特典ですよ!

\30日間無料お試し期間あり!/
Amazon Kindle Unlimited
公式サイトへ

 

Amazon Kindle Unlimitedを実際に使ってみたメリット・デメリット

続いては、私が実際にAmazon Kindle Unlimitedを使ってみて感じた、「メリット」「デメリット」をご紹介します。

メリット

Amazon Kindle Unlimitedを実際に利用してみて感じたメリットは、以下の通りです。

  • 130万冊以上の本が読み放題
  • 30日間の無料お試し期間がある
  • スマホ1台でいつでもどこでも本を読める
  • 電子書籍なので本の保管場所に場所を取らない
  • 自宅でくつろぎながら本を探せる
  • 毎月1〜2冊本を読むだけで元が取れる(月額980円)
  • 取り扱いジャンルが豊富でオールラウンダー

ひとつずつ確認してみましょう。

130万冊以上の本が読み放題

Kindle Unlimitedは、和書12万冊以上、洋書120万冊以上のラインナップを誇ります。
取り扱い書籍はすべて読み放題。

洋書は英語が読めないことには楽しむことができないので、日本語しか話せない私は対象書籍は12万冊なんですが、それにしても圧倒的な書籍取り扱い数を誇ります。


「Kindle Unlimited」のマークがある書籍は、すべて読み放題の対象となります。


読みたい本を探して、「読み放題で読む」ボタンをクリックすればOKです。

無料お試し期間がある

Kindle Unlimitedは、30日間の無料お試し期間があります。
しかも、無料期間中に解約をすれば、利用料金を一切かけずに本を読むことも可能。
「こんなお得でいいんですか?」と、こちらが心配になるほどの嬉しい特典です。

スマホ1台でいつでもどこでも本を読める

例えば、本を10冊カバンに入れて持ち運ぶとなると、結構な労力がかかってしまいますよね。
ところが、Kindleをはじめとした電子書籍を利用すれば、スマホ(タブレット)一台内にすべての情報を入れておけるので、10冊分の本を簡単に持ち運ぶことが可能になります。

通勤中の電車の中やカフェでお茶を飲む時など、労力を厭わずいつでもどこでも読書を楽しむことができます。

電子書籍なので本の保管場所を取らない

電子書籍なので、本の保管に場所を取りません。
例えば、100冊分の本だって、1,000冊分の本だって保管場所は、スマホ・タブレット・パソコンいずれか1台あればOK。
何かとスペースを取ってしまう本の収納にも一役買ってくれます。

自宅でくつろぎながら本を探せる

本屋で本を探すことはとても楽しいのですが、長時間ウロウロ探していると、足腰が疲れてしまうこともあります。
また、本選びって結構自分の人間性が出るものなので、「え?こんな本を読んでるの?」と他人に思われるんじゃないかと、人の目を気にしながら本を探すことが結構苦痛だったりするんですよね。

Kindle Unlimitedにすれば、スマホ1台で本を読むことができる且つ本を探すこともできるので、自宅でリラックスしながら自分好みの本をディグることができます。

毎月1〜2冊本を読むだけで元が取れる(月額980円)

Kindle Unlimitedの月額利用料金は、税込980円です。
小説・漫画の単行本・雑誌なら約2冊分の値段、実用書・ビジネス本なら1冊分の値段に値します。
毎月1〜2冊ほどKindle Unlimited内で本を読むだけで元が取れてしまうほど、金銭的にもお得なんです。

取り扱いジャンルが豊富でオールラウンダー

Kindle Unlimitedは、雑誌・書籍・漫画・洋書など、幅広いジャンルを取り扱っています。

《Kindle Unlimitedジャンル一覧》
文学・評論
人文・思想
社会・政治
ノンフィクション
歴史・地理
ビジネス・経済
投資・金融・会社経営
科学・テクノロジー
医学・薬学
コンピュータ・IT
アート・建築・デザイン
趣味・実用
スポーツ・アウトドア
資格・検定・就職
暮らし・健康・子育て
旅行ガイド・マップ
語学・辞事典・年鑑
教育・学参・受験
絵本・児童書
コミック
ライトノベル
エンターテイメント
雑誌

下手したら本屋や図書館よりも読める本の在庫数が豊富ですよね。

 

\30日間無料お試し期間あり!/
Amazon Kindle Unlimited
公式サイトへ

 

デメリット

Amazon Kindle Unlimitedのメリットを挙げてきましたが、メリットばかりではありません。
実際に利用してみて感じたデメリットもご紹介します。

  • 紙媒体で読書したい人には向かない
  • 一度に借りられる本は10冊まで(返却すれば再度借りることができる)
  • Kindle Unlimitedの対象本ではなくなる可能性がある(永続的に同じ書籍が読めるわけではない)
  • 新作や売れている本は取り扱いが少ない
  • 無料期間のみで解約したい人は、解約処理をきちんと行わないと自動課金される
  • 解約すると、ライブラリーも削除されるため本が読めなくなる
  • 漫画本の取り揃えが少ない(←個人的に残念)

ひとつずつ確認してみましょう。

紙媒体で読書したい人には向かない

Kindle Unlimitedは、電子書籍なので紙媒体で読書をしたい人には向きません。

私自身も電子書籍よりも断然紙派だったのですが、漫画に限り電子書籍で読みまくっています。(漫画は、電子書籍でも特にストレスなく読めています。)

しかし、文字だけの文庫本や実用書なんかは、電子書籍だとちょっと読みづらさを感じます。慣れの問題でしょうか。
私は最初に要点だけを掴んで流し読みした後に熟読したい派なので、電子書籍だと流し読みをしづらく感じてしまいます。。。

一度に借りられる本は10冊まで


Kindle Unlimitedは、一度に10冊までしか借りることができません。
本を返却すれば再度借りることができるが、この仕組みをとても不便に感じています。


(↑本を返却する際は、該当の本の「利用を終了」ボタンをクリックすればOK。)

愛読書は、いつも自分のライブラリーに収めておきたいですよね。
でもキープが10冊までしかできないので、ここがちょっと使いづらいかなぁ〜と感じます。

Kindle Unlimitedの対象本ではなくなる可能性がある

Kindle Unlimitedで取り扱っている本は、永続的に閲覧できるわけではありません。
取り扱い期限が過ぎれば、読み放題の対象ではなくなるため、お気に入りの本は早めに読破しておく必要があります。

あくまでも読み放題というサービス。
図書館と同じ感覚で利用しているようなものなので、自分の手元に置きておきたい本は、別途購入しておいた方が良いです。

新作や売れている本は取り扱いが少ない

Kindle Unlimitedのラインアップを見ていると、新作や売れ筋の本の取り扱いが少ない印象です。(月刊誌・週刊誌などの雑誌は除く)

ただ、過去話題になった名作などは、読み放題の対象としてたくさん見かけるので、不人気の作品ばかりが取り揃えてあるわけではないということは、述べておきます。

無料期間のみで解約したい人は、解約処理をきちんと行わないと自動課金される

Kindle Unlimitedは、30日間無料で試すことができます。
無料期間の30日を過ぎると、自動的に月額980円が課金され続けるので、もし解約をしたい場合は、必ず無料期間内に解約を行うようにしてください。

申し込み期間は、アカウントから確認できます。


請求ステータスを確認すると、月額制に切り替わる日にちが分かるので、こちらで確認してから解約日を決めると良いでしょう。

解約するとライブラリーも削除されるため本が読めなくなる

Kindle Unlimitedは、登録を解約するとマイブック内にダウンロードしておいた本も読めなくなります。
当たり前の話かもしれませんが、あくまでも「読み放題」というサービス上、レンタル品ということです。
お気に入りの本は、別途購入しておくことをおすすめします。

漫画本の取り揃えが少ない

個人的に残念なのが、漫画本の取り揃えが少ない点です。
ちょっと古めの漫画の取り扱いが多く、「知らない」というマイナーめな漫画が多いです。
(←あくまでも個人的な感想ですが・・・)

漫画をたくさん読みたい場合は、やはり漫画に特化した電子書籍サイトを利用した方が断然おすすめです。

漫画に特化した電子書籍サイトをお探しの方は、「ebookjapan」がおすすめです。
無料でも読める漫画がたくさんあるので、ぜひ公式サイトでご確認ください。


>>ebookjapan公式サイトへ

 

Amazon Kindle Unlimitedを上手く使うためのコツ

続いて、Amazon Kindle Unlimitedを上手く使うためのコツをご紹介します。
知っていると、損をせずにKindle Unlimitedを使い倒せるので、ぜひご一読ください。

コツ①契約の前に自分が読みたい本があるかチェックしておく

Amazon Kindle Unlimitedに自分の読みたい本があるか、きちんとチェックしてから登録をするようにしてください。

登録したはいいけど、自分の読みたい本がほとんどなかったという事態になってしまっては、意味がありませんよね。

そんな人のために、Kindle Unlimitedには30日間の無料体験期間があるのですが、この無料体験は初めてKindle Unlimitedを利用する人しか使えないサービスです。

せっかくの無料期間を無駄に使わないためにも、必ず自分が読みたい本がKindle Unlimitedの対象かどうか事前にチェックしてから登録するようにしましょう。

また、閲覧期間が終了してしまう可能性もあるので、自分の読みたい本を見つけたら極力早めに登録をするようにしましょう。

 

コツ②スマホよりもパソコンを使った方が本を探しやすい

本を探す際は、スマホではなくパソコンを使った方が探しやすいです。
単純な話なんですが、スマホに比べたらパソコンの方ブラウザがが大きいので、一度に表示される作品数も多く、見つけやすいです。
また、パソコンの方が読み込み速度が速いためストレスなく本を探すことができます。

パソコンであらかじめ10冊ほどマイブックに登録しておいてから、スマホ(タブレット)でじっくりと読書をするスタイルが、個人的におすすめです。

 

コツ③読みたい時だけ登録してもいいかも?

Kindle Unlimitedに登録すると、最初は月額料金980円の元を取ろうと思って、必死になってたくさんの本を読むと思います。

しかし次第に、本を読む時間を確保しづらくなったり、読書意欲が削がれたりして、「あれ?今月1回もKindle Unlimitedで本を読んでいない!」なんて事態にもなり得ます。

一番もったいないのが、一切読んでいないのに月額料金を払い続けることです。
なので、「必要ない」と感じたら登録を一旦解約した方が無駄もなく良いかもしれません。

また本を読む時間が確保できたら、再登録をして、利用すれば良いだけ。

 

コツ④キャンペーンを待って登録をするとさらにお得!

Kindle Unlimitedは、いつでも30日間無料お試し期間を行なっていますが、時期によってはさらにお得なキャンペーンを開催していることがあります。

私自身も先日「プライムデーキャンペーン」を利用して、3ヶ月99円でKindle Unlimitedを契約することができました。

3ヶ月合計の利用料金が、99円ですよ??

安すぎませんか?

その他にもポイント付与がされるキャンペーンも開催されたりするので、キャンペーンを狙ってAmazon Kindle Unlimitedに登録するのもおすすめです。

キャンペーン時期は、不定期に開催されるので予測はできませんが、何かしらのキャンペーンを開催しているのを見かけたら、迷わず契約しましょう。



スポンサーリンク

Amazon Kindle Unlimitedをおすすめできる人

ここまで紹介したことを踏まえて、Kindle Unlimitedをおすすめできる人は、以下の通りです。

  • ビジネス系・実用書・雑誌をよく読む人
  • 1ヶ月に1〜2冊は本を読む習慣がある人
  • 30日間無料体験で試しに使ってみたい人
  • 電子書籍が好きな人

以上に該当する人は、ぜひKindle Unlimitedへ登録してみてはいかがでしょうか。

いつでも30日無料体験を行えるので、「どんなサービスなのか、まずは試しに使ってみたい!」という人に、とてもおすすめです。

万が一サービス内容が自分に合わなくても、無料で体験できるので、そういった点を見ても安心ですね。

\30日間無料お試し期間あり!/
Amazon Kindle Unlimited
公式サイトへ

私自身、たまたまセールで見かけて「3ヶ月99円」で利用できているので、とりあえず3ヶ月間はKindle Unlimitedを使い倒す予定です。
自分が読みたかった本はもちろん、今まで知らなかったたくさんの素晴らしい本との出会いがあると思うと、心がワクワクしてきます。
これを機会に、いろんな本を読んでみたいと思いました。



スポンサーリンク

公開日: