ライフスタイル

月1万円の節約に成功!SIMフリースマホで通信費節約!

こんにちはemikiです。

日々の生活において、携帯・スマホ代、インターネット代などの通信費は必要不可欠な出費です。十数年前では考えられなかったことですが、今では通信費はほとんどの人が支払っている固定費となります。

私自身もパソコンに向かう仕事のため、インターネット環境が整っていることは必須条件であり、日々通信費を払い続けています。

そんな通信費をできれば安く抑えたいと思いませんか?

現在私は、抑えに抑えて、月額の通信費は2,000円〜2,500円。
ちろんスマホ代、インターネット代合わせてこの金額です。

ちなみに、節約以前の通信費は月額10,000円〜13,000円。
しかも当時はインターネットの契約はしておらず、スマホ代だけでこの料金。
インターネット代も含めるとすると、さらにプラス3,000円〜5,000円かかることになります。

以前に比べると約1万円近くの節約に成功した私。

月1万円ってかなり大きいですよね。
それでは、どのように通信費を抑えたかをまとめていきたいと思います。



スポンサーリンク

方法①SIMフリースマホ(携帯)に変更

以前は3大キャリアのソフトバンクを使っていました。

携帯代は月額10,000円〜13,000円くらいかかっていました。
(内iPhoneの分割払いも含む)

「SIMフリー携帯は安い」と常々聞いていたのですが、
変更する作業や調べたりすることが面倒臭くて、
「まいっか」と先延ばしにしていました。

そして、携帯会社にある「2年縛り契約」というものも厄介です。
契約更新月以外に解約すると「違約金」なるものを取られてしまいます。

その違約金の存在もSIMフリーに乗り換えすることを渋っていた理由でもあります。

 

携帯料金をシュミレーション

しかし、できることなら通信費を安く抑えたいと思い、
まずはシュミレーションをしてみることにしました。

携帯会社に2年縛りという契約があるので
2年間携帯代を払い続けた場合のシュミレーションをしてみます。

<ソフトバンクのまま>
仮に月額の携帯料金を10,000円と想定します。

2年間ソフトバンクのままだと
240,000円

<楽天モバイルに変更した場合>※私が選んだSIMフリー携帯会社
・3.1GBプラン ・・・月額1,600円
・留守電代 ・・・月額300円
・ここからさらに通話代も数百円かかると想定する
(合計)多く見積もって月額約3,000円

2年間楽天モバイルだと
72,000円

 

しかし、楽天モバイルに変更する際は
・ソフトバンクの違約金(9,500円)
・SIMフリー端末代(iPhone当時の価格106,704円)
のお金がプラスかかってしまいます。

72,000円(2年間の携帯料金)
9,500円(ソフトバンク違約金)
106,704円(iPhone代)

すべてを合計して
楽天モバイルに変更した場合、2年間で

188,204円

まとめると、

2年間ソフトバンクのままだと240,000円
2年間楽天モバイルにすると188,204円

 

おおよそ2年間で51,796円もの節約になります!
(月額約2,158円の節約)

 

違約金や、機種代を払ったとしても楽天モバイルに移行した方がお得ですね!

 

しかも、3年目以降はもっとお得!
月額約7,000円もの節約になります。

 

さらに言うなれば、
SIMフリー携帯の末端代を安く抑えればもっと大幅に節約できます。

<格安スマホを購入した場合>
私は、SIMフリーiPhoneを購入したので末端代は10万円以上かかったのですが、
2万円代〜や3万円代〜の格安SIMフリースマホもあります。

仮に3万円のSIMフリースマホ購入した場合、
72,000円(2年間の携帯料金)
9,500円(ソフトバンク違約金)
30,000円(スマホ代)

すべてを合計すると2年間で
111,500円

2年間で約12万円以上もの節約になります。
(月額約5,000円)

お得すぎますね〜!!!

 

<iPhone6s〜限定>
ソフトバンクの方でもSIMの解除をしてくれるサービスがあるようですね。私は、残念ながら対応の機種ではなかったので、サービスを受けていませんが、ソフトバンクからのiPhoneを引き続き使えば、スマホ代も抑えられます。
以下の条件を満たしていれば、ソフトバンクでSIMロック解除をしてくれるようです。

ソフトバンク公式のSIMロック解除に対応する条件

iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE等、2015年5月以降に発売開始されたiPhoneであること
購入日(ソフトバンクモバイルにて記録されている販売日)から181日目以上が経過していること
解約手続きをしたソフトバンクiPhoneの場合は、解約手続きから90日以内であること
解約手続きをしたiPhoneは購入者本人によるSIMロック解除手続きの申請であること
分割払い等のローンが正しく支払い続けられていること

【出展 SIMハピ | 【完全版】ソフトバンクのiPhoneで安くて安定したSIMロック解除方法の解説!】

このようにSIMフリースマホに変更することでかなりの節約になります!

 

方法②少ない通信容量の契約でもインターネット回線を引いて自宅で動画見放題

さらに私は、自宅にインターネット回線を引くことにしました。

携帯会社は、月額◯Gまでと、料金によって通信容量が決まっています。
youtubeなどの動画や、データのダウンロードをするとすぐに速度制限がかかってしまい、締め日前には低速制限で読み込みができない、動画が見れないなど、あるあるですよね。

さらに自宅で仕事をするとなると、ネット環境は必要不可欠。
ということで、自宅にインターネット回線も導入することにしました。

 

Wi-fiモバイルルーター契約も検討したのですが、
友人から「データが重いとすぐ止まる」「すぐインターネットの接続が落ちる」
などの声を多数聞いたので、Wi-fiモバイルルーターは無いかなと思いました。
持ち運びできることは便利ですが、私は家で仕事をする方が捗るし、
屋外ではスマホを使えばいいやと思ったからです。

 

仕事でデータのやり取りをすることもあるので、安定したインターネット回線必須。
となると、有線接続もあるインターネットということで
so-netのNURO 光を選びました。

契約当時は、3万円のキャッショバックも付いていて、お得でした。

今はなんと!!キャンペーンでプレステ4もらえるらしい。

めっちゃウラヤマシイ・・・


NURO 光は有線接続もありますが、wi-fi接続もできるので、
家にいる限り快適なネット環境で、動画やインターネットし放題です。
月額の容量も気にする必要がありません。

現に楽天モバイルでは3Gのプラン設定をしていますが、毎月1Gも使っておらず、翌月繰り越されて、常に5G以上の容量を持て余している状態です。
(寝る前や、空いた時間にyoutubeを見まくっているにも関わらず。)

 

SIMフリー携帯とwi-fi環境は最強の組み合わせだなと思います。

 

ちなみにso-net通信代は月額5,122円でした。

 

スマホ代とインターネット代を合わせて通信費7,000円〜8,000円。

ソフトバンクの頃に比べたら3,000円以上もお得で、

しかもパソコンもスマホも容量を気にせずネットし放題です。

 

しかし、冒頭で私は、通信費は、スマホ代・インターネット代込みで月額2,000円〜2,500円。と申しました。

さらに、お得に節約できる方法があるのです。

それはどんな方法かというと、
今住んでいる物件が「インターネット完備」になったからです。

 

方法③インターネット完備物件で通信費を格段に安くできた

ある日突然、今住んでいる物件にインターネットを導入しますとお知らせがありました。

しかも、料金や手数料は一切払わず大家さん持ち。
家賃の上乗せも、まったくありませんでした。

これはラッキーとしか言いようがありません。

so-netも2年縛り契約なので、解約の際、残念ながら2万円ほど違約金を払いましたが、契約時のキャッシュバックキャンペーンで3万円ほどの返金があったので、実質違約金はないに等しい。

そんな経緯で現在のスマホ代・インターネット代などの通信費は
月額2,000円〜2,500円に抑えられました。

ソフトバンクにしていた頃に比べると月額約1万円以上もの節約が可能となりました。

しかも当時はスマホ代だけだったのに、
今はスマホ代・インターネット代込み(さらには容量無制限状態)での1万円以上の節約。

 

インターネット完備の物件に住むことも、かなりおすすめです。

 

しかし、自分でインターネット完備の物件を見つけた場合、最初からインターネット代を家賃に組み込まれていて家賃が割高なケースも多いので、私のように家賃変わらないなんて、ラッキーだと思います。

周辺の家賃相場と比べて、自分でインターネット契約をした方がお得な場合もあるので、
そこは要シュミレーションしてください。

さらに注意したいのが、マンション全体での回線になるので、他のマンションの住人が容量使いすぎていたら、必然的にマンション全体の速度が落ちることもあるようです。
今のところ、うちの物件ではそのようなことはないですが、公共での回線はそのようなリスクもあります。

ちなみに「インターネット完備」と「インターネット対応」は違うらしいので
物件選びには注意してください。

参考サイト
スマイティ|インターネット「完備」と「対応」は違う!賃貸物件のネット環境の確認ポイント

 

楽天モバイルSIMフリースマホのメリット・デメリット

約1年半ほど楽天モバイルを使っていますが、
楽天モバイルSIMフリースマホのメリット、デメリットを挙げていきたいと思います。

 

楽天モバイルにして良かったところ

①通信費の節約ソフトバンク時代から比べると約1万円くらいの節約に成功(←これ一番大きいメリット)

②楽天ポイントが溜まりやすくなる

③MNP(ナンバーポータビリティ)で電話番号をそのまま引き継げる

 

楽天モバイルのデメリット

①初期費用がかかる

②メールアドレスがおもにPCメールになってしまうので、PCメール受信拒否設定にしているメアドに弾かれることがある。
→しかし今の時代、連絡はほぼLINE。
電話番号でのショートメールも可能なため、キャリア用メアドの必要性を感じない。
※キャリア用メアドとは、@docomo.ne.jp、@softbank.ne.jp、@ezweb.ne.jpなど

 

思い当たるのはこんな所で、SIMフリーにしたからといって不便な思いを感じたことはありません。

むしろ、何でもっと早くSIMフリーにしなかったのか後悔しました(苦笑)。

SIMフリー端末を準備する初期費用は必要ですが、格安スマホもあるし、SIM解除という方法もあるし、長い目で見ると金銭的な部分でかなりの節約ができ、私はメリットしか感じませんでした。

 

楽天モバイルでは楽天でんわを利用すると、電話かけ放題プランがあったり、通話代も安く抑えることができます。

在宅の場合は、LINE電話やiPhoneのFaceTime、スカイプを利用するなどして、
家のwi-fiを駆使すれば通話のための通信代もかかりません。

このように工夫さえすればいくらでも通信代も安く抑えることができます。

 

まとめ 〜SIMフリースマホとインターネット完備の環境は最強の組み合わせ〜

SIMフリースマホを契約し、さらには通信容量が少ない安いプランを契約
(私は、楽天モバイル3Gのプランを契約しています)


家にインターネット環境を導入することで、通信容量を気にすることなく
インターネットを楽しめる。


インターネット完備の住居だとなお良し

まとめるとこのような感じです。

私はこの方法でソフトバンク時代に比べると、今は月額約1万円の節約に成功しました。
1万円ってかなり大きいですよね!

光熱費を月1万円節約するって、かなり難しいです。
食費を1万円節約するのも、やりくりが大変です。
でも、通信費は乗り換えるだけ。簡単に節約できます。

通信費を節約したい方は、是非参考にしてみてください。



スポンサーリンク

関連記事はこちら