Photoshopテクニック

Photoshop画像加工で体型をスリムにする方法

こんにちは、emikiです。

過去に、Phtoshopの画像加工で、シミ・ホクロ・そばかすを消す方法、肌質を綺麗に見せる方法を紹介しました。

今回は、Photoshop画像加工で体型をスリムにする方法を紹介します。
Photoshop美容マジック!必見です!!



スポンサーリンク

Photoshop画像加工で体型をスリムにする方法

元画像はこちら。
今回は、こちらの画像の女性をスリムにしたいと思います。

女性画像の切り抜き

まずは、女の人だけを切り抜きます。
私はパス抜きをしましたが、切り抜き方法はどんな方法でも良いです。

 

体型を細くする(左側)

切り抜き後、女の人の体型を細く加工します。
まずは、画像の左側を細くたいと思います。

細くしたい(削りたい)部分を選択し、自由変形(⌘T)で右方向へに縮めるように、細くしていきます。

※違和感のある部分は後で補正します。

 

体型を細くする(右側)

続いて右側も補正していきます。
同じように、細くしたい(削りたい)部分を選択し、自由変形で左方向へ縮ませます。

※違和感のある部分は後で補正します。

 

気になるパーツを部分的に補正

さらに、気になるパーツを補正していきます。
右足太ももと、左足首をもう少し細くしようと思います。

やり方は、上の工程と同じですが、
指先ツールを使ってもOK。

指先ツールでなぞった方向に、画像が寄って(縮んで)いきます。



スポンサーリンク

違和感のある部分の画像補正

寄せすぎて凸凹になっている肌部分や、つなぎ目が不自然な部分をなじませていきます。

不要な凸凹を消しゴムで消してフラットにしていき、
修復ブラシツールで不自然な肌のつなぎ目部分をなじませます。

修復ブラシツールの詳しい使い方は、こちらの記事から
【Photoshopレタッチ〜初級編〜】そばかすを消す

 

右肩部分は、元画像からデータをコピーしてきて、補正していたレイヤーの上に貼り付けて
修復ブラシツールでなじませました。

処理がうまくいかない場合は、このように元画像を持ってきて、上に重ね合わせて、なじませて行く方法もあります。

 

足を長くする

もう少し見栄えを良くするために、足を長くします。

体を細くしたい部分を削るやり方と一緒で、
足を伸ばしたい部分を選択します。

 

自由変形(⌘T)で下に引き伸ばしていきます。

足が伸びました。

不自然になってしまうので、伸ばしすぎには注意しましょう。

 

完 成!

最後に、ほんの少しだけ頭を小さくし、ひとまず女の人への補正はこれで終了です。

Before(左側)、After(右側)を並べてみました。

 

背景を合成する

続いて、この女の人の画像に、新たな背景画像に合成したいと思います。

以前の記事で、背景合成のやり方について紹介しました。
合成の際の細かい注意点などはこちらの記事をご確認ください。

Photoshopで違和感なく画像を合成する方法

 

こちらの背景画像に女の人を移動します。

 

 

背景と色を合わせるために、女の人の色補正

背景画像の色と、女の人の色が合うように色補正をします。
女の人の画像に、新規調整レイヤーのトーンカーブをかけてなじませました。

 

光と影をつけ、2つの画像をより同化させる

女の人に光と影を加えて、背景となじませます。

左上あたりから、光が差しているので、体に光が当たっている箇所と、影になる箇所に的確に光と影をブラシで描いていきます。

光と影を描いたら、それぞれ描写モードの設定変更と、不透明度を下げます。
光はスクリーン、影は乗算にしています。

ちなみに、女の人が少し光をまとった雰囲気にしたかったので、光は人物からはみ出すくらいに塗ってみました。

 

続いて、人物自体の影を地面に描きます。
やり方は、上の影の付け方と一緒です。

影の映り方、なんだか微妙だな・・・

(すみません。。。)

 

最終微調整

光や影を微調整し、さらに2つの画像が同化するようにしていきます。

完成しました。

女の人に光が反射して、少し発光している雰囲気に仕上げてみました。

 

まとめ

今回は、Photoshopを使って人物を細くする方法を紹介しました。

Photoshopマジックで、肌質も綺麗に補正でき、体型さえも細く加工することができます。いくらでも、年齢や体型を理想通りに実現することができます。

いや〜Photoshopって本当にすごいですね!

現実でもPhotoshopみたいに、簡単に肌が綺麗になったり、痩せたりできるといいですね〜・・・(遠い目)

それでは最後に、補正済みのデータを貼り付けます。

あわせて読みたい
知らない人は損!アドビIllustrator・Photoshopの半額以下の格安入手法こんにちは、デザイナー歴10年のemikiです。 デザイナーにとってAdobe系ソフトは、「デザイナー三種の神器」の一つに必ず入るほど...



スポンサーリンク