デザイン向上委員会

【Photoshopレタッチ〜中級編〜】肌質をキレイにする

前回は、Photoshopを使ったレタッチのやり方、初級編を紹介しました。

こちらの初級編は、そばかす、シミ、吹き出物など、パーツの中の細かい部分を修正する方法でしたが、今回はPhotoshopを使ったレタッチ『中級編』として、肌のキメを整えたり、顔色のトーンを変えたり、お化粧を濃くしてみたり、顔全体の補正に挑戦したいと思います。



スポンサーリンク

【Photoshopレタッチ〜中級編〜】肌質をキレイにする

今回は、こちらの女性の写真を使いたいと思います。

大変失礼かと思いますが、毛穴が目立ち、化粧が浮いてしまっている印象ですね。。。
しかも化粧が濃いのか、顔と体の肌色の色が違います。

それでは、こちらの写真を補正していきたいと思います。

 

レタッチに入る前の準備

レタッチ作業に入る前に、まず最初に元画像のレイヤーを複製しておきましょう。
万が一失敗した時や、元画像からデータを使用する時のために、元の画像はレイヤーとして残しておいた方が良いです。

 

①ぼかしツールで毛穴をぼかす

Photoshopのツールパネルの「ぼかしツール」を使って、顔全体の肌をぼかしていきます。
肌をぼかすことにより、毛穴の凸凹をなくします。

上の画像をご参照ください。
左頬部分はぼかしツールでぼかしています。

このように、顔全体の肌部分をぼかしていきます。
あくまでの顔の肌部分の毛穴を消すためにぼかしているので、
目や口、眉毛などはぼかさないでください。

 

<補 足>
左頬あたりに髪の毛が少し乗っかってしまっています。
この髪の毛は修復ブラシツールを使って消しましょう。

この画像は顔の肌全体をぼかし、顔にかかっている髪の毛を消した状態のものです。

 

②修復ブラシツールとパッチツールでさらに肌の修正

ぼかしツールで肌をぼかしただけだと、まだ毛穴などの肌の凹凸が目立ちます。
「修復ブラシツール」「パッチツール」を使ってさらに肌のキメを整えていきます。

「修復ブラシツール」「パッチツール」の詳しい使い方は、こちらをご確認ください。
【Photoshopレタッチ〜初級編〜】そばかすを消す

 

途中経過です。。。
都度、全画面表示にして、全体のバランスを見ましょう。

 

③顔と体の色に違和感があるので、顔を黄色くする

元画像は、化粧が浮いてしまっている印象で、
顔の肌色は白いファンデーションの色なのに、体の肌色は顔より黄色っぽいです。

顔の色と体の色が合ってないと違和感を感じてしまうので、
顔の色を調整します。

まず、今まで作業してきたレイヤーとは別に、顔部分だけのレイヤーを作ります。

少し怖いですが(笑)、こちらのレイヤーに色変更の修正を加えていきます。

 

トーンカーブのRGBチャンネルをいじり、顔色を体の色に合わせるように黄色っぽくします。

トーンカーブは、

イメージ→色調補正→トーンカーブ

で設定できます。

顔の色と、体の色を合わせただけでも、印象が変わりますね。

 

④顔をさらに美肌にする

トーンカーブで、顔の色を調整したらそのレイヤーを複製します。
(上の画像のレイヤーパレットを参照ください。レイヤー名つけてなくてすみません・・・)

複製したレイヤーは元のレイヤーより上に持ってきた状態で、
レイヤーの描写モードを、スクリーン設定にします。

スクリーン設定だけだとかなり白くなってしまうので、
程よい明るさになるまで、不透明度を下げます。

 

スクリーン設定したのと同じレイヤーに、ぼかし効果を入れます。

フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)

毛穴がさらに消えて、肌の凹凸がなくなりました。

 

<補 足>
このままだと、目部分にもスクリーン効果が乗っかっていて、
全体的に霞みがかった印象になってしまうので、
目部分に消しゴムをかけて、白っぽい霞を取ります。

目に消しゴムをかけて、目力復活!!

さらに修正を加えていきます。

顔の輪郭部分の不自然さや、左側の髪の生え際部分、全体的な肌の調整など、細い部分を修正していきます。

おもに、ブラシ修復ツール・パッチツール・消しゴムを使用しました。
左側の髪の生え際部分は、ブラシ修復ツール・パッチツールではうまくいかず、ブラシツールを使って色を塗り足しました。



スポンサーリンク

⑤口紅の発色を鮮やかにし、潤いを持たせる

唇だけに効果を適用したいので、
唇だけのレイヤーを作ります。

 

唇のシワを不自然にならない程度に、修復ブラシツールで消します。

 

 

唇レイヤーの上に赤系の色を置き、描写モードの覆い焼き(リニア)で唇になじませ、
潤いを与えるため、唇の盛り上がっている部分にハイライトを入れます。

ハイライトは、ブラシで白色に塗って透明度を調整しているだけです。

 

⑥チークを入れる

ブラシツールでチークを塗り、描写モードのカラー比較(暗)と、不透明度を下げて肌になじませます。

 

⑦ハイライト&シャドウ

鼻筋など凹の部分にシャドウを入れ、顔に立体感を出します。

ラウン系の色をブラシで塗り、描写モード→乗算と、不透明度を調整して肌になじませます。

 

さらに、
おでこ、あごなど凸の部分にハイライトを入れ、顔に立体感を出します。

白色をブラシで塗り、透明度を調整して、肌になじませます。

 

もう、お化粧をしている感覚ですね(笑)。

 

⑧眉毛の調整

唇の工程と同じように、眉毛だけ抽出してレイヤーを作ります。

まずは、修復ブラシツールで眉毛を整えます。

眉毛だけレイヤーを、描写モード→焼き込みカラーと、不透明度を調整して、全体になじませ、キリッとした印象にさせます。

 

⑨アイシャドウ

チークと同じ要領で、ブラシツールでアイシャドウの色を塗っていき、

描写モード→カラー比較(暗)と、不透明度を下げて、なじませます。

塗り方のポイントは、通常のメイクと一緒で、きわの方に濃いカラーを置いていき、
だんだん薄い色をグラデーションしていく感じです。

 

<補 足>
元の画像は、目が少し充血しているので、ついでに白目に補正しています。
ブラシで充血部分を白く塗るように消していきます。

 

⑩髪の色合いの変更とハイライト

唇と同じ要領で、髪だけをざっくり抽出したレイヤーを作ります。

※髪の毛は、境目がとても繊細なので抽出がものすごく大変ですが、今回の場合は、大まかな抽出でも大丈夫です。

まずは、髪の毛に埃のようなものがあるので、修復ブラシツールで消して、整えていきます。

髪の色のトーンを全体的に変更し、統一感を持たせるため、レンズフィルターをかけます。

イメージ→色調補正→レンズフィルター

 

さらに、ハイライトをつけ、髪の毛に潤いを持たせます。

ブラシツールでハイライト部分を白色に塗り、描写モード→オーバーレイと、不透明度を下げて、なじませます。

 

完 成!!


拡大すると、不自然さが残ってしまうものの、なんとか完成しました。

そう!

レタッチのやりすぎは、不自然さが出てしまうので、ご注意ください!!

お化粧バリバリの画像はそこまで難しくないのですが、
ナチュラルに、より自然に、人間らしく、の方が案外難しかったりします・・・

 

そして、私のやり方が雑すぎて申し訳なかったのですが、
レイヤー分けはマメにするようにしてください!

元画像に直接修正を追加していくのではなく、例えば、唇を修正したいなら唇だけのレイヤーを作る、チークを入れたければチークだけのレイヤーを作るなど、パーツごとにレイヤー分けをしていった方が後々融通が利きます。

レイヤー分けをせず、元画像に修正を追加していった場合、チークだけ修正したい、眉毛だけ修正したいなど、パーツごとの修正作業に苦労してしまいます。

私は、レイヤー分けはしていたものの、レイヤー名をつけなかったり、フォルダ分けをしていなかったりで、(途中で気づいて、レイヤー名はつけましたが・・・)
あまりよろしくありませんね。

やはり、後々のことを考えると、
レイヤー名をつける作業や、マメなフォルダ分けも必要です。

 

それでは、最後に今回のレタッチのBefore、Afterを・・・

 

<Before>

<After>



スポンサーリンク

関連記事はこちら