Photoshopテクニック

制作時間1分!Photoshopを使った【超簡単】リアルタッチ絵画加工

今回は、Photoshopを使った写真加工を紹介します。

写真からリアルタッチ風の絵画に変換。

やり方も超簡単で、1分くらいで出来てしまうで、画像を使ったデザインを行うときに、画像のアクセントとして是非活用してみてください。

<注意>
スマートフォンなどの小さい画面で閲覧すると、画像のクオリティが伝わりづらいので
パソコンでの閲覧をオススメします。
もし、スマートフォンで閲覧する場合は、画像を都度ピンチしていただけるとクオリティが伝わると思います。m(_ _)m



スポンサーリンク

Photoshopを使った超簡単リアルタッチ絵画の加工手順

今回はこちらの画像をリアルタッチ風に加工します。

こちらの画像は、撮影環境も良く、被写体にも補正がかかっているので、このような画像は加工しやすいです。

 

まず最初に、画像をダブルクリックしてレイヤー化させて、準備を整えます。

 

何かあった時のために、元画像に加工を施していくのではなく、
元画像のレイヤーを複製してそのレイヤーに効果を加えていくことにします。
(レイヤー名:補正用画像)

 

Photoshopのメニューバー

フィルター → ぼかし → ぼかし(詳細)をクリックします。

 

半径:100.0
しきい値:100.0
画質:高
モード:標準

それぞれ設定して「OK」ボタンをクリックします。

 

少し分かりづらいかもしれませんが、画像の境界線付近が全体的にボケて、リアルタッチな絵画になりました。
(胸元やなびいている髪の毛を見ていただけると違いが分かると思います。)

しかしこのままだと目元や髪の毛が、まだ少しだけ写真っぽさが残っているので、さらになじませていきます。

 

Photoshopのメニューバー

フィルター → ピクセレート → 面を刻む をクリック

 

すると、リアリティの残っていた目元や髪の毛部分も絵画風になりました。

 

引きの画像だと分かりづらいと思うので、目元を拡大してみます。
左が、「面を刻む」フィルターを適用する前で、左がフィルター適用後です。

 

完成です。

引きの画像だと分かりづらいかな・・・
細かいディティールが気になる方は画面をピンチして確認してみてください。m(_ _)m

 

Photoshopを使った油絵風の画像加工

さらに、この画像にもう一手間加えて、
油絵のような味のある画像に仕上げたいと思います。

まずは、油絵の加工を施すために先ほど完成させた画像レイヤーを複製します。
(レイヤー名:油絵フィルター)

 

Photoshopのメニューバー

フィルター → 表現手法 → 油絵

をクリックします。

 

プレビューを確認しながら、自分がイメージする油絵の画風になるように各項目を設定していきます。

ちなみに私は、

ブラシ 形態:0.1
ブラシ スクリーン度:0.8
ブラシ 拡大・縮小:0.1
ブラシ 密度の詳細:0.0

光源 角度138度
光源 光彩1.9

と設定しております。

 

「油絵」フィルター適用後、油絵のタッチに深みを持たせるため、
「油絵フィルター」レイヤーの描写モードと不透明度の設定を変えます。

描写モード:乗算
不透明度:50%

好みによると思うので、この辺の設定は自分の好きなように色々いじってみてください。

 

完成です。

油絵風の加工ができました。

 

Photoshopを使えば簡単&スピディーに画像加工ができる

今回は、Photoshopを使ったリアルタッチ風絵画の加工のやり方を紹介しました。

Photoshopってすごいですよね〜
簡単ですよね〜

自分で思い通りに使いこなすようになるには時間がかかるかもしれませんが、Photoshop初心者でも簡単にできてしまうチュートリアルもたくさんあるので、そういったところから知識を深めていってください。

最後に白鳥もリアルタッチ風に加工してみました。

オリジナル画像

 

リアルタッチ風 絵画

 

油絵風 絵画

あわせて読みたい
知らない人は損!アドビIllustrator・Photoshopの半額以下の格安入手法こんにちは、デザイナー歴10年のemikiです。 デザイナーにとってAdobe系ソフトは、「デザイナー三種の神器」の一つに必ず入るほど...



スポンサーリンク