デザイン向上委員会

Photoshopのモノトーンと色相を使いおしゃれな広告風に魅せる!

こんにちは、emikiです。

ひと昔前に流行った、モノクロ画像の一部だけをカラーにするデザイン技法をご存知ですか?
当時はその方法が斬新でしたが、現在はある種、定番化された馴染みのあるデザインの手法となっています。

定番化されたデザインとはいえ、私も大好きな手法ですし、見せ方や表現の仕方、デザインの仕方によって、いかようにもカッコよくなります。

そこで、今回はモノクロ画像の一部だけをカラーにする技法と合わせて、色相を使ったカラーバリエーションの作り方も紹介したいと思います。



スポンサーリンク

Photoshopのモノトーンと色相を使いおしゃれな広告風に魅せる!

今回は、こちらの画像を使用します。

モノトーンと色相を使ったPhotoshop技法画像をアップにすると、少しだけ化粧ノリと毛穴が目立つので、そこだけ補正したいと思います。

肌のレタッチについてのやり方は、今回は割愛させていただきます。
興味のある方は、過去記事をご覧ください。

 

モノトーンと色相を使ったPhotoshop技法(レタッチ)レタッチした画像はこちらです。

元の画像がとても綺麗なので、ほんの少し手を加えただけです。

 

Photoshopで画像をモノトーン処理する

まずはレタッチした画像に、モノトーン処理をします。

最初にレタッチ済み画像のレイヤーを複製します。
この複製レイヤーにモノトーン処理を加えていきます。

モノトーンと色相を使ったPhotoshop技法イメージ→色調補正→色相・彩度

項目の「彩度」のバーを左側に寄せ、設定値を「-100」にします。

 

モノトーンと色相を使ったPhotoshop技法(彩度を下げる)彩度とは、文字どおり色の鮮やかさのことをあらわし、設定値を上げると色鮮やかになり、設定値を下げると色鮮やかではなくなります(=色がなくなる)。

なので、彩度の数値を限界まで下げると、モノクロ画像になるのです。

 

モノトーンと色相を使ったPhotoshop技法(トーンカーブ)彩度を下げた後、トーンカーブをつけて、少しコントラストのあるパッキリした画像にします。

イメージ→色調補正→トーンカーブ

この辺の画像処理は好みやイメージによるので、みなさんお好きなように調整してください。

ひとまず、こちらでモノクロ画像はできました。

簡単ですね。

彩度を下げることにより、カラーモードをグレースケールにしなくても、モノクロ画像を作ることができます。
グレースケルにしてしまうと、ファイルの色の情報をすべて破棄してしまいますが、彩度を下げるだけだと、見た目だけがモノクロの状態で、カラー情報は破棄していないRGBのままとなります。

モノクロ印刷をかける場合は、グレースケールにした方が良いのですが、今回はカラー部分もあるデザインのため、RGB(DTPの場合はCMYK値)を保持します。

また、彩度を−100まで下げたモノクロと、グレースケール設定のモノクロは、
RGBで形成している色と、白黒で形成している色なので、同じモノクロでも厳密には色も違って見えるのでご注意ください。

どちらの場合も、その他の色調補正を行い、自分のイメージに合わせていく必要があります。



スポンサーリンク

カラー部分の抽出

それでは続いて、カラーにしたい部分の抽出をします。

今回の場合は、唇をカラーにしたいと思います。

やり方は、簡単です。

まずは準備として、元のカラー画像からコピーした唇だけを抽出した「唇レイヤー」を作り、その唇レイヤーをモノクロ画像の上に置きます。

モノトーンと色相を使ったPhotoshop技法(唇抽出)これだけです!

モノクロ画像の一部分にカラーを追加することができました。

とても簡単ですよね!

 

カラー部分の色変更

さらに、「色相」を使い、口紅の色を変えて、様々な色のバリエーションを作ります。

毎度のことですが、修正する用のレイヤーを作ります。
唇レイヤーを複製して、複製レイヤーに色の変更を加えていきます。

イメージ→色調補正→色相・彩度

先ほど、彩度を設定した同じダイヤログボックス内に、「色相」という項目があります。
こちらのバーを右に左に移動すると色味を変更してくれます。

モノトーンと色相を使ったPhotoshop技法(色相)どんな色になるかは、元画像によって異なるので、自分でバーを動かしながら、プレビュー表示で確認しながら試してみてください。

 

モノトーンと色相を使ったPhotoshop技法(色相)色相を調整して、青のような紫のような口紅にしてみました。

境目や口の内側など、うまく色が乗ってくれない部分は、手作業で補正していきます。
修復ブラシツールや、ブラシツールで色を塗っていきます。

「色相」を調整すれば、簡単に口紅の色味を変更することができます。

 

モノトーンと色相を使ったPhotoshop技法(色相)「色相」の調整だけでなく、色の濃淡を付けるために、トーンカーブなどのその他の色調補正をしても良いです。
こちら上の画像の真っ赤な口紅の色は、「色相」と「トーンカーブ」で色の調整をしました。



スポンサーリンク

【仕上げ】Photoshopでモノトーン広告風に仕上げていく

モノクロ画像の中で、口紅だけ色が付いているという画像を作ってみました。

これらをパーツの一部として使い、広告っぽくデザインしてみました。

モノトーンと色相を使ったPhotoshop技法(広告風に仕上げた)

モノトーンと色相を使ったPhotoshop技法(広告風に仕上げた)画像をモノクロにして、一部だけ色をつけた画像処理のやり方は思いの外簡単なので、是非参考にしていただければと思います。

知らない人は損!Illustrator・Photoshop半額以下の格安入手法こんにちは、デザイナー歴10年のemikiです。 デザイナーにとってAdobe系ソフトは、「デザイナー三種の神器」の一つに必ず入るほど...



スポンサーリンク

公開日:2017年9月10日