デザイン向上委員会

Photoshopのエンボス機能を使い錆びた金属素材を作る

こんにちは、emikiです。

今回は、Photoshopだけを使って金属素材を作る方法を紹介します。

素材集や素材サイトを使わずに、1から金属素材を作ります。
ぜひ参考にしていただけると幸いです。


▲完成イメージ▲
錆びた感じの金属にロゴが刻印されているイメージ



スポンサーリンク

Photoshopで錆びた雰囲気の金属素材を作る


まずは、新規ドキュメントの作成を行います。

描画色は「黒色」、背景色は「白色」に設定しておきましょう。

 

金属素材のテクスチャーを作る下準備


金属っぽいテクスチャーを作るための下準備を行います。

「フィルター」→「描画」→「雲模様1」

 


雲模様のフィルターを適用します。

 


さらに続けて、同じレイヤーに効果を追加していきます。

「フィルター」→「ピクセレート」→「メゾティント」

 


メゾティントの設定を「粗いドット(強)」に設定します。

 


「雲模様1」「メゾティント」の効果を加えたレイヤーに、レイヤー名を設定しておきます。
(レイヤー名:Base)

 

ベースにさらに効果を加えていく


「Baseレイヤー」を複製します。

複製したレイヤーにさらに効果を加えていきましょう。

 


「選択範囲」→「色域指定」を使って選択範囲を作ります。

よりリアルな表現にするために、効果を適用する部分を抽出するためです。

 


「色域指定選択」とは、同じ色を選択範囲として抽出してくれる機能です。

今回は、画像の黒い部分を抽出したいので、不要な白い部分を削除します。
なので、色域指定のスポイトで、白い部分の色を拾います。

 


画面上だと見にくいかもしれませんが、白色の部分が選択されている状態になっています。

選択した状態で「delete」キーを押すと、白い部分が削除されます。

 


分かりやすく赤背景を敷いてみると、このような仕上がりになります。

※赤背景は、選択範囲を見やすくするためだけに作ったので、本来は必要がないレイヤーです。

 


黒い部分だけを抽出したレイヤーに、さらに効果を加えます。

「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」

 

「ぼかし(ガウス)」の効果は、半径4.0pixelと設定しました。

複製したレイヤーに関しての効果は、以上で完了となります。

 

もう一段階効果を加えていく


一番最初に作成した、Baseのレイヤーを再度複製して、レイヤーの最上部に移動します。

 

先ほどと同様に、色域指定のスポイトで「白色」の部分を拾い、選択範囲を作成します。

 


選択範囲にある白い部分をdeleteキーで削除します。

すると、上の画像のような黒い模様が抽出されます。

※画面上の赤は、黒い部分を見やすくするために敷いているだけなので、本来は必要ありません。

 

エンボスを使って金属の錆部分を作る


先ほど作った一番上にあるレイヤーをダブルクリックして、「レイヤースタイル」の編集画面を出します。

ここから、エンボス加工を施して、金属の錆のようなを演出します。

 


「ベベルとエンボス」にチェックを入れ、数値を設定していきます。

  • スタイル・・・ベベル(内側)
  • テクニック・・・ジゼルハード
  • 深さ・・・136%
  • 方向・・・上へ
  • サイズ・・・10px
  • ソフト・・・0px
  • 角度・・・90度
  • 高度・・・30度
  • 光沢輪郭・・・上の画像参照
  • ハイライトのモード・・・スクリーン
  • 不透明度・・・50%
  • シャドウモード・・・乗算
  • 不透明度・・・76%

 


「グラデーションオーバーレイ」にチェックを入れ、数値を設定していきます。

  • 描写モード・・・通常
  • 不透明度・・・49%
  • 角度・・・137度
  • 比率・・・96%

以上でレイヤースタイルの設定は完了です。

すべての設定が終わったら「OK」ボタンをクリックしましょう。

 


レイヤースタイルを施したレイヤーの描写モードを「オーバーレイ」に変更します。

だんだんと、金属っぽいテクスチャーに見えてきませんか?

 

色を着ける(下地)

仕上げに、着色をおこないます。


着色用に新規レイヤーを作成します。
(レイヤー名を「金属グラデーション」としました。)

 


新しく作ったレイヤーにグラデーションをかけていきます。

グラデーションの色合いは、銅板に見えるような、茶色~おうど色で作ってください。

 


「グラデーションツール」で先ほど作った色のグラデーションを適用します。
グラデーションを開始したい位置から、グラデーションをかける方向へなぞると、完成します。
(今回は、斜め方向にグラデーションをかけたいので、左上から右下に向かってグラデーションをかけました)

 

色を着ける(全体)


色合いに、もう少し深みをもたせるために、さらに全体的にグラデーション効果をかけましょう。

「レイヤー」→「新規塗りつぶしレイヤー」→「グラデーション」

 


錆びた感じの金属を演出したいので、茶~青緑~赤茶色のグラデーションをつくってみました。

 


斜め方向にグラデーション効果を適用したいので、グラデーションの角度を120度に設定。

 


グラデーションレイヤーの描写モードを「ハードライト」に設定すると、金属素材の完成です!

 

金属素材にロゴを合成する

金属素材が完成したので、その上にロゴを合成してみましょう。


当ブログのタイトル「スケボーに乗った猫」のタイトルロゴをそれっぽく合成してみたいと思います。

こちらのロゴはIllustratorで作成したので、Illustratorのデータからそのままコピー&ペーストをして使用します。

 


「スケボーに乗った猫」
「The cat which got on the skateboarding」

こちらの部分のロゴをコピーして、Photoshopに貼り付けます。

 

レイヤースタイルを適用してロゴにエンボス加工を施し、金属面と合成させましょう。

 


「ベベルとエンボス」にチェックを入れ、以下のように設定します。

  • スタイル・・・ピローエンボス
  • テクニック・・・ジゼルハード
  • 深さ・・・75%
  • 方向・・・上へ
  • サイズ・・・7px
  • ソフト・・・0px
  • 角度・・・90度
  • 高度・・・30度
  • 光沢輪郭・・・上の画像参照
  • ハイライトのモード・・・スクリーン
  • 不透明度・・・60%
  • シャドウモード・・・乗算
  • 不透明度・・・76%

 


ベベルとエンボス内にある「テクスチャ」にチェックを入れ、タイルのようなパターンを選びます。

 


さらに、レイヤースタイルの「シャドウ(内側)」にチェックを入れ、以下のように設定します。

  • 描画モード・・・乗算
  • 不透明度・・・35%
  • 角度・・・90度
  • 距離・・・28px
  • チョーク・・・0%
  • サイズ・・・29px

 


「ベベルとエンボス」「テクスチャ」「シャドウ(内側)」を適用した感じがこちらです。

 


続いて、タイトルロゴの下に透かしで入っている「Skate×Design」というオブジェクトも追加していきましょう。

 


Illustratorから、「Skate×Design」オブジェクトをコピー&ペーストします。

Illustratorの元の不透明度が10%程度なので、上の画像だと貼り付けても見えづらいとは思いますが、Photoshopへの貼り付けは、きちんと完了しています。

 


「Skate×Design」オブジェクトにもレイヤースタイルのエンボス加工を加えていきましょう。

「ベベルとエンボス」にチェックを入れ、以下のように設定します。

  • スタイル・・・ピローエンボス
  • テクニック・・・ジゼルハード
  • 深さ・・・135%
  • 方向・・・上へ
  • サイズ・・・7px
  • ソフト・・・0px
  • 角度・・・90度
  • 高度・・・30度
  • 光沢輪郭・・・上の画像参照
  • ハイライトのモード・・・スクリーン
  • 不透明度・・・20%
  • シャドウモード・・・乗算
  • 不透明度・・・76%

 


完成しました!

錆びた金属に、刻印されたようなロゴをイメージした作品です!

 

最後に

いかがだったでしょうか。
Photoshopを使って、錆びた雰囲気のある金属素材を作成しました。

素材集や素材サイトからデータを引用しなくても、1から自分でPhotoshopを使って素材を作り上げることができます。

加工のかけ方や、設定値、色合いを変えるだけでも、また違った面白い出来になるので、当記事を参考にしていただき、いろいろ作ってみてください!

当ブログでは、そのほかにもPhotoshopだけで素材を作る方法を掲載しているので、興味のある方は、ぜひ参考にしてください!



スポンサーリンク