Photoshopテクニック

Photoshop合成「コンテンツに応じる」が凄すぎる!!

こんにちはemikiです。
またまたPhotoshopのすごさを紹介する回です。

以前、
【Photoshopレタッチ〜初級編〜】そばかすを消す

【Photoshopレタッチ〜中級編〜】肌質をキレイにする

というPhotoshopのレタッチのやり方について紹介しましたが、今回はPhotoshopを使った、もっと簡単な合成の方法を紹介します。

それは、「コンテンツに応じる」機能です!



スポンサーリンク

「コンテンツに応じる」を使って、超速!!画像補正

こちらの画像の赤で囲んだ部分の雲を消します。

通常、補正をかけるなら
修復ブラシツールやスタンプツールなどを使って、消していくでしょう。

しかし、「コンテンツに応じる」機能を使えば一瞬で雲を消してくれます。

しかも、やり方は超簡単!!

 

①消したい部分を選択範囲で囲む

まずは、消したい雲を選択ツールで囲みます。
私は、なげなわツールで適当に選択しております。

 

②「コンテンツに応じる」を設定

メニューバーから、編集→塗りつぶしを選択し、

内容を「コンテンツに応じる」に設定し、OKボタンを押します。

※ショートカットキーを使えばさらに一瞬で「コンテンツに応じる」の効果を適用してくれます。

MACの場合のショートカットキーは、[shift]キー+[F5]キーです!

 

③完 成

見事、雲が消えました。
一瞬で完成です!!

雲が消え、雲があった所に空を形成してくれています。

Photoshopが周りの情報を拾い、どういった合成にしたら適切かを瞬時に判断してくれているのです。

いや〜
本当にすごい技術ですね〜!
この機能を使えば、誰でも簡単に合成ができてしまいます。

しかし、完成画像をよく見ると、合成によるつなぎ目のような少し不自然さが残っています。そこは制作者の方で確認して、修復ブラシツールなどで綺麗に整えましょう。

それでは、さらに適用例をあげていきます。

 

笑じわを消す


顔のニキビやシミ、シワなどは一瞬で消せます。

同系色の中に、ポツンと違う色がある場合は、コンピューターも認識しやすく、
簡単に消すことができるようです。

 

建物を消す


建物を一瞬で消せました。
すごい!!

上手に選択範囲外の情報を拾って、合成されています。
しかし、建物を消した付近の画像をよく見ると違和感があるので、
最終的には人の手での補正は不可欠となります。

 

【注意点】コンテンツに応じる機能でうまく合成できないものもある

こちらの、夏を感じさせる清涼感のある素敵な写真。
風鈴を「コンテンツに応じる」で消してみます。

 

なんの違和感もなく風鈴を消すことができました。

相変わらす、すばらしい合成っぷり・・・

 

 

それでは続いて、
すだれにかかったアサガオを「コンテンツに応じる」で消してみたいと思います。

画像では見えにくいかもしれませんが、
アサガオの周りを選択ツールで囲んでいます。

 

アサガオは確かに消えました。
しかし、アサガオの後ろにあった「すだれ」がうまく復元されていません。

「コンテンツに応じる」機能は、このようにすべてにおいてうまく合成してくれるわけでありません。

背景が複雑なものは、生成されにくいのです。

さらに例をあげていきたいと思います。

 

分かりにくかもしれませんが、
ビル手前にある木を、選択ツールで選択しています。

この木を「コンテンツに応じる」で消したいと思います。

 

ビル手前の木を「コンテンツに応じる」で消すと、
上の画像のように、木は消えたものの、ビルがうまく復元されていません。

このように、対象のものを消すことができても、消した後、復元のための合成処理が難しい画像もあります。

特に、規則的に並べられた人工物などは、コンピューターで正確に認識して復元することが難しいのだと思います。

反対に、木や雲など自然のもの(規則性がないもの)は、消しやすく復元されやすい傾向にあります。

 

先ほどの画像ですが、右上にあった木を「コンテンツに応じる」で消してみました。

ほぼ違和感がない状態で、消す&復元がされています。

背景がシンプルなものの方が正確に復元してくれやすいのです。

先ほどの、すだれにかかっているアサガオの画像ですが、すだれは規則的で複雑な構造のため、コンピューターでは認識しづらく、復元がしにくいのです。

一方、背景が空などシンプルな構造のものは、コンピューターも認識しやすく、復元もしてくれやすいようです。

 

まとめ

「コンテンツに応じる」は非常に便利な機能ですが、画像によってはまったく使えないものもあります。

そこを自分で判断して、「コンテンツに応じる」と合わせて、その他合成技法を駆使して修正していく必要があります。

肌の吹き出物や、青空にポツリと浮かぶ雲など、同系色の中に一部だけ違う色(補正したい部分)がある場合などは、コンピューターが識別してくれやすいので、「コンテンツに応じる」で簡単に補正することができます。

画像によっては様々な合成技術は必要ですが、簡単な合成なら「コンテンツに応じる」で十分対応できます。

あわせて読みたい
知らない人は損!アドビIllustrator・Photoshopの半額以下の格安入手法こんにちは、デザイナー歴10年のemikiです。 デザイナーにとってAdobe系ソフトは、「デザイナー三種の神器」の一つに必ず入るほど...



スポンサーリンク