Photoshopテクニック

PhotoshopカラーハーフトーンでPOPなコミック調コラージュ

こんにちは、emikiです。

今回は、Photoshopの「カラーハーフトーン」効果を使って、POPでコミック調な、一味違った画像処理方法を紹介したいと思います。

Photoshop小技テクニックとして、是非参考にしてみてください。



スポンサーリンク

カラーハーフトーンでPOPなコミック調コラージュ画像を作成

男の子画像の切り抜き

まずは、こちらの男の子の画像を切り抜きます。
紙から切り抜いたようなイメージのコラージュ画像にしたいので、人物の輪郭をきちんと切り抜くのではなく、大まかに男の子を切り抜きます。

切り抜きたい部分を大まかに選択範囲で囲み

 

選択範囲外の背景を切り抜きます。

 

レイヤースタイルで、紙の立体感を出す

レイヤースタイルのドロップシャドウを適用して、切り抜き画像に影をつけて、紙のペラペラ感や立体感を出します。
※レイヤースタイルは、適用したいレイヤーをダブルクリックすると、「レイヤースタイル」ダイヤログボックスが出てきます。

 

カラーハーフトーンの適用

男の子のレイヤーを複製して
上にあるレイヤーの方に、カラーハーフトーンの効果をつけます。

フィルター→ピクセレート→カラーハーフトーン

 

カラーハーフトーンを適用しました。

カラーハーフトーンの設定ダイヤログボックスでは、
「最大半径」「チャンネル1」「チャンネル2」「チャンネル3」「チャンネル4」の数値の設定ができます。

カラーハーフトーンの数値は、表現したいものや、好みで設定して大丈夫ですが、私はチャンネル1〜4の数値を同じにすることが多いです。

同じ数値にした方が色にバラつきがなく、まとまったカラーハーフトーンになるからです。

 

見にくいかもしれませんが、

左側の画像が、チャンネル1〜4の数値を全部バラバラに設定していて、
右側の画像は、チャンネル1〜4の数値を全部揃えています。

数値を揃えると、色のバラつきがなく、全体的にまとまりがある感じに見えませんか?

 

描写モード、不透明度の設定

カラーハーフトーンの設定が完了したら、描写モードをオーバーレイ、不透明度を40%にします。
(描写モードは様々ありますが、自分の好みの設定にしてみてください。どれも味があり、面白く仕上がります。)

カラーハーフトンを適用する前に、必ずレイヤーを複製して、上のレイヤーに効果をかけます。描写モードと不透明度で、下のレイヤーとなじませることで味が出てきます。

 


ちなみに、カラーハーフトーンの最大半径の設定は、
設定値を小さくすると一つひとつの丸の大きさが小さくなり、
設定値を大きくすると、丸の大きさも大きくなっていきます。

カラーハーフトーンの最大半径を4pxにしたのがこちら画像です。
用途や雰囲気に合わせて、最大半径の設定を変えるのも面白いです。

 

装飾・仕上げ

それでは、カラーハーフトーンを適用した男の子の画像を使って、
仕上げと装飾をして完成です。

先ほどのカラーハーフトーンを適用した男の子の画像に、さらに子供達の画像を加えてみました。
子供達の画像は、カラーハーフトーンで仕上げ、紙から切り抜いたコラージュ画像のようなイメージです。

背景に、木目と蔦の素材を持ってきて、「KID’S ROOM」というロゴを合成しました。

いかがでしたか?

カラーハーフトーンを使うと、ポップで可愛らしく、コミック調の画像を作ることができます。

やり方も簡単なので、ぜひ活用してみてください!

あわせて読みたい
知らない人は損!アドビIllustrator・Photoshopの半額以下の格安入手法こんにちは、デザイナー歴10年のemikiです。 デザイナーにとってAdobe系ソフトは、「デザイナー三種の神器」の一つに必ず入るほど...



スポンサーリンク