スケートボード

コラージュでデザインを俯瞰で見る力を養う【スケボー×猫】

こんにちは、emikiです。

今回は、「コラージュ」についての記事です。
コラージュという手法はみなさんご存知ですか?

通常の描画法によってではなく、ありとあらゆる性質とロジックのばらばらの素材(新聞の切り抜き、壁紙、書類、雑多な物体など)を組み合わせることで、例えば壁画のような造形作品を構成する芸術的な創作技法である。

出典 Wikipedia | コラージュ


出典 Wikipedia | コラージュ

まったく違う素材同士を切り貼りして、一つの作品に仕上げていく手法です。

新聞や雑誌などの紙面をハサミで切り取って、ノリで貼り付けるアナログ手法もありますが、Photoshopなどの画像ソフトを使えば、様々な素材サイトから画像を引っ張ってきて、デジタル手法でのコラージュ作品を作ることができます。

コラージュを使うとに賑やかで、一味違った作品を作ることができ、私も大好きな手法です。

今回は、そんなコラージュについて紹介したいと思います。



スポンサーリンク

コラージ作業は意外に難しくて時間がかかる

コラージュは、既存であるものを切り貼りするだけなので「簡単じゃん!」と思うかもしれませんが、作業は意外に難しく時間がかかります。

まず、マッチする素材探しに時間を費やし、さらには、それら素材の組み合わせを何通りも考えるからです。

コラージュはあえて、バランスを崩したり、ごちゃごちゃさせたりしているので、そのバランス加減やごちゃごちゃ具合は適切かどうかを、常に確認しながら作業を進めていかなければなりません。

「この画像とこの画像の組み合わせいいね!」と思って、パソコン上で合成してみると、意外にミスマッチだったということも多くあります。

頭の中でイメージはできているけど、どうしてもそのイメージに近い画像が見つからない場合もあり、見つけるまで探すか、自分で作るか、そのイメージ案自体取りやめるかなど、しなければならないこともあります。

コラージュは素材が命ともいえます。

だから、素材を選定したり組み合わせたりする作業は、意外にも時間がかかってしまうのです。

 

コラージュでデザイン全体を俯瞰で見れる力を養う

コラージュ制作は、物をバランスよく配置したり、物と物の間を意識した空間作りをする力が必要になってきます。

作品全体を俯瞰で見ることができないと、見ていてなんだか違和感のあるコラージュ作品に仕上がってしまいます。

 

デザインにも「全体を俯瞰で見れる能力」が必要なので、コラージュ作業をこなしていると、そういった基礎的なデザイン力を養うことができます。

 

パズルのように「あっこれだ!」と、しっくりくるパーツ(素材)を組み立てていくコラージュ作業は、時間も忘れて没頭してしまいます。

この組み立てていく作業は、デザインをしている時にも感じる感覚でもあります。


懐かしき、学生の頃の作品。
私は学生の頃からコラージュが好きで、コラージュを元にした作品をよく作っていました。

 

デジタルでコラージュをする際の注意点

私は、コラージュをする際Photoshopを使用します。

アナログでの手作業と違い、デジタルでのコラージュ制作は、修正もでき、一時保存もでき、間違えたら取り消しもできるので、便利なものです。

Photoshopなどのデジタルで、コラージュをする際に気をつけた方が良いポイントを紹介したいと思います。

 

ポイント① コラージュといえど、ある程度は画質は揃える

場所、時間、撮影環境などが異なる様々な素材が一つの画面に集まるので、
集めた素材は、色味や画質を揃えた方が画面全体の統一感が出ます。

これは、以前の合成に関する記事でも少し触れているので、
もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご確認ください。

しかし、コラージュは、統一感がなくバラバラな風合いが、ひとつの味とも言えるので、一概にすべてそうとは当てはまりませんが、

バラバラだからこそ、ある程度どこかしらに統一感を持たせないと、
本当にただの「バラバラで統一感のない見づらい作品」になってしまう危険もあります。

 

ポイント② コラージュなのであえて不自然に見せる

合成は完璧にリアルを求めますが、コラージュは少し不自然な方が「らしさ」が出ます。

ポイント①とは少し真反対ともいえるかもしれませんが、違和感がない程度に色味や画質を揃えるだけで完璧に揃える必要はありません。

画像と画像のつなぎ目は、違和感のない合成として完成させるのではなく、少しだけ「いかにも合成しました風」で画像を組み合わせた方が、コラージュの良さが出てます。

合成はいかに違和感なく周りになじませるかですが、コラージュは多少、違和感があった方がそれが味になります。

 

ポイント①と②が真逆なように捉えることもできて、ややこしいのでまとめると、

『コラージュに使用する画像は、リアルに違和感なく合成するのではなく、
色味を違和感のない程度に揃えて画面全体に統一感を出し、画像のつなぎ目が、少々雑でも(対象物を完璧に切り抜かなくても)それがコラージュの味となる。

ということです。

 

【Photoshop】スケボー×猫のコラージュを作ってみた

スケボーと猫のコラージュを作ってみました。

私の趣味が爆発していますが(苦笑)、自分の好きなもの同士のコラボレーションって、作っていてテンションが上がってくるものです。

みなさんもまずは初めは、自分の好きなものばかりを並べたコラージュ画像に挑戦してみましょう!

また、私は学生の頃、アナログ手法の切り貼りコラージュもやっていて、常にスクラップブックを持ってネタ帳にしていたものです。
最近は作っていませんが、当時のスクラップブックを見て、ネタ探しにも活用しています。

 

最後に、スケボー、サーフィン、スノボなどストリート系のスポーツに興味がある方ならご存知と思いますが、Volcomというストリート系(サーフ系)のアパレルブランドがあります。

Volcomは、コラージュのようなビジュアルイメージの洋服や広告物を作っているイメージが強く、私はとても惹かれるものがあり、大好きなブランドです。

Volcom
http://www.volcom.jp

Volcomは、私にかなり衝撃を与えたブランドで、常に参考にしているデザインやアートのひとつでもあります。



スポンサーリンク

スケボーを始めたい女性はこちらの記事へ
関連記事はこちら