絵日記ブログ運営考察

初心者向け!絵日記(漫画ブログ)の書き方と読まれる戦略

自身の体験や日常を漫画で綴ったブログが昨今流行っていますね。
コミックエッセイ、エッセイ漫画といった類のブログ版。

インターネットやSNSが発展した今では、プロの漫画家ではなくても、アマチュアでも素人でも簡単に漫画を投稿して世間に作品を公開することができます。

そう!趣味レベルでも、誰でも気軽に、ブログで自分の漫画を公開することができるのです。

実は私も、弱小ながらも漫画ブログの運営者でもあります。

今回は、初心者でも簡単に始められる漫画ブログの描き方と、読まれるための戦略を紹介します。



スポンサーリンク

【戦略1】漫画ブログを始める前に知っておくべきポイント

自身の日常を題材にするブログの場合、自分を中心とした周りの登場人物を決めたり、過去にあった面白いエピソードや今日あった楽しかった出来事を漫画で紹介します。

自分の経験談や、日常に起きたことを題材として扱うので、ネタ切れすることがほとんどないのがエッセイ漫画の嬉しいメリットとも言えます。

私は通常のブログ運営も行っているのですが、常にネタ切れ状態で、ネタを考えるのに大変苦労しています(苦笑)。

一方漫画ブログは、現在進行形でネタを得ることができるので、構想の時間は短くて済みます。

しかし、ネタ選定に困らず、誰でも簡単に始められる反面、日常のことを淡々と綴るだけだと、インパクトに欠けてしまいます。
赤の他人の日常を綴るだけの漫画だと、正直読者
も興味が惹かれず読む気もしません。

または、「身内ノリ」状態で、身内以外の読者は置いてけぼり。
ということにもなってしまいます。

結果、読まれない漫画ブログになってしまうのです。

 

完全に趣味で、身内だけで楽しめればいいや〜っていう人は、問題ないのですが、読者を増やしたい、いろんな人に読んでもらいたいと思うのであれば改善が必要です。

そう。読まれる漫画ブログ(絵日記ブログ)には、ある程度の戦略が必要なのです。

その戦略を、現在人気の漫画ブログを分析しながら、私自身も考察してみたので紹介します。

 

人気漫画ブログになるためのストーリー決め、キャラ設定

人気の出る漫画ブログはある程度の共通点があります。
その共通点を自分の漫画にも取り入れてブログを運営してみましょう。

 

①更新頻度は多い方が良い

毎日更新とまでは言いませんが、最低でも週に2・3数本はブログをアップした方が定期的に読んでくれる読者も増えます。

そして、トップクラスの絵日記ブロガーはほとんど毎日更新を徹底しています。
上を目指したいのであれば、毎日更新した方が良いことは明確です。

 

②読者の共感を得ることができるネタを提供する

読者に共感してもらえるようなあるあるネタや、読むと知識として得られるようなことをネタとして扱いましょう。

ただの日常を綴るよりも、日常を通して読者に「共感」や「知識」を提供するネタの方が読者の興味をひくことができ、うまくいけばブログのリピーターになってくれます。

だから、共感とノウハウの両方を得ることができる育児系ブログは絶大に人気なのです。

 

③登場人物のキャラ設定を少し大げさにする

人気の漫画ブログは、登場人物がみんなキャラ立ちして個性的です。
エッセイ漫画なので登場人物は実在する人物なのですが、きちんとキャラ設定が考えられているので、読者も読んでいて面白いのです。

正直、キャラ設定など多少盛っている?と感じる部分もあるのですが(苦笑)、エンターテイメントを提供していると捉えれば、アリはアリでしょう。

※読者を失望させたり騙すような「盛り」や「嘘」は厳禁です。

 

④誰もが経験できないようなことをネタにすると興味を惹くことができる

自転車で日本一周しました!
珍しい動物飼ってます!
レアな仕事をしています!
30代でおばあちゃんになりました!

など、誰もが簡単には経験できないようなものをブログのテーマにすると読者を惹きつけやすいです。

人とは違った経験は、自分の武器となるので、是非ネタとして扱ってみてください!

 

⑤ストーリーに合った絵柄を追求する

絵柄も漫画においては大切なポイントです。
当たり前ですが、絵は上手いに越したことはありません。

漫画ブログを描き始めて1年経つ私も、ストーリーをより魅力的に伝える絵柄を今現在も絶賛模索中です。

私も痛いほどわかるのですが、画力が短期間で向上することは難しいです。

絵にまだ自信がない人は、まずは絵を丁寧に描くことから始めましょう。

画力が素人で雑な絵と、画力は素人だけど丁寧に描かれている絵とでは、確実に後者の方が好感がもてますよね。

画力向上はブログを運営していくうちにどんどんついていきます。

あまり大きい声では言えませんが、絵が上手くて人気の漫画ブロガーさんの過去作品を見てみてください。あれ?って思う人も中にはいますから。

 

絵や漫画に自信がなくても、ストーリーや物語性がきちんと練られていれば読者はつく

最初から絵に自信がない人は、ストーリー展開や世界観をきちんと確立させた作品を作るようにすると読者がつきやすいです。

しかし、身内ノリ作品と紙一重になってしまう可能性もあるので注意!
常に自分の作品を客観的に見ることができる能力も必要です。

 


主に漫画ブログは、画像「図A」か「図B」の様な見せ方があります。

図Aの方法だと、絵と漫画でストーリーを伝えなければならないので、画力に合わせて漫画の構成力も必要になってきます。

一方、図Bの様に、文章をうまく組み合わせて、挿絵のように絵を展開していくので、漫画の構成力がそこまでなくても、文章で補えます。

しかし、間の取り方や、ブログ内の文章や言葉選びを上手くしないと、伝わりづらくなるし、世界観も壊してしまうので、どちらにせよ、ストーリーや起承転結を練る努力は必要なのです。



スポンサーリンク

【戦略2】漫画ブログを公開する媒体決めは重要

ストーリーや絵柄の考案と同時に自分の漫画ブログを公開する媒体を決めます。

公開方法は主に、「ブログ」か「SNS」の2択だと思いますが、自分に合ったものを選びましょう。

ブログでの公開か、SNSでの公開か、それぞれのメリット・デメリットを挙げて行きたいと思います。

 

ブログで漫画を公開するメリット・デメリット

ブログで自分の漫画を公開する場合は、無料ブログ独自ドメインブログか、どちらかのブログ運営を選ぶこととなります。

無料ブログとは、読んで字のごとくブログ運営にお金がかかりません。

主に、アメブロ・ライブドアブログ・はてなブログ、fc2ブログとあります。
(※プランによって有料のブログもあります。)

独自ドメインブログとは、自分でサーバー代(エックスサーバー)と、ドメイン代(お名前.com)の費用を払って運営します。

WordPressなどのCMSを使うことが主流です。

 

無料ブログと独自ドメインブログのメリット・デメリットは、過去記事で触れているので、興味のある方はこちらをご覧ください。

 

ブログで漫画を公開するメリット

・アドセンスやアフィリエイトを使った収益化を狙える
→成功すればブログ飯も可能。
ブログによる収益を得る具体的な方法は、こちらから

・無料ブログの場合、各ブログのポータルサイトからの集客が見込める
→WordPressの場合はポータルサイトが存在しないので、SNSでの拡散か、はてブを狙う必要がある。

・独自ドメインの場合、ブログ自体が自分の財産となる
→自分のブログが突然消される心配がない

・SNSと連動することができるので、SNSからの集客も見込める

 

ブログで漫画を公開するデメリット

・開設に手間がかかる
→無料ブログはそんなに難しくないが、独自ドメインとWordPressは、初期設定に知識が必要。

・無料で始めることもできるが、独自サイトを運営する場合はサーバー代やドメイン代がかかる
→自分の財産となる分、お金がかかる。

・SEO的に検索流入を狙うことが難しく、読者を増やすことが厳しい
ブログ運営最大のデメリット。

通常のブログと漫画ブログの両方を運営している私なので、身を以て体感しています。

SEO効果が期待できない漫画ブログは、検索からの流入は少ないです。

ブログ集客における最大の武器「検索流入」が期待できないため、無料ブログのポータルサイトの力を借りたり、ランキング登録したり、SNSで拡散をしたり、外部の力を使う必要があります。

SEOに関しては少し話が難しくなるので、興味のある方はこちらからご確認ください!
↓↓↓↓↓

 

SNSで漫画を公開するメリット・デメリット

続いてはSNSで漫画を公開する場合です。
SNSは、ツイッター、インスタ、ピクシブ、フェイスブックが主流です。

SNSで漫画を公開するメリット

・無料で気軽に始められるので敷居が低い

・リアルな友人・知人にも読んでもらいやすい

・ブログに比べて簡単に投稿しやすい
→ブログの管理画面のようにややこしくなく、簡単に投稿できる。

・拡散力があるので、バズるとデカイ
SNSの最大のメリットはコレ。
ブログよりも拡散するハードルが低いので、拡散力が高い。
上手くいくと数千・数万の人へ一気に拡散される。

・SNSで人気が出ると、ブログ運営会社や出版社からスカウトされることがある
→スカウト!嬉しいですね〜

 

SNSで漫画を公開するデメリット

・SNSだけでは収益化しづらい
→本の出版、スポンサー獲得などのスカウトを待つしかない。

・メリハリをつけないと「いいね」「コメント」「フォロワー」の数を気にしすぎてしまう
→いいね返しやコメント返しに時間が取られる。SNSを何度も確認して依存しがちになってしまうので、時間を決めて閲覧した方が良い。

・SNS無精の人は向かない
→いいね返しやコメント返しに時間が取られるのはもちろんのこと、他のブロガーさんとの交流もSNS上で自ら率先して行った方が良いので苦手な人には向きません。
※率先して交流をする必要はないが、他のブロガーさんと仲良くなることにより拡散してもらえるし、フォロワーも増える。

 

ブログとSNS、結局どっちで漫画を公開すればいいの?

とにかくたくさんの人に漫画を読んで欲しい場合は、SNSでの拡散を狙う。
マネタイズしたい場合は、ブログで堅実に運営する。

自分がどうしたいかで展開方法も変わると思います。

極端な話、ブログにもSNSにも両方に投稿してもOKなのです。

ブログだろうがSNSだろうが、人気が出たもの勝ち。
人気が出れば、出版社やブログ運営会社からスカウトも期待できます。

成功者はほんの一握りで、難しい世界だとは思いますが、まずは漫画の人気を出すことが、スタートなのかもしれません・・・

 

【戦略3】実践!ブログを描いてみる

漫画を描く場合、「手描きの絵」「デジタル絵」「手描き+デジタル絵」とだいたいこの3種類に分けられると思います。

オール手描きで描く場合必ず注意したいこと

下書き、ペン入れ、着色などすべての行程を手描きで行う場合は、完成品をネットにアップする場合、スキャナーにかけるか、写メを撮る人が多いと思います。

特に、完成した絵の写メを撮って、そのまま画像をアップしている人を見かけますがすごく勿体無いです。

影が写り込んでいたり、画面の並行が取れていなかったり、光と陰で色味が変色して見えたり、せっかく綺麗に描いた絵の良さが伝わりません。

だから、最低限の画像補正をしてからアップするようにしてください。
見栄えと完成度が全然変わるので。

スマホだけでも、アプリを使えば画像加工は簡単にできるので、手描きの絵をブログにアップする時は加工もお忘れなく!!



スポンサーリンク

デジタル絵に挑戦

慣れるとマジで便利なデジタル絵。

ペンタブの使い方や、ペイントソフトの使い方などたくさん覚えることがあるので大変ですが、覚えてしまうとアナログがより時短になり効率的に絵を描くことができます。

アナログ絵は、インクのにじみ具合や手描きならではの線の良さがあるので一概にどちらが良いとは言えませんが、興味のある方は是非デジタル絵にも挑戦してみてください。

デジタル画で主流なソフトと言えば

・Photoshop

・CLIP STUDIO(通称クリスタ)

・SAI

です。(すべて有料ソフト)

私は、デザイナーをしているので今まで仕事でPhotoshopをたくさん使ってきました。

だからソフトの使い方を覚えることはそこまで苦労しなかったのですが、ペンタブの扱いには本当に苦労しました。

自分の思い通りの線がまったくかけないので、最初の頃は、下絵は手描きで、着色だけPhotoshopを使っていました。

着色作業でペンタブの扱いに慣れたところでペン入れもデジタルで行うようにしました。(ペンタブの扱いには4・5ヶ月くらいかかったかも・・・)

ちなみにペン入れはクリスタ、着色はPhotoshopを使っています。

こちらのペンタブを買うと通常有料のクリスタが無料で一定期間使えるので、おすすめです!!


ワコム ペンタブレット Intuos Comic M ペン&タッチ マンガ・イラスト制作用モデル ブラック CTH-690/K1

 

【戦略4】漫画ブログの収益化について

前述通り、SNSでは漫画を収益化するのは難しいです。
しかしブログは、アフィリエイトやアドセンスを記事に貼って広告収入でブログを収益化することができます。

アフィリエイトとは簡単に言うと、
自分の記事に提携した広告バナーを貼り、それを読者がクリックしたらまたはそのクリック経由で読者が商品を購入したら、アフィリエイトリンクを貼った自分に収益が入ってくるという仕組みです。

広告主とブログ読者をつなぐ仲介のような役割を担います。

 

主な大手アフィリエイトサイトはこちら

下記は、登録料・会員料は一切かかりません。

A8.net
Amazonアフィリエイト
バリューコマース
もしもアフィリエイト
Google Adsense

提携には審査が必要なサイトもあります。
特にGoogle Adsense(グーグルアドセンス)は審査が厳しいで有名です。

 

収益に全く興味がないと言う方はアフィリエイトを貼る必要はないのですが、せっかくブログを開設したのなら有効的にマネタイズすることもアリだと思います。

ちなみにアフィリエイトで一番稼げるのは、WordPress + 独自ドメインなのですが、漫画ブログ最大のデメリットでもあるSEOに弱く検索流入が見込めないため、WordPress + 独自ドメインだと厳しい場合もあります。

漫画ブログでPVや収益を上げたるには、無料ブログをうまく活用したり、SNSを利用したり、ランキングサイトを利用したり(にほんブログ村、人気ブログランキングなど)と戦略が必要になってきます。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

ドメイン登録、ドメイン取得なら1円からの【お名前.com】

 

最後に

いかがでしたか?

誰でも気軽に漫画を世間に公開できる様になった今、自分の貴重な経験や体験を面白おかしくブログにできます。

せっかく公開するのなら、人気を出したいし、いろんな読者の方に読んでもらいたいですよね。

私も、日々模索中ですが、今回の記事を是非参考にしていただけたらと思います。



スポンサーリンク