家具・家電

女性の一人暮らしにあると便利なアイテムと意外にも必要なかったアイテム

こんにちは、emikiです。

2年前から彼氏と同棲しているので、今は一人暮らしではないのですが、
それ以前は、女一人暮らし歴13年でした

そんな長年の経験から、一人暮らしの時あると便利だったものを実体験を元に紹介します。

後半は、意外にも必要なかった(使わなかった)一人暮らしのメジャーアイテムも紹介します。



スポンサーリンク

一人暮らし歴13年の私があると便利だった一人暮らし必須アイテム

部屋干し用アイテム

日中はほぼ働きに出ていて、在宅していない時間の方が多いです。
仕事が激務だと、家には寝に帰ってるだけじゃんと思えて、切なくなることも・・・(苦笑)

日中家にいないので、急な雨の対応もできないので、天気予報を常にチェックしていないと洗濯物を外に干したまま出かけられません。

梅雨など、長雨の時期は特に外には干せないので、室内干しは必須です。

そんな時、あると重宝するのが、部屋干し用のアイテム。

私は、下着以外は普通にベランダに干していたのですが、防犯面を考えて屋外に洗濯物を干せないという人にとっても部屋干し用アイテムは持っておきたいところです。

 

 

電気カーペット・電気ストーブ

かなりの末端冷え性の私。

女性は冷え性の人が多いので、防寒対策・暖房グッズは必要です。
室内に取り付けてあるエアコンは部屋が暖まるのに、時間がかかってしまいます。

寒い朝、起きて会社へ出かける準備をして
やっとエアコンで部屋が暖まったかと思ったら、もう家を出る時間・・・

なんてこともよくあります。

寒い朝、暖かい布団から出るのって苦痛ですよね。

だから、短時間で体を温めることができる暖房器具が便利なのです。

電気カーペットや電気ストーブは、すぐに暖をとることができるので、仕事から帰宅して冷え切った体を温めたり、寒い朝布団から起きてすぐ、直接的に体を温めることができたりと本当に便利なので、是非持っていたいアイテムです。

 

しかし、電気カーペットや電気ストーブは、長時間連続使用すると、エアコンよりも電気代がかかってしまいます。

朝の出勤準備時間だけ、帰宅してから体が温まるまで、など使用を短時間に控えて、エアコンとうまく使い分けると良いでしょう。

 

扇風機

1年を通して、冷房が本当に必要な時期って、7月〜9月頭の2ヶ月くらいではないでしょうか。朝から晩までフル稼働で必要な日なんて、もっと少ないかもしれません。

個人的には、エアコン以外の扇風機などの冷房器具を充実させるよりも、暖房器具を揃えた方が良いと思うのですが、やはりエアコンの長時間使用は電気代もかさばるので、扇風機で凌げるくらいの暑さは、扇風機で対応した方が電気代をかなり抑えられます。

エアコンと扇風機では10倍も電気代が違うようです。

衝撃!!!

節約のために扇風機は必需品でもありますね!

しかし、本当に暑い日は熱中症にもなってしまうので、我慢せずエアコンを使い、それほど暑くない日は扇風機を使って、うまく両者を使い分けて賢く節約しましょう。

 

全身鏡

女性のみなさんは、毎日自分のファッションを全身でチェックしたいですよね。

私も、毎日全身鏡でチェックしていました。

全身鏡のない家にお泊まりすると、その不便さに気づき、やっぱり全身鏡は必要なものだと再認識します。

女子には必須アイテムです。

 

加湿器・除湿機

乾燥の時期、朝起きると喉がガラガラしていたり、お肌がつっぱっていたりと、乾燥対策は、体調管理にもお肌にも大事なことです。

ちなみに、1階に住むと、湿気も多く、さらに風通しが悪いと、カビが大量発生してしまいます。

もちろん私も経験者。

お気に入りのカバンや服にカビが生えたり、木製の棚にびっしりカビが生えたり、梅雨や夏時期は一日でも換気を怠ったら、カビが大量発生していました(苦笑)。

なので、除湿機や空気清浄機も環境によっては必要です。

 

ベッド

私は断然ベッド派でした。

限られた空間の中にベッドを配置すると、結構な面積をベッドが占めてしまいますが、床に敷く布団のタイプに比べて、敷きっぱなしで良いので随分と楽です。

しかもベッドは大体壁に面して配置するので、ソファー代わりにもなります。

女性向けの小型タイプのベッドもあるようです。
無駄なスペースができないように、このような家具を賢く利用すると良いですね!



一人暮らしに最適!【一人暮らしインテリア.com】

 

延長コード

コンセントの場所や数は限られているので延長コードは必ずいるアイテムです。

危険なタコ足配線にはならないように気をつけましょう。

ちなみに、コンセントの位置を考えながら、家具の配置を考えるのって面白いですよね!!



スポンサーリンク

 

 

急な病気の時のために

一人暮らしで不便だと感じることは、急な発熱・病気の時。
なので、普段からいつ風邪を引いてもいいようにいつ熱が出てもいいように、最低限の準備が必要です。

 

①市販の風邪薬、胃腸薬、頭痛薬などの常備薬を用意しておく

(←風邪薬、胃腸薬、頭痛薬この3点は必要最低限持っておいた方が良い)

 

②絆創膏、湿布、塗り薬など怪我をした時の薬や備品を用意しておく

 

③冷えピタなどの熱を抑えるもの

常にストックがある便利です。

 

④体温計

体調管理のためにも持っておいた方が良い。

これら①〜④は普段から備品として用意しておいて損はありません。

 

また、急な発熱の時のためにスポーツ飲料をストックしておくと良いのですが、一人暮らしも慣れてくると、熱が出そうな時や、体調を崩しそうな時は、早めに察知して、必要な物資や食材をコンビニやスーパーで買いだめしておくという処世術も身につきます(笑)。

「あ〜この感じ今日熱出るかも」

「熱出る前に、食料の買いだめと、ポカリ買っとかなきゃ」って感じです。

なので私は、賞味期限切れすることもあるスポーツドリンクや栄養剤などは、都度買っていました。

 

害虫駆除

害虫駆除も自分で行わなければなりません。

私は、丸めた紙やティッシュで対応していたのですが、特にゴキブリは動きが早いので、スプレーがあると便利です。

虫を直接掴まなくて良いので、このグッズは便利そう。

 

女性の一人暮らしならでは!防犯グッス

 

幸いにも13年の一人暮らしで、痴漢や変質者などの怖い思いをしたことがない私。
道を歩いていての痴漢はありましたが、自宅内ではなかったです。

しかし、女性の一人暮らしは危ないし、狙われやすいので、防犯対策もしっかりしておきましょう。

ちなみに私がしてきた防犯対策ですが、

・マンションなどの建物に入る時は他に人がいないか確認する

・できるだけエレベーターに他人と同乗しない

・家の中に入る前は、人の気配や不自然なものが置いてないか確認する

・事前に約束してある来客以外のインターホンには絶対に出ない。

・音楽を聴きながら夜道を歩かない

などです。

簡単なことですが、意識しているのといないのとでは、防犯意識も変わってくるので注意してみてください。

 

備えあれば憂なし!一人暮らしだからこそ、もしもの時のための「防犯グッズ」

災害はいつ自分の身にふりかかるか分かりません。
「あ〜あの時準備しておけば良かった〜」と後悔しないためにも、防犯グッズは必ず用意しておきましょう。
私も、東日本大震災を体験してから以降、家には必ず防犯グッズや非常食を常備しています。

すぐに助け合える親族がいない一人暮らしだからこそ、自分を守るためにも防犯グッズは必要です。

楽天ランキングで1位獲得!消防士が作った3日間生き抜くための防犯グッズはコチラ

 

一人暮らしライフを賢く・お得に過ごすためのアイテム

続いて、一人暮らしをより快適に賢く送るためのものを紹介します。

アマゾンプライム会員

アマゾンプライム会員ってかなりコスパが良いです。
もちろん私も会員です。

料金はかかってしまいますが、
月間プランの場合、400円(税込)、年間プランの場合、3,900円(税込)

会員特典をフル活用すればすぐに元が取れます!
むしろ、こんだけの特典があってこの値段でいいのか?とも思えます。

Amazonプライムは、コスパが良すぎるので会員になることを全力でおすすめします!
簡単に会員費の元が取れるくらい、価格以上の恩恵を受けることができるサービス満載です!
詳しくはこちらの記事へ
一人暮らしが「Amazonプライム」会員になるメリットを分かりやすく解説

 

ちなみにアマゾンプライム会員は、30日間無料で体験することができます。

とりあえず、30日間試してみて、気に入らなければ解約すれば良いだけなので、なんのリスクもありません。
30日以内に解約すれば、費用は一切かかりません。

Amazonプライムを30日間無料で体験してみる!

 

ウォーターサーバー

上京して驚いたのですが、都会の人は水道水を使って料理しないのですね。
やっぱり、健康面を考えてのことでしょう。

水道水を使わない人は、ミネラルウォーターを購入しています。

そんな時、自宅にウォーターサーバーがあると便利です。
料理はもちろん、喉が渇いた時すぐに冷たい水が飲めるし、暖かいお湯もすぐに出ます。



お水はもう買わない!自宅で造るおいしいお水【ウォータースタンド】

 

一人暮らしインテリア専門の通販サイト「ジパング・ドットコム」

一人暮らしのインテリアに特化したサイト「ジパング・ドットコム」。

まずは、通販サイトを見てみてください!
豊富なラインナップに圧倒されます。

160cm以下の小さい女の子のために作られたマットレスベッドや、一人暮らしの狭いスペースでも置ける幅を取らないインテリアまで、一人暮らしにはお役立ちのアイテムばかりです。
限られたスペースの中での空間作りが楽しくなりますね!

しかも!
家具やインテリアなのに、値段はリーズナブルな価格で提供されています。

例えば、先ほど紹介した160cm以下の小さい女の子のために作られたマットレスベッドは21,598円〜という破格の金額!

格安インテリア通販ありがちなのですが、商品価格が安い代わりに送料に数千円かかってしまうというパターン。
しかし、ジパング・ドットコムは、全商品の送料は無料というサービス付きなのでさらに嬉しいですね〜

サイトを見ているだけでも楽しいので、是非チェックしてみてください!

ジパング・ドットコム通販サイトへ

 



スポンサーリンク

 

 

意外にも必要なかった一人暮らしアイテムを実体験をもとに紹介

最後に、私が感じた意外にも必要なかった、持ってなくても不便なかった
一人暮らしのメジャーアイテムを紹介します。

ソファー・座椅子

1Rや1Kの6畳一間に、ベッド、テレビ台、化粧台を置いたら部屋が結構パンパンになります。正直、ソファーを置けるスペースなんてありません。

8畳くらいの間取りがあったり、収納スペースが十分確保できるような物件ならゆとりを持てるかもしれませんが、6畳一間にソファーなんて必要ありません。

家の中は部屋着で過ごす私は、ベッドがソファー代わりでした(笑)。

座椅子はそんなにスペースを取らないので良いかもしれませんが、結局、いつでも寝転べるベッドの魅力には勝てず、私には必要なかったです。

 

室内置き型の音楽プレイヤー

CDデッキやコンポなどです。

今時はパソコンで音楽を再生したり、iPodなどのポータブル音楽プレイヤーに音楽を読み込むので、そこまで必要としません。

音にこだわりがある人や、スピーカーから出る重低音を味わいたい人には、必要かもしれませんが、スピーカーの重低音は騒音トラブルの問題にもなるので気をつけたいところです。

 

Wi-fi

意外や意外!

私にはWi-fiが必要なかったです。

必要な調べ物はスマホの月の使用量で事足りるし、一日のほとんどを会社で過ごすので、急な時は会社のパソコンを借りれば良い(←オイwww)。

という感じで、Wi-fiを持っていなくてもやっていけました。

Wi-fi契約って月額3,000円くらいするし、契約しなければ、年間で計算したら結構な金額の節約になります。

しかし、動画を良くみたりする人はWi-fiを必要とすると思いますが、そんな人は『格安スマホへの乗り換え+Wi-fi環境の整備』も合わせてオススメします

 

体重計

ダイエットをしていると必要かもしれませんが、自分が太った痩せたなんて、服を着る時確認できます。

ウエスト周りがきつかったり、余裕があったり、鏡で体型をチェックしてみたりと、重さの数値ばかりにとらわれるのではなく、見た目でも分かります。

長年自分の体を見てきたら、「このお腹の感じは◯キロくらいかな?」というように
大体分かるようになります(笑)。

 

電気ポット・電気ケルト

私の習慣からでしょうか電気ポット・ケルトは必要なかったです。

カップラーメンも滅多に食べないし、インスタント系のコーヒー・紅茶も飲まない。

電気ポットを持っていはいたのですが、マジで使わなくて、ただただ電気代がかかっているだけでした(苦笑)。

週に数えるくらいしか熱湯を使うことがない人は、電気ポットや電気ケルトは必要ありません。

必要な時は、ガスコンロを使ってヤカンで沸かせば良いだけです。

 

アイロン

毎日シャツを着る必要のある仕事の人はアイロンが必要かもしれませんが、
アイロンがけが必要な服を持っていなかった私は
一応所持していたものの、本当にアイロンは使わずじまいでした。

綺麗に仕上げる必要がある衣類は
クリーニングに出せば良いだけ。。。

 

最後に

自分の体験をもとに、女性の一人暮らしにあると便利なものをあげてみました。

「意外にも必要なかった一人暮らしのアイテム」は、自身のライフスタイルや好みによって変わると思うのですが、

引越したばかりの段階で、無駄にアレコレ買うのではなく、何日か生活してみて、本当に必要なものを買うための参考にしていただけたらと思います。

 



スポンサーリンク


その他にも、一人暮らし関連の記事を書いています。
興味のある方はこちらから↓