デザイン向上委員会

超簡単!Illustratorでロゴやアイコンに映り込み(鏡面反射)を作る

こんにちは、emikiです。

今回は、Illustratorを使ってアイコンに、映り込み(鏡面反射)を作るやり方を紹介します。

覚えてしまえば1分程度でできてしまうほど、作り方は簡単。
Illustrator初心者の方でもすぐに使える小技です。

アイコンやロゴ制作の場面でも使えるので、ぜひ参考にしてみてください。



スポンサーリンク

Illustratorでロゴやアイコンに映り込み(鏡面反射)を作る手順

今回は、こちらのアイコンに映り込み(鏡面反射)を作成します。

映り込みのように見せるには、アイコン画像をコピーして反転させる方法が一番簡単です。

 

アイコンを反転させる

まずは、反転させるアイコンを選択して、リフレクトツールで反転します。

リフレクト軸「水平」を選択して、コピーをクリックします。

 

水平に反転されたアイコンのコピーができたら、位置をずらさないように、[shift]キーを押しながら、映り込み(鏡面反射)を開始する位置まで移動させます。

 

アイコンにグラデーションマスク(不透明マスク)をかける

反転させたアイコンにグラデーションマスク(不透明マスク)をかける準備をします。

反転させたアイコンを長方形ツールで囲います。
「線」は無し、「塗り」の色はとりあえずなんでも良いです。

 

グラデーションパネルから白黒のグラデーションを選択して、
先ほど囲った長方形の部分にグラデーションをかけます。

上が白色で下が黒色になるようなグラデーションをかけたいので、グラデーションパネルの角度を-90度にしてください。

 

マスクとなる長方形のグラデーションと、下に隠れている映り込みさせるアイコン(反転させたアイコン)の両方を選択して透明パネルの「マスク作成」をクリックします。

 

グラデーションにマスクがかかりました。

しかしこのままだと、アイコンが下まで鮮明に映り込みすぎていて、あまり自然ではないのでマスクの位置を調整して、自然な映り込みになるようにしていきます。

 

マスクの微調整と仕上げ

マスクの位置を調整するには、
グラデーションパネルのグラデーション位置を調整します。

アイコンが下まで映り込みすぎないようにするために、マスク部分の面積が多くなるよう、スライダーを動かして黒を多めにしたグラデーションを作ります。

 

映り込み具合の調整が完了したら、
透明パネルの左側の画面をクリックして(上の画像を参照)、不透明マスクの編集を中止してください。

右側を選択したままだと、マスクの編集モードなので通常の編集ができません。

 

最後に映り込みアイコン全体の透明度を下げます。

 

完成です!!

 

さらにこちらもサクッと作ってみました。

アイコンだけでなく、ロゴなどにも使え、見せ方次第ではデザインをかっこいよく仕上げることもできます。

慣れてしまえば1分程度でできてしまう簡単テクニックなので、

是非ご活用ください。



スポンサーリンク

関連記事はこちら