デザイン向上委員会

グラフィックデザイナー初心者のNGデザイン(白黒編)

こんにちはemikiです。
つい先日、デザイナーとして片足突っ込んだくらいの、10年前に私がデザインしたフライヤーを発見しました。

グラフィックデザイン初心者のデザイン例知人に頼まれたハロウィンイベントのフライヤーです。
(表面カラー印刷、裏面白黒印刷)
当時の私は必死に真剣に作りましたが、なんとツッコミどころ満載のデザイン!

そんなデザインを10年後の私が添削しようと思います。

前回は、グラフィックデザイナー初心者のNGデザイン(カラー編)として、表面を添削しました。

今回は裏面です。こちらは白黒印刷になるので、その際の注意点もまとめていきます。

それでは裏面の、NGな箇所をあげていきたいと思います。



スポンサーリンク

白黒印刷の場合、背景の装飾に気をつけないと文字が読みづらい

NG① いろんな種類のグレーが散っていて、紙面に統一感がない

イラストレーターで各オブジェクトのグレー部分のCMYK値を確認すると、
K80%、C18%M12%Y10%K1%、その他にもいろんな数値のグレーが紙面に散りばめられていることが確認された。
なので、紙面全体に統一感がない。

NG② 文字が読みづらい

文字がつまりすぎ。
テキスト改行位置が良くない。
フォントの種類が紙面と合っていない。

NG③ 背景や装飾がごちゃごちゃ

背景に透かしている模様が濃すぎて、テキストが読みづらい。
統一感のない装飾系の素材を並べているだけなのでまとまりがない。

NG④ 特に意味を持たないグラデーション

文字ひとつひとつにグラデーションがかけてあり、読みづらい。

NG⑤ 裁ち落としギリギリの位置に大事な情報を配置

会場のHPは大事な情報なのに、裁ち落としギリギリの位置に配置されている。

 

こんなところでしょうか。
表面同様、ごちゃごちゃして全体的に統一感がありません。
白黒印刷にもかかわらず、盛りに盛っています。

何より見づらい要因は、背景に敷いてある装飾です。
濃すぎて文字が読みにくい。。。

しかも、テキストのカーニングやトラッキングも出来ていないという。
お恥ずかしい仕上がり。

 

白黒だからこそシンプルなデザインを心がける

それでは、どうデザインすべきだったかを自分なりに解説していきたいも思います。

①いろんな種類のグレーが散っていて、紙面に統一感がない
イラストレーターで各オブジェクトのグレー部分のCMYK値を確認すると、
K80%、C18%M12%Y10%K1%、
その他にもいろんな数値のグレーが紙面に散りばめられているので、
紙面全体に統一感がない。

→白黒印刷は色がない分デザインの幅が狭まるので、シンプルな配色にした方が見やすい。
いろんな数値のグレーを多用すると、全体的にごちゃごちゃしてしまい、見づらくなることは必須。

 

②文字が読みづらい
文字がつまりすぎ。
テキスト改行位置が良くない。
フォントの種類と紙面が合っていない。

→カーニングやトラッキングができていないベタ打ち状態なので、きちんと調節する。
文章を熟読し、適切な位置で改行をし、読みやすいようにする。
テキストボックスを使用し、文字のはみ出しを最小限に抑える。

 

③背景や装飾がごちゃごちゃ
背景に透かしている模様が濃すぎて、テキストが読みづらい。
統一感のない装飾系の素材を並べているだけなのでまとまりがない。

→背景の装飾の濃度を薄くする。
または、文字が読みづらいので装飾を取ってしまう。

フライヤー全体の世界観に沿ったイラストや素材を選ぶ。

 

④特に意味を持たないグラデーション
文字ひとつひとつにグラデーションがかけてあり、読みづらい。

→グラデーションを使う必要があるか考える。
文字ひとつひとつにグラデーションをかけると読みづらいので、
文字全体にグラデーションをかける。

 

⑤裁ち落としギリギリの位置に大事な情報を配置
会場のHPは大事な情報なのに、裁ち落としギリギリの位置に配置されている。

表面も同様でしたが、もう一度書きます。
裁ち落としギリギリに文字などの大事な情報を配置してはいけない。
最悪、裁ち落とされてしまう。

裁ち落としから、7〜10mm以内に大事な情報を配置しない。

 

以上、どうすべきだったか添削してみました。

表面同様、ごちゃごちゃして見づらいく、読む側の気持ちなんて考えていませんね。
あれもやりたい、これもやりたいと、当時の私なりに必死だったのですが、よく見せたいが裏目に出てしまっています。
デザインは削っていくことも大切なのです。

白黒印刷は色がない分デザインの幅が狭まるので、
シンプルな配色にした方が見やすい
です。

 

多くの場合、写真などを多用したビジュアルに凝ったデザインはカラー印刷。
テキストなどの情報がメインのデザインを白黒印刷にします。

そういった意図を理解し、白黒印刷の場合は、伝えるべき情報を分かりやすく魅せるデザインを心がけた方が、読み手の立場に立った良いデザインと言えます。
(※デザインによっては、あえて白黒印刷で魅せるビジュアルを作り込むものもあります。)



スポンサーリンク

デザイン修正 〜表裏でひとつの作品・伝えるべき情報の優劣をつける〜

ということで、10年後の私がデザインを修正してみました。
10年前の素材は活かしたまま、色やレイアウト変更だけでのリデザインになります。

グラフィックデザイン初心者のデザイン例を修正してみた(白黒印刷の場合)

・背景の装飾をなくすことにより、文字を読みやすくしました。
・表面のフライヤーの世界観を引き継いで、アクセントとしてイラストを配置しました。
・日時、会場、料金など大切な文字情報をを読みやすいようにしました。
・問題だったグレーの種類を減らしました。
・地図も見づらかったので、修正しました。

以上のことに気をつけて、リデザインをしてみました。

(え!?全然ダサいデザインじゃん!というご意見があるかもしれませんが、ご容赦ください。)

表裏のフライヤーの世界観がブレないように気をつけ、
伝えるべき情報の優劣をつけて、文字を太くしたり大きくしたりして配置
しました。

 

感想

お恥ずかしい限りですが、10年前のだめだめデザインを晒してみました。今の自分のデザインが完璧とは決して言えませんが、10年前よりは成長していると自負しています。

デザイナー駆け出しの頃の私は、必死でした。

大学でイラレ・フォトショを習ったものの、スキルだけ学んだので、実践知識的は、ほぼ独学でした。または、本や他人のデザインを見よう見まねで真似ていました。

デザイン事務所には就職せず、社内デザイナーとして働いていたので、師匠みたいな人がいませんでした。
指摘してくれる人がいないと、良いデザインと自分のデザインが何がどう違うかも分かりませんでした。
だから当時の私は必死だったのです。

どんな分野もそうですが、経験って大事ですね。
私もまだまだ、デザインスキルを磨いている最中ですが、少なからず昔の自分よりはスキルアップしています。

みんな最初は初心者からのスタート。
だから、色々試してみたり、試行錯誤を繰り返していると、自然と知識もスキルも習得しているはずです。

 

 

良いデザイン・悪いデザインのBefore〜Afterをわかりやすく紹介しているおすすめデザイン書はこちら!
Beforeの改善点やデザイン知識が要所に盛り込まれていて、独学デザイナーには是非読んでいただきたい本です。

 



スポンサーリンク