デザイン向上委員会

グラフィックデザイナー初心者のNGデザイン(カラー編)

こんにちはemikiです。
つい先日、デザイナーとして片足突っ込んだくらいの、
10年前に私がデザインしたフライヤーを発見しました。

グラフィックデザイン初心者のデザイン例

知人に頼まれたハロウィンイベントのフライヤーです。
(表面カラー印刷、裏面白黒印刷)

当時の私はいたって真剣に作りましたが、なんとツッコミどころ満載のデザイン!
そんなデザインを10年後の私が添削しようと思います。

初心者がやりがちなNGデザイン例として、見ていただけたらと思います。

それでは、まずは表面からNGな箇所をあげていきたいと思います。



スポンサーリンク

初心者がやりがちなデザイン〜意図のない色と配置・全体がミスマッチな世界観〜

NG① 色を使いすぎている

青やらオレンジやらピンクやら緑やら。。。
色のバランスなんて一切無視した配色。
案の定、全体的にまとまりがなく、ハロウィンの世界観もぶち壊してしまっている印象。

NG② ごちゃごちゃ配置しすぎ

知人から制作を依頼された時、これを使用して欲しいと、センターの猫の写真をもらいました。せっかくもらったインパクトのある写真なのに周りがごちゃごちゃしすぎて、写真に目が行かない。
色も多用しているので、なおさらごちゃごちゃ見えてしまう。

NG③ 文字がまともに読めない

フライヤーとは、イベントに来てもらうための大事な集客ツール。
文字に癖がありすぎて「いつ」「どこで」「どんな」「何がある」といった大切な情報を拾うのに、時間がかかってしまう。
文字の色も読みづらさに拍車をかけている。

NG④ アイキャッチ写真とイラストの世界観が合っていない

猫の写真と、周りに散らばっているガイコツやかぼちゃのイラストがマッチしていない。
奇妙な雰囲気で行きたいのやら、可愛い路線で行きたいのやら、方向性がバラバラ。

NG⑤ 裁ち落としギリギリの位置に大事な情報を配置

イベント名は読ませなければならない文字なのに、
裁ち落とされても文句は言えない場所に配置してしまっている。

 

大まかに挙げるとこんなところでしょうか。
色もバラバラ、オブジェクもごちゃごちゃ。
デザイン全体の世界観もハチャメチャ(苦笑)。

なので非常に見づらいデザインです。

「あえてごちゃごちゃしたデザイン」と当時の私は言っていたのでしょうが、
それ以前の問題で、本当にごちゃごちゃしているだけに仕上がっています。
本当に完成されたデザインって多少ごちゃごちゃしていても、
読ませたい部分もきちんと入って来るように計算されているのです。

デザイン始めたての頃って、「間」があると埋めたくなりますよね。
私も「間」が嫌いで、とにかく埋めたがっていました。
埋めることでデザインをしてやった感を感じていました(笑)。

 

自分よがりなデザインではダメ。読み手側の目線を持つ

それでは、どうデザインすべきだったかを
自分なりに解説していきたいと思います。

①色を使いすぎている
青やらオレンジやらピンクやら緑やら。。。
色のバランスなんて一切無視した配色。
案の定、全体的にまとまりがなく、ハロウィンの世界観もぶち壊してしまっている印象。

→色数を減らす。
ハロウィンのイメージや紙面のテーマに合う配色にする。

 

②ごちゃごちゃ配置しすぎ
知人から制作を依頼された時、これを使用して欲しいと、センターの猫の写真をもらいました。せっかくもらったインパクトのある写真なのに周りがごちゃごちゃしすぎて、写真に目が行かない。
色も多用しているので、なおさらごちゃごちゃ見えてしまう。

→周りに散らばっているガイコツなどのオブジェクトを取り払い、もらった猫の写真素材を活かす。
この猫の写真の風合いをフライヤー全体の世界観としても良いかも。

 

③文字がまともに読めない
フライヤーとは、イベントに来てもらうための大事な集客ツール。
文字に癖がありすぎて「いつ」「どこで」「どんな」「何がある」といった大切な情報を拾うのに、時間がかかってしまう。
文字の配色も読みづらさに拍車をかけている。

→文字同士が近すぎて読めない。
イベント名などはロゴ化して、読みやすい文字でフリガナを振る。
フォントを見直す。

 

④アイキャッチ写真とイラストの世界観が合わない
猫の写真と、周りに散らばっているガイコツやかぼちゃのイラストがマッチしていない。
奇妙な雰囲気で行きたいのやら、可愛い路線で行きたいのやら。

→猫の写真メインでいくか、イラストメインでいくかどちらかにする。
(両方大きく配置し、主張し合って、ミスマッチな世界観になってしまっているので、どうゆう方向性にするか決める。)

 

⑤裁ち落としギリギリの位置に大事な情報を配置
イベント名は読ませなければならない文字なのに、裁ち落とされても文句は言えない場所に配置してしまっている。

→裁ち落としギリギリにオブジェクトを配置してしまうと、
切り落とされてしまう可能性があるので、特に文字などの情報は絶対に配置してはいけない。

デザインに余裕があるのであれば、
裁ち落としより7〜10mm以内に大事な情報をは配置しない。
(裁ち落としのセーフラインは印刷会社にも寄るので、事前に確認しておく)

 

以上、どうすべきだったか添削してみました。

 

まず一番に言えることは、このフライヤーをもらった相手が
「読みやすいか」
「情報を素早く的確に得ることができるか」
など、受け取った側のことを考えていないことです。

色や配色がごちゃごちゃして読みづらいし、
それによってハロウィン特有の世界観もぶち壊してしまっています。

多分あれもやりたい、これもやりたいと、盛り込みすぎたのでしょう。
デザインは削っていくことも大切な工程です。
せっかく苦労して作ったものを削っていくのは、
本当に断腸の思いですが、良いデザインのためには必要な社業です。



スポンサーリンク

デザイン修正 〜良いところは活かす〜

ということで、10年後の私がデザインを修正してみました。
10年前の素材は活かしたまま、色やレイアウト変更だけでのリデザインになります。

グラフィックデザイン初心者のデザイン例を修正してみた

・猫の写真をメインとして扱うことにし、全体に散らばっていたドクロやかぼちゃのイラストを取り払い、アクセントとして、イラストを使用しました。

・まとまりのなかった色の配色も、ハロウインらしい配色にしてみました。

・イベント名をロゴ化して、一つのアイキャッチとして扱うことによって、全体的にスッキリさせました。

・日時や会場名は、癖のあるフォントをやめて読みやすいようにしました。

以上のことに気をつけて、リデザインをしてみました。

(え!?全然ダサいデザインじゃん!というご意見もあるかもしれませんが、ご容赦ください。)

 

感想

今回、10年前の自分に辛口のダメ出しばかりでしたが、ひとつだけ、褒めてあげたい部分があります。

それは、キャラクターやタイトル部分のフォントを自分で作成していることです。

今は、時間がないと既存のフォントやフリー素材を配置するだけで
デザインを完成させてしまってますが、
当時の私は1から自分で作っていました。

初心忘れるべからず、そんなところは見習わなければいけないなと思いました。

次回はグラフィックデザイナー初心者のNGデザイン「裏面・白黒編」を添削します。
こちらは白黒印刷なので、その際の注意点も合わせてまとめます。

 

良いデザイン・悪いデザインのBefore〜Afterをわかりやすく紹介しているおすすめデザイン書はこちら
Beforeの改善点やデザイン知識が要所に盛り込まれていて、独学デザイナーには是非読んでいただきたい本です。



スポンサーリンク

関連記事はこちら