デザイン向上委員会

グラフィックデザイナー本気の転職!登録マストな求人サイト5選

こんにちは、emikiです。

デザイナー歴10年。

過去数回に渡り、グラフィックデザイナーとして転職をしてきた私ですが様々な求人サイトを利用して転職活動を行ってきました。

そこで今回は、グラフィックデザイナーの転職に的を絞って各求人サイトの比較&紹介を行いたいと思います。



スポンサーリンク

転職サイトを選ぶ時に大切なポイント

私が転職サイトを選ぶ際に、重要視していることは
「デザイナー向け求人の充実度」と「サポート体制」の充実です。

私の場合、「グラフィックデザイナー希望」なので転職市場からいうと、そこまで求人数が多くないジャンルです。

だから、少しでも多くのグラフィックデザイナー求人を見つけるためには
クリエイターに特化している、または求人掲載数が多いメジャーなサイト(=大手求人サイト)に登録していました。

話は少しずれますが、グラフィックデザイナーに比べて、Webデザイナーの求人は多く見かけます。グラフィックデザインだけでなく、Webデザインもできた方が、デザイナーとしてかなり強みになります。
【関連記事】
グラフィックデザイナーからWebデザイナーへ 〜両者のデザインの違い〜

 

また、サポート体制が充実している転職サイトを選ぶと良いです。
主に、個別カウンセリング、面接サポート、履歴書作成アドバイスなどを行ってくれます。
デザイナーには必須のポートフォリオ(作品集)の添削を行ってくれるサイトもあります。

自分一人で転職活動をするよりは、
このようなサービスを利用すると転職活動も一層はかどります。

 

グラフィックデザイナー転職のおすすめ求人サイト比較

それでは、私が転職活動を行う上で重視している「求人掲載数」と「サポート体制の充実」2つの面からオススメの転職サイトを比較解説&紹介をしたいと思います。

Find Job!(ファインドジョブ)

Find Job!(ファインドジョブ)

デザイナー向け求人の充実度 ★★★★☆
サポート体制 ★★☆☆☆
サポート内容 転職準備サポート(外部リンク)
仕事探しサポート(外部リンク)
履歴書サポート(外部リンク)
面接サポート(外部リンク)
その他 スカウト求人有

転職活動時、私が一番お世話になったサイトです。
グラフィックデザイナー系の求人掲載数が多い印象です。

残念ながら、担当者がついて転職活動を進めるというサポートは無いようですが、サイト内には、転職活動を行う上での注意事項やアドバイスが記載されているページもあり読み応えは十分にありました。

クリエイティブ関連の転職者に向けての記事も充実しているので、デザイナーの転職者は一見の価値ありです。

 

マイナビクリエイター


マイナビクリエイター

デザイナー向け求人の充実度 ★★★★☆(Web・ゲーム関連に特化している、グラフィックデザイナーの求人は少なめ)
サポート体制 ★★★★☆
サポート内容 ・専任のキャリアアドバイザーによる個別カウンセリング
・履歴書・職務経歴書の添削サポート
・マイナビクリエイターによる企業への推薦状の作成(個別カウンセリングにて)
・ポートフォリオの作成サポート
・一般には掲載していない非公開求人の紹介
・選考・面接スケジュールの管理・代行サポート
・個別面接対策サポート
・企業との条件調整を代行

マイナビクリエイターは、Web・ゲーム関連に特化している求人が多めな印象ですが、
グラフィックデザイナーの求人が、まったく無いというわけではありません。
(私も、転職活動当時はマイナビクリエイターでグラフィックデザインの仕事を探していました。)

マイナビクリエイターの魅力は何と言っても「サポート体制の手厚さ」です。

特に個別カウンセリングは、転職のプロと直接話をして、業界の様々な情報が聞けたり、自分の強みを知ることもできるので、転職活動に有利になります。
自分に合った非公開求人も紹介してくれるので、是非カウンセリングを利用したいところです。
他にも、履歴書作成、ポートフォリオ作成、面接対策、スケジュール調整など、実務的なサポートも満遍なく整っている点が魅力です。


リクナビNEXT


リクナビNEXT

デザイナー向け求人の充実度 ★★★☆☆(求人サイトの大手。クリエイティブ系の求人も多数掲載されている)
サポート体制 ★★★★☆
サポート内容 リクルートエージェントによる手厚いキャリアアドバイスが受けられる
その他 スカウト求人有

転職業界大手のリクナビNEXT。
大手サイトなので、デザイナー系・クリエイティブ系の求人に限らず数多くの求人が掲載されています。
限定求人が約85%と、他社には掲載されていない求人を多く掲載している点が強み。

また、リクルートエージェントによるキャリアアドバイスが受けられるというサポート体制も充実していて大手ということで、安心して利用できます。

 

 

グラフィカルジョブ

グラフィカルジョブ

デザイナー向け求人の充実度 ★★★★★(クリエイター系求人が満遍なく掲載されている)
サポート体制 ★★★★☆
サポート内容 デザイナーになるための情報サイトやオンラインスクール比較サイトなどのメディアを運営
プロフェッショナルメディアの転職サポートサービス
その他 祝い金制度あり

「グラフィカルジョブ」は、求人サイト名の通り「グラフィック」関連の求人に特化したサイトです。
グラフィックデザイナー・DTPデザイナーなどのいわゆる紙系のデザイナー求人募集の比率も高いです。

オリジナルコンテンツの「デザイナーになるには?(外部リンク)」は、デザイナーの為になる情報がたくさん掲載されていて、転職活動に関係なく現役のデザイナーでも読んで楽しめるラインアップで、私もついつい熟読してしまいました。

また、株式会社プロフェッショナルメディアの専属エージェントによる転職をトータル的にサポートするサービスもあります。
デザイン業界に特化したプロフェッショナルメディアという点も信頼がおけるポイントです。

 

マスメディアン


宣伝会議グループ「広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン」

デザイナー向け求人の充実度 ★★★★☆(大手企業の求人も多く掲載されている)
サポート体制 ★★★★★
サポート内容 キャリアコンサルタントが応募〜面接〜採用まですべての転職活動をバックアップ
個別相談会、セミナーを定期的に開催

宣伝会議グループ(宣伝・広告・環境に関する雑誌、新聞、書籍を出版する出版社)が運営する「マスメディアン」。
広告・Web・マスコミ関連の求人が多いです。

何と言ってもキャリアコンサルタントによるサポート体制が手厚いところが魅力です。

通常、転職サイトを利用して転職活動を行う場合、自分で求人に応募して、スケジュール調整して、面接に行くことが普通です。

しかし、マスメディアンは「キャリアコンサルタント」を通してすべての転職活動を行います。

例えば、キャリアコンサルタントが自分にマッチングする求人を提案してくれたり、企業への応募書類の提出を個人面談の情報を元にキャリアコンサルタントが代行してくれたり、キャリアコンサルタントが面接の日時調整と面接の同席をしてくれたり、入社日や給与など各種条件面のデリケートな交渉も、キャリアコンサルタントが代わりに行ってくれます。

至れり尽くせりですね〜

業界のことを熟知しているキャリアコンサルタントとすべての活動を共にすることにより
転職における自分の長所や短所も知ることができます。

是非とも利用したサービスでもあります。



 

シンアド

デザイナー・クリエイターの転職支援「シンアド」

デザイナー向け求人の充実度 ★★★☆☆(サイトで求人を閲覧することができないが、過去実績として大手企業の求人も多く紹介している)
サポート体制 ★★★★★
サポート内容 デザイン、広告、クリエイティブ業界に精通したキャリアアドバイザーが就活のサポートを行う

他の転職サイトと違う点は、美大出身で広告会社で実際に働き、人材の仕事に転身したコンサルタントがいるという点です。

広告、デザイン、クリエイティブ業界にあまり詳しくない担当者と面談した場合
悩みを理解してもらいにくく、希望がうまく伝わらないといった事態が起こり得ます。

しかし、シンアドは、今まで他社の面談では的外れな求人を提案されたりして、困り果てた多くのクリエーターがシンアドの面談に来るぐらい信頼のおけるサイトです。

クリエイターの仕事の良し悪し、その人の強みや今後必要とされるスキルなどがリアルに分かるので、深い相談ができて、刺さる提案が可能です。

まさにデザイナーのためのサイトといえます。

また、シンアド独自の求人や、企業と求人者のマッチング精度が高い点も強みで、
過去の実績には大手企業への転職もあります。



 

転職サイトは複数登録しておいても良い

グラフィックデザイナーが転職活動をする際に、オススメの転職サイトを紹介しましたが、

複数サイトを併用して転職活動した方が断然有利です。

求人サイトを使った転職を行う場合は、常識的なことかもしれませんが・・・
複数サイトの利用を面倒くさがらずに、積極的に行いましょう!

求人内容を閲覧するだけだったら会員登録せずとも、見ることができるので、まずは、気になる求人が載っているサイトに登録してみるという感じでも大丈夫です。

しかし、会員登録をすると、個別でコンサルティングが受けれるサポート体制が整っていたり、非公開求人を紹介してもらえるという大きなメリットもあります。

これらは、転職市場における自分の価値を知ることができ、より転職活動を有利に行うことができるので、本気で転職を考えるなら、会員登録とコンサルティングをオススメします。



スポンサーリンク

関連記事はこちら