デザイン向上委員会

グラフィックデザイナー未経験からの転職は厳しい?

グラフィックデザイナーになるには、美大やデザイン系の専門学校を経て、新卒として制作会社やインハウスデザイナーとして就職するというのが王道のルートです。

私の場合は、いわゆる激務中の激務のデザイン制作会社でがっつり修行を積んだ訳ではなく、それなりに激務なインハウスデザイナーとしてスキルを磨いてきました。

学校でもデザインについて学び、新卒からデザイン業界へと進む場合は問題ないのですが、
第二新卒や転職による未経験からのグラフィックデザイナーへの転向は現実的に考えて可能なのでしょうか。

業界の傾向と、実体験から紹介したいと思います。



スポンサーリンク

転職の場合「グラフィックデザイナー未経験」で通用するのか

グラフィックデザイナーとして転職する場合、未経験でも採用されることがあるのでしょうか。

100%採用されないとは言い切れませんが、
書類選考の段階でほぼ落ちると考えて良いです。

転職=スキルがあると見なされ、即戦力を期待されます。

だからデザイナー系の面接の時は、ポートフォリオ(自分の作品集)を提出をします。
ポートフォリオは自分のデザイナーとしてのすべてが詰まっています。
もちろん未経験の人は、自分のポートフォリオを持っていないですよね?

判断する材料がないので選考の基準にもならないことが、残念ながら現実なのです。

 

どんな業界でもそうかもしれませんが、技術と経験がモノを言う世界。
いくらグラフィックデザイナーになりたくでも、人間性や仕事への熱意で、未経験の技術力はカバーできません。

だから、まったくの未経験からグラフィックデザイナーへの転職は難しいものがあります。

 

デザイン未経験者は、デザイナーになる最低限のことを学んでおく必要がある

未経験からグラフィックデザイナーに転職することは厳しいと言いましたが、本当にグラフィックデザイナーになりたいのなら、未経験だからと言って引け目を感じる必要はありません。

まずは、業界に入るためのデザインの勉強が必要です。

グラフィックデザイナーは、イラストレーター、フォトショップなどのデザイン系ソフトは使えて当然なので、必要最低限の操作ができなくては話にならないし、実践的にチラシやフライヤーなどの制作物を作ってみるなど、総合的なデザイン力を養っていくことも必要になります。

プロの現場に出ると、そう言ったスキルは一から丁寧に誰も教えてくれません。
だから、自分で最低限は学んでおく必要があるのです。

 

デザインを学ぶ場合、「専門学校やオンラインスクールに通ってデザインの勉強をする」と「独学で勉強する」の主に2通りがありますが、金銭的な理由から独学を選択する人も多いはずです。

しかし、待ってください!

デザイン専門のオンラインスクールという方法でデザインを勉強すれば、独学よりも安く費用を抑えることができるんですよ?

詳しく知りたい方はこちらの記事から
独学よりオンラインスクールでデザインを学んだ方が費用が安いって知ってる?

スクールをうまく利用して、デザイナーとしての知識をしっかり蓄えましょう。

 

デザイナー未経験でも採用されやすい条件とは?

デザイナー未経験でも、求人の募集内容によっては採用されやすいパターンもあるので、具体的に紹介していきたいと思います。

「デザイナー未経験OK」「未経験大歓迎」求人を狙う

「グラフィックデザイナー未経験OK」
「趣味でイラストレーター・フォトショップを使っていたレベルでOK」

など、デザインの実務経験がなくても歓迎と記載している求人もあるので、未経験の人は、まずはこういった求人に応募してみましょう。

採用側から「未経験OK」との提示があるので、これなら安心して応募できますね。

 

しかし現実は、この手の求人にも現役バリバリのデザイナーの人も応募することも多いのでライバルはかなりの強者です。

こういった強者の中から未経験者が勝ち上がるのは至難の技ですが、求人を出している企業の中には、現役バリバリのデザイナーよりも、あえて未経験や初心者レベルの人を、本当に欲している場合もあります。

理由の一例として、現役デザイナーはスキルや経験ががある分、デザイン性の食い違いで衝突したりすることがあるので敬遠されることもあるからです。

実際に以前私が勤めていた会社がそうでした。
会社にはすでに他にデザイナーがいるので、その補佐的なポジションの人が欲しかったりする場合もあるのです。

だから、臆することなく、まずは「未経験OK」「経験が浅くてもOK」の求人を狙っていきましょう。

「デザイナー未経験OK」求人は、デザインのクオリティを求められない場合もある

「デザイナー未経験OK」の求人は、グラフィックデザイナーとして完璧にデザイン性を重視したものを求められるより、デザイン系ソフトが少し使えれば誰でも作れるレベルのクオリティーを求められる場合もあります。

仕事に慣れてくると、「もっとかっこいいデザインがしたい!」などの葛藤が生まれてくることもありますが、まずは実務経験を積むことに専念して、ある程度自分のスキルが上がったら再度グラフィックデザイナーとしての転職を考えてみると良いでしょう。

 

デザイナー未経験でも「アシスタントデザイナー」なら採用されやすい

「アシスタントデザイナー」は未経験でも採用される可能性は高いです。

アシスタントデザイナーとは、先輩デザイナーのサポートをする仕事です。
メインデザインに携わるというよりは、デザインの一部パーツを作ったり、写真の切り抜きをしたり基礎的なことを行ったり、時には買い出し・雑用も行います。

下積みとしてプロの現場に出るチャンスにもなり、第一線で活躍するデザイナーの仕事を間近で見れるので、勉強にもなります。

雇用形態にこだわらないようにする

雇用形態にこだわりがないのであれば、「デザイナー未経験OK」の求人の幅が広がります。
正社員はやはりハードルが高いですが、アルバイト・派遣社員あたりは、採用される可能性もあがります。

まずは雇用形態にこだわらず、少しでも早く現場に出て実践や実務歴を積み、その後正社員へのステップアップを考えると良いでしょう。

 

デザイナー未経験OK求人がたくさん掲載されているサイト

デザイナー未経験者がデザイナーへ転職する場合、事前にデザインの勉強をしておくことはマストです。

さらに、転職先を探す時のポイントとして、

  • デザイナー未経験OKの求人を狙う
  • アシスタントデザイナーに就き、現場で経験を積む
  • 雇用形態にこだわらない

これらに気をつけて求人を探してみてください。

「デザイナー未経験OK」の求人を多く取り扱っている転職サイトは、

など、大手求人サイトがおすすめです。

転職サイトとしての知名度がある分、掲載求人数も多いので、その分選択肢も広がります。また、アルバイト求人サイトなんかもチェックすると良いでしょう。

気になる求人があれば、まずはエントリーしてみてください!

 

グラフィックデザイナーの実務は未経験だけど、スキルを持っている場合

デザイナー経験はないけど、イラストレーター・フォトショップを趣味や仕事で使っていた場合。実務未経験のグラフィックデザイナーの転職

こちらも少し厳しいと思います。

転職求人のほとんどが「実務経験◯年以上必須」との記載があります。

 

だから、もしグラフィックデザイナーに転職したい場合は、上に挙げたように
「グラフィックデザイナー未経験OK」
「趣味でイラストレーター・フォトショップを使っていたレベルでOK」

などの求人から応募してみて、実務経験を積んでいくことをオススメします。

 

Webデザイナーからグラフィックデザイナーへの転身

Webデザイナーとグラフィックデザイナーは似ているようで全然違います。

Webデザインオンリーでやってきた人は、慣れるまでIllustratorの扱いに苦労するでしょうが、グラフィックデザインとWebデザイン大きく括れば同じ土壌での仕事になるので、未経験からの転職よりはかなりハードルが下がります。

今の時代、Webも紙も両方のデザインができた方が強いですしね!

Webデザイナーとして育んできたスキルと知識を活かして
グラフィックの勉強をし直すので、本業の片手間に少しずつ勉強していくこともできます。

 

転職を考えるなら早ければ早い方が良い

転職を考えるなら早ければ早いほど良いです。

未経験でグラフィックデザイナーとして転職を考える場合、
30歳までが限界なんじゃないかなと思います。

もちろん、30歳を超えても下積みや激務に耐えられる体力や精神力を持っている人はやってできなくはありません。

今の時代、会社に所属せずとも、強力なコネや、ネットを駆使しまくれば(クラウドソーシングなど)個人でグラフィックデザイナーとしてやって行くことも可能です。

しかし、個人の力よりも、組織での実務を通して学ぶことの方が断然多いので
一度はグラフィックデザインという業界に入ってみることをオススメします。

業界に入ることは、独学や個人より得られる知識量は半端ないですから。

そんな意味でも、未経験のグラフィックデザイナーの転職は体力もまだ有り余っている20代のうちが良いと思います。



スポンサーリンク

関連記事はこちら