デザインの仕事

【悲報】出会いがない!結婚できないデザイナー女子の末路とは?

こんにちは、emikiです。

デザイナーは職業柄、仕事が忙しすぎてプライベートの時間を十分に確保できません。

仕事一筋な人生を否定するわけではないのですが、あまりにも仕事人間になりすぎると、婚期を逃してしまうこともあります。

特に女性の場合は、子供を望むのであれば結婚に関しての年齢制限がシビア。
働き盛りの20代・30代を仕事に捧げてしまうと、良い出会いに巡り合える可能性も低くなってしまうのです。

そこで今回は、デザイナー女子に向けて、「出会いがない!」「結婚できない!」デザイナー女子の末路をご紹介します。



スポンサーリンク

デザイナー女子は婚期を逃す?出会いがない3つの理由

デザイナー女子に出会いがない理由は、おもに3つ挙げられます。

  1. 仕事が忙しすぎてプライベートな時間が取れず、出会いがない
  2. 仕事が忙しすぎて、外見に気を使っている余裕がない
  3. 社内の人は、家族以上に一緒にいる時間が長いので、今さら恋愛感情を持てない

デザイナー女子に出会いがないのは、とにかく仕事が忙しすぎて、一日のほとんどの時間を仕事に費やしてしまっているからです。

社内恋愛や、取引先の人と恋愛に発展など、仕事を通じての出会いもあるかもしれませんが、社内に恋愛対象になる人がいない、取引先とのやりとりもほとんどないという人にとったら、今さら職場で出会いがあるなんて期待はできないでしょう。

20代の頃は、「まだまだ周りも結婚していないし大丈夫」と思って、仕事に打ち込むこともできますが、30歳を超えてくると周りもどんどん結婚していき、自分だけ取り残されたようにあせっていきます。

しかし、現状を打破する最適な方法もないため、とりあえず目の前の仕事に取組み、さらに結婚から遠のいてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

仕事に余裕があれば多少なりとも、自分自身の今後についてや、結婚について考えることもできるでしょうが、デザイナーは自身を振り返る余裕もなく忙しい現場も多いので、気が付いたら「行き遅れていた・・・」「結婚適齢期なんて、遠に過ぎていた・・・」なんてことも、現実的に考えられるのです。

 

過ぎた過去は取り戻せないし、悲しいかな「女性は若い方が結婚パートナーとして、男性からの需要が高い」ということも事実。

「年増の行き遅れた女」というレッテルを貼られ、婚活の場での需要もなくなり、世間からも冷たい視線を浴びせられ、ますます生きづらくなってしまうのです。

そのような末路をたどらないためにも、改めて婚活や結婚についてきちんと考えておく必要があります。

 

デザイナー女子が婚期を逃さないために心がける7つのこと

デザイナー女子が、婚期を逃さないために心がけることは、以下の通りです。

  1. 忙しいからといって女を捨てて働かない。外見に気を使う
  2. 出会いの場には積極的に参加する
  3. 身近に出会いがないか、もう一度視野を広げてみる
  4. リアル以外にも出会いを求めてみる
  5. デザイナー以外の女友達と飲みに行ってみる
  6. 新しい趣味を始めてみる
  7. 仕事ばかりの生活から、一旦引いてみる

忙しいからといって女を捨てて働かない。外見に気を使う

仕事が忙しいからと言って、女性としての身だしなみが疎かになっていませんか?

化粧もせずに、髪もボサボサ、着ている洋服も適当・・・なんてかっこうで働いていませんか?

そんな身なりでは、「女性として見て!」と言われても無理な話です。

身なりに気を使うことは、素敵な出会いを呼び込むための必要最低限の条件です。

「女性」を捨ててまでなりふり構わず働く姿を否定するわけではないのですが、恋愛や結婚の面を考えると、やはり女性らしさを忘れてまで働く必要はないのではとも思います。

【悪循環】デザイナー女子よ、激務に追われ女を忘れて働くことなかれこんにちは、emikiです。 デザイナーは、仕事が激務で有名な業種です。 深夜残業が当たり前、休日出勤が当たり前、泊まり込みが当...

 

出会いの場には積極的に参加する

毎日自宅と職場の往復で、たまの休日は疲労回復のために、自宅で寝て過ごしている・・・なんて習慣を送っていませんか?

疲れているのも分かりますが、自分から積極的に出会いの場に出向かないことには、チャンスを手に入れることなんてできません。

人の集まる場所に遊びに行ってみたり、思い切って婚活パーティーに出かけるのも良いですね。

自分から積極的に行動を起こしてみましょう。
行動を起こすことで、思わぬ場面から出会いのチャンスが転がってくるかもしれませんよ?

 

身近に出会いがないか、もう一度視野を広げてみる

身近に出会いがないか、もう一度自分を取り巻く周りの人たちを確認してみましょう。

直接本人と恋愛関係にならなくても、その人経由で彼氏候補を紹介してもらえることもできます。

人の数だけ、その人つながりで出会いのチャンスをいくらでも広げることができるのです。

しかも、知人の紹介であれば、どんな人かを事前にリサーチできるので、安心できますね。

ちょっと勇気がいる行動かもしれませんが、「今彼氏いないんで、いい人がいたら紹介してください」と、普段から話のネタとして振っておいても良いかもしれませんね。

 

デザイナー以外の女友達と飲みに行ってみる

デザイナーの職場は、体育会系で男社会のような雰囲気が漂っていませんか?
現場にもよりますが、「私完全に女扱いされてないな・・・」と、悲しくなることもあります。

そんな時は、デザイナー以外の女友達と飲みに行ってみるのもおすすめです。
本来女性は、会社の中ではどういった立ち振る舞いをされるべきなのかを、彼女たちから学ぶことができます。
男勝りに働かなくても、女性は女性、男性は男性と、それぞれの良さを活かしあいながら働ける環境もあると気づかされることもあるのです。

もちろん、男と肩を並べて最前線で働きたいというキャリア志向が高い女性もいるでしょうが、そういった女性は仕事に尽力しすぎて結婚が遅くなる傾向もあるので、「男性との恋愛を楽しみたい」「結婚したい」というのであれば、男性に愛される女性像を学ぶことも大切なのです。



スポンサーリンク

新しい趣味を始めてみる

趣味を始めると、男女問わず新しい人間関係を築くことができます。

私自身も「スケボー」という趣味を始めてから、たくさんの友達が増えたし、今の彼氏もスケボー経由で出会うことができました。

できれば、人と接する機会がある趣味の方が出会いのチャンスが広がります。
さらにいうなれば、スポーツなどの体を動かす趣味がおすすめです。

なぜなら、心理学の「吊り橋効果」といって、運動して息が上がった時の心臓のドキドキ感を、恋愛のドキドキ感を勘違いして、恋愛に発展することがあるそうです。

共通の趣味ができると、話のネタも尽きないし、一緒に過ごす時間がとても楽しいので、趣味つながりの出会いは非常におすすめですよ。

スケボーカップル〜共通の趣味だからこそ理解し合える関係〜こんにちは、emikiです。 スケボーに限らず、新しい趣味を始めると、趣味を通してたくさんの出会いがあります。 友達に限らず、そ...

 

リアル以外にも出会いを求めてみる

最近は、リアルな出会いだけでなく、SNSやゲーム上でも出会いの輪を広げることができます。

わざわざ出会いの場に出かけなくても自宅にいながら出会えてしまうので、便利な世の中になりましたね~

「オンライン上の出会いって、なんだかなぁ~」と敬遠する人もいるとは思いますが、結果的に自分にぴったりの素敵な男性に出会えたのなら、出会い方なんて関係ないですよね。

仕事が忙しくてリアルな出会いの場に行く時間が取れないというデザイナーにとっては、最適な出会い方の方法のひとつではないでしょうか。

 

仕事ばかりの生活から、一旦引いてみる

「仕事が忙しすぎて、プライベートの時間が確保できない!」
「女性ということを忘れて、なりふり構わず仕事に人生をささげている!」

「それでも結婚したい!」という女性は、一旦デザインの現場の最前線から身を引いてみるのもひとつの方法です。

デザインの仕事が好きだから、デザイナーを辞めてまで結婚を考えたくない!という人もいるとは思いますが、激務ではないデザインの現場で働けば良いだけなんです。

特におすすめなのが、インハウスデザイナー。
別名社内デザイナーとも呼ばれ、会社内のデザイン業務全般を請け負います。
デザイン事務所勤務に比べて、比較的残業も少なく休日出勤もないので、女性デザイナーには非常におすすめできる職場環境なんです。

▽インハウスデザイナーに関して詳しくはこちらから▽

インハウスデザイナー(社内デザイナー)で働くメリットと悩み【経験談】こんにちは、デザイナー歴10年のemikiです。 私は過去にデザイナーとして会社勤めをしており、いわゆる「インハウスデザイナー(社...

 

転職は、人生の大きな分岐点となりますが、デザイナー自体、転職することが当たり前のような風潮にあります。
ほとんどの転職理由が、激務に耐えかねて自分に合う職場にキャリアチェンジする場合でしょう。

なので、女性デザイナーの場合も、結婚など自分の将来を見越して転職するのも全然アリです。
結婚して将来的に子供を産むなら、育休制度が整った会社で働いた方が得ですしね。

転職活動を始めるきっかけとして、今一度、自分の今後の生き方について、考え直してみても良いのかもしれません。

 

出会いがない!結婚できないデザイナー女子まとめ

仕事が忙しすぎることが原因で、出会いのチャンスを逃しているデザイナー女子は、「結婚できない!」「婚期を逃した!」「この年だと誰もお嫁にもらってくれない!」という悲惨な末路をたどってしまう可能性も考えられます。

失った時間は取り戻せません。
今後も後悔し続けないためにも、「出会いがない!」という人は、今一度婚活に関して、真剣に考えてみましょう。

  1. 忙しいからといって女を捨てて働かない。外見に気を使う
  2. 出会いの場には積極的に参加する
  3. 身近に出会いがないか、もう一度視野を広げてみる
  4. リアル以外にも出会いを求めてみる
  5. デザイナー以外の女友達と飲みに行ってみる
  6. 新しい趣味を始めてみる
  7. 仕事ばかりの生活から、一旦引いてみる

以上の内容を参考にしていただけたらと思います。

デザイナーだけど残業したくないなんてワガママ?←いいんです!こんにちは、デザイナー歴10年のemikiです。 デザイナーの仕事は「激務」で有名です。 深夜残業当たり前 休日出...



スポンサーリンク

公開日:2019年3月14日