デザイン向上委員会

長時間労働?人間関係?みんながデザイナーを辞めたくなる3つの理由

こんにちは、emikiです。

みなさんは「デザイナーを辞めたい!」と思った瞬間はありますか?

私は、「デザイナーを辞めたい!」と思ったことが、まったくないといえば嘘になりますが、今まで培ってきた経験とスキルがあるので、それを無にしてまで他の職種へ転職することは考えられません。
例え、他業種に転職したとしても、仕事の選択肢として少しでもデザインに関わる仕事をしたいです。
デザインができることは、自分が社会に貢献できる能力のひとつだと思っています。

 

私の話はさておき、デザイナーのみなさんが「デザイナーを辞めたい!」と思った瞬間の主な理由は一体どんな理由が挙げられるのでしょうか。

今回は14名の現役デザイナーの方にご協力をいただき、アンケートをとってみたので、そのアンケート結果を元に考察していこうと思います。

 



スポンサーリンク

デザイナーを辞めたいと思った瞬間①「長時間労働」などの劣悪な労働環境


「デザイナーを辞めたいと思った瞬間」のアンケートにご協力をいただいたみなさん、口を揃えて言うのが「長時間労働がキツい」というセリフ。
長時間労働は「デザイナーを辞めたい」と考えてしまう大きな理由のひとつです。

私も痛いほど気持ちが分かります。

 

デザイナーといえば、

  • 残業・徹夜は当たり前!
  • 自宅にロクにに帰れない!
  • 休日返上で働く
  • 酷使して働いている割に、給料が安い

といった労働条件で働かなければなりません。
いわゆるブラック的な働き方が多いということです。

 

さらに厄介なのは、そんなブラック的な働き方をすることがいかにも「正義」「当たり前」かのような雰囲気が業界全体に漂っているということ。

もちろん、自分自身が楽しく働けているのなら何の問題もないのですが、周りから強要されたり、「できない自分はおかしい」という認識を植え付けられてしまったりする場合もあります。

あわせて読みたい
休日出勤&深夜残業当たり前!激務なデザイナーを辞めたくて仕方がない!こんにちは、emikiです。 デザイナーといえば、激務な仕事場を思い浮かべませんか? もちろんすべての会社には当てはまりませんが...

 

デザイナーを辞めたくなった瞬間①「長時間労働がキツイ!」みんなの声

キツイ労働環境であるがゆえに、デザイナーを辞めたくなったという人は大勢います。
今回実施したアンケート結果の一部を抜粋して紹介します。

40代 グラフィックデザイナー
40代 グラフィックデザイナー

時間が不規則過ぎる割には給料がとても安いので、心が折れます。
人が起きている時間に帰宅できることは稀です。

30代 グラフィックデザイナー
30代 グラフィックデザイナー

職場が遠く、ほぼ毎日家に着くころには日付けが変わるような時間で繁忙期は終電がなくなるような残業が続き、体調を崩すことが多かったので転職を考えました。

30代 アパレルデザイナー
30代 アパレルデザイナー

残業代が出ない会社なので、働けば働くだけ損になります。

20代 インテリアデザイナー
20代 インテリアデザイナー

お客様からの急な依頼にもすぐに応えなければならず、深夜残業や休日の仕事が多くプライベートが取れない仕事でした。

30代 グラフィックデザイナー
30代 グラフィックデザイナー

深夜作業が続き、帰宅してシャワーを浴びることもできなかったときは、何だか惨めな気分になりました。

 

例に漏れず、みなさん激務な仕事場で働いていますね。

私は、そんな労働環境が嫌でたまらなかったため「インハウスデザイナー」として働いていたのですが、それでも繁忙期は毎日終電まで仕事を行ったりもしていました。

私の場合、たまのことだったので良かったのですが、この生活が毎日続くとなると・・・

・・・想像しただけでもブルーな気分になってしまいますね。。。

あわせて読みたい
私が就職時、デザイン事務所ではなくインハウスデザイナーを選んだ最大の理由こんにちは、emikiです。 以前、インハウスデザイナー(社内デザイナー)で働くメリット【経験談】という記事を書きました。 ...

 



スポンサーリンク

デザイナーを辞めたくなった瞬間② 職場の「人間関係」に耐えられない!


一日のほとんどの時間を仕事場で過ごすわけですから、職場の人間関係の良し悪しも侮れません。

人間関係が嫌で、仕事を辞めたい!と思う人も多くいます。

人間関係が理由なので、ここでは「デザイナーを辞めたい!」というよりは「仕事を辞めたい」や「他の仕事場に転職したい」という方が適切ですね。

 

私も、今まで何度か転職をしてきましたが、職場の人間関係が合わずに転職したケースもあります。

デザイナーってパソコンに向かって一日中作業をしているわけですから、営業さんのように会社外に出て自分一人の時間を作れたり、会社外に出かけてリフレッシュする時間を持つことが難しかったりします。
(ディレクションをメインで行っている人は外出も多いでしょうが)

だから、自分の居場所が職場の自分のデスク付近になってしまうので、それを取り巻く人間関係が最悪であれば、どことなく居心地が悪い空気になってしまいます。

短期間ならその空気も頑張って耐えるのですが、居心地が悪い空間で休みの日以外は一日中仕事をしていると、それはもう嫌になるのは当たり前ですよね。

 

デザイナーを辞めたくなった瞬間②「人間関係に耐えられない!」みんなの声

30代 Webデザイナー
30代 Webデザイナー

自分のスキルばかりを自慢する社員が非常に多く、人間関係に疲れて仕事を辞めたくなりました。

30代 Webデザイナー
30代 Webデザイナー

アシスタント時代は、先輩デザイナーの尻ぬぐいまでさせられました。

40代 グラフィックデザイナー
40代 グラフィックデザイナー

上司が全部仕事を押し付けて定時で帰って行く姿に腹が立ち、別のデザイン会社に転職してしまいました。

30代 グラフィックデザイナー
30代 グラフィックデザイナー

女性の多い職場だったので、派閥らしきものが出来てしまっていて人間関係が大変だでした。

40代 Webデザイナー
40代 Webデザイナー

10歳ぐらい年齢の離れた後輩たちの指導もしないといけない時に、自分自身の仕事も繁忙期で時間が全くなく、体を壊してしまいました。

20代 インテリアデザイナー
20代 インテリアデザイナー

デザイナー全員がライバルのような社内の雰囲気であるため、仕事は一人で行わなければならず、スキルを身につけることが大変でした。

30代 グラフィックデザイナー
30代 グラフィックデザイナー

上司とソリが合いませんでした。
一度反論をしたら煙たがられ、その後は常に冷たい態度をとられました。

 

デザインの仕事だけに限りませんが、「人間関係の良し悪し」は自分の仕事のモチベーションを大きく左右してしまいます。

深夜残業が多い会社でも、人間関係が良好な会社と劣悪な会社を比べると、完全に「人間関係が良好な会社」の方が良いですよね。体はボロボロでも心が満たされます。

仕事も激務で人間関係も劣悪だと、文字通り心身共に疲弊してしまい、体を壊してしまうことは時間の問題です。

会社で働く上で、人間関係が大事な要素のひとつであることも頷けます。

 

 

デザイナーを辞めたくなった瞬間③ 理不尽&無茶振りなデザインの修正指示


デザイナーあるあるかも知れませんね。

クライアントや上司から、短時間で仕上げるように無茶振りをされたり、最初に提示されたことから大幅にデザイン変更をされるなど。

 

私自身も、何度も経験してます(苦笑)。

入稿直前に修正指示をかけられたり、最初言ってきたことから180度違ったデザインにしてほしいと修正指示されたり・・・(しかもそうゆう依頼に限って締め切りまで日にちがない)

仕事なので仕方のないことかも知れませんが、「先に言えよ!」というイラっとした感情を押し殺しながら仕事にのぞんでいました。

 

デザイナーを辞めたくなった瞬間③「理不尽&無茶振りなデザインの修正依頼」みんなの声

40代 グラフィックデザイナー
40代 グラフィックデザイナー

縦組みを明日までに横組みにレイアウトし直す(膨大なデータ量のもの)というような短期間無茶振り直しが多いのも、ストレスがたまる原因でした。

30代 パッケージデザイナー
30代 パッケージデザイナー

コンセプトや意味を具現化しながらやっとでデザインしたものが、クライアントや上司の意見によってまったく違うものとして修正が入った時、愕然としました。

20代 Webデザイナー
20代 Webデザイナー

クライアントとイメージの共有が難しいときは大変です。
少しの修正ならすぐにできると思っているようで、細かい修正が多くかなりの時間を要したときはデザイナーを辞めたいと思いました。

30代 グラフィックデザイナー
30代 グラフィックデザイナー

自分はクライアントの望む通りの作品を仕上げたのに、上司の趣味で修正させられたことがありました。

 

どの体験談も、共感できますね。

それがデザイナーの仕事!と言われてしまえばそれまでなんですが、ある程度のマナーがあるクライアントや上司と仕事をできた方が、こちらも気持ち良いでものです。

 



スポンサーリンク

 

デザイナーを辞めたくなる理由のまとめと対策

デザイナーを辞めたくなる理由は、大きく分けて3つあります。

  1. 「長時間労働」などの劣悪な労働環境
  2. 職場の「人間関係」に耐えられない!
  3. 理不尽&無茶振りなデザインの修正指示

当記事をご覧になっているみなさんの大半も、①〜③のような悩みを抱いたことがあるのではないでしょうか。

③理不尽&無茶振りなデザインの修正依頼は、デザイナーあるあるでもあり、仕事を行なっている以上、ある意味仕方のないこととも言えます。
(たまに地雷クライアントと遭遇してしまいますが、ごく稀なこと)

 

①「長時間労働などの劣悪な労働環境」、②「職場の人間関係」に耐えられない」は、環境を変えることで、改善できます。

 

環境を変える方法は、他の会社に「転職」をすることです。

 

長時間労働・人間関係を改善したい場合は「転職」も視野に入れよう

あなたの体は、長時間労働で悲鳴をあげていませんか?
人間関係に悩んでしまい、精神的にキツイ思いをしていませんか?

心身共に、限界を感じているようなら、迷わず転職を考えましょう。

 

今働いている会社に労働環境の改善を、直談判するのもアリでしょうが、急に改善できる問題ではないでしょうし、下手したら「お前はやる気がないだけだ!」と叱咤されて終了です。

会社の人間関係も、会社内の上司に相談したところで、もつれてしまう危険性も考えられます。
そもそも考え方や性格が合わないことが原因で人間関係がうまくいっていないのであれば、自分の意識改革をしないと、他人を変えることができません。
自分の意識改革をしても、イジメ・嫌がらせなど、人としてあるまじき行動を取る人も中にはいるので、自分ではどうすることもできず、お手上げの状況に陥ってしまうこともあります。

 

そんな労働環境・人間関係の改善は、「転職」をするだけで、案外簡単にできてしまうんですよ。

私もそうでしたが、転職で働くフィールド(場所)を変えるだけで、今まで悩んでいたことが嘘かのように快適に働けるようになった経験があります。

 

「いやいや、そんなに簡単に仕事を辞められる訳がない」
「周りに迷惑をかけてしまうから仕事を辞められない」
「転職することが逃げているみたいで嫌だ」

という理由で、転職をしたくてもなかなか踏み出せない人も多いでしょう。

その気持ちはすごく分かるし、悩む気持ちも分かります。

 

しかし、転職はそんなに難しいことではないし、決して「逃げ」ではないんです。

我が国では、年間300万人が転職していると言われています。
300万人ってすごい数ですよね。
(転職をしたいという意識を持っている人は、倍の600〜700万人とも言われています。)

そのくらい「転職」は当たり前に行われていることだし、キャリアアップの方法としては最適なので「逃げ」ではなく「成長」なのです。

 

ずっと同じ世界にいると「井の中の蛙」じゃないですけど、自分の価値観が凝り固まってしまいます。
今まで勤めていた会社から一歩でも外に出てみると、今まで靄がかっていた視界がクリアになって、本来の自分が持っていた冷静な判断ができるようになります。

 

別に働きながら、転職活動をしてもいいんです。

転職活動をすると、自分が今働いている仕事場とは違う世界が見えてきて、視野が広がって行くことが実感できますよ。

実際に転職活動を通して、今の会社に残るという選択肢もアリですし、「やっぱりうちの会社ではこれ以上働けないな、転職しよう」と考えても良い訳です。

 

長時間労働であなたの体は悲鳴をあげていませんか?
人間関係に悩んでしまい、精神的にキツイ思いをしていませんか?

少しでも思い当たる節があるのなら、「転職」という選択肢を考えてみてください。

転職に成功すると、今まで悩んでいたことが嘘かのように、快適な働き方が実現できます。

  • 在職中の転職活動もOK
  • 会社に転職活動がバレる心配もない
  • クリエイティブ業界に精通したキャリアコンサルタントが応募〜面接〜採用まですべての転職活動を全面バックアップしてくれる
  • キャリアアップのために転職活動の精度を上げるにはうってつけ!

そんなデザイナーのための裏技的転職サイト【マスメディアン】
↓↓↓いますぐチェック↓↓↓

 

当サイトでは、デザイナーにおすすめ転職サイトも紹介しています。

グラフィック・Webデザイナー向けの転職サイト7選はコレ!

「グラフィックデザイナー」向けの記事構成になっていますが、Webデザイナー志望の方も参考にしていただけるように構成しておりますので、興味のある方は、ぜひご確認ください。

みなさまが自分らしくイキイキと働けるように、少しでも当記事を参考にしていただけると幸いです。

 



スポンサーリンク