デザイン向上委員会

デザイナーとして就職する場合、美大卒と専門学校卒どちらが実戦向き?

こんにちは、emikiです。

美大出身のデザイナーは多いですよね。
私の場合は美術大学卒→専門学校卒を経て、デザイナーとなりました。

実は美大生も専門学生も両方とも経験しています。

そこで今回は、デザイナーとして就職する場合に「美大卒」と「専門学校卒」どちらが実戦向きかを私の実体験を元に紹介したいと思います。



スポンサーリンク

美大生がデザイナーとして就職する場合、意外な苦労もある

美大といえば、花形の「油絵学科」「日本画学科」「彫刻学科」などを想像する人も多いと思います。
それらの科を専攻している人は、日々絵や彫刻のスキルを磨き、クリエイティブなモノづくりを学んでいます。

だから、もしデザイナーになりたくても授業内容で「デザイン」に関することを学ぶ機会が少なかったりします。

現に油絵科出身の私の友達も、大学4年の当時、就職のために必死にデザイナーとしての必須ツールIllustrator、Photoshopを学んでいたと話していました。

 

私は幸いにも、専攻していた科がパソコンを使った映像・Web・グラフィック全般を学ぶべる科だったので、デザイナーとして就職しやすい環境でもありました。

就職目前で焦ってIllustrator、PhotoshopをはじめとしたAdobe系ソフトを勉強し始めていた友達と、1年生の時から授業でデザインについて学んでいた私。
私より確実に絵の才能もあってクリエイティブな人種でもある油絵科の友達よりも「デザイナーとしての就職」においては優位に立てていたのです。

 

だから、もし大学入学以前にデザイナーとして最終的に就職したいという考えがあるのなら「デザイン」に特化した科を受験した方が懸命です。

もちろん大学で「絵」や「彫刻」などデザインとは少しズレた科を専攻したとしても、デザイナーとして就職することもできます。

が、「デザイン」を専攻するよりも、少し遠回りで時間がかかるということもお忘れなく。

 

専門学校の授業内容は現場向きだと感じた

私が専攻していた美大の学科は、映像・Web・グラフィック全般を広く学べるという感じでした。
映像もWebもグラフィックも、すべて完璧に学び倒すなんてなかなか難しいものです。

だから私は美大卒業後、映像の分野を詳しく学び直したいと思い、1年制の映像系専門学校に入学しました。
映像系といえど、Illustrator、Photoshopをはじめとしたグラフィックの授業内容もありました。

授業内容は、とにかく実戦向けのものが多く、仕事を行っていくうえで必要なスキル習得はもちろんのこと、実際の仕事現場に出向いて実戦スキルを学ぶ機会も多くありました。

 

美大はどちらかというと、自分のクリエイティブな部分を磨く授業が多い印象でしたが、専門学校は「就職」に直結する授業内容が多い印象でした。

 

大学は4年制、専門学校は1年制だったので、学べる年数のカリキュラムの差も多少なりともあるとは思いますが、「デザイナーとして就職したい」という効率を求めるなら専門学校の方が強いのかな〜と感じました。

 

美大と専門学校どちらがデザイナーとして有利に就職できる?

効率だけを求めてしまうと、専門学校の方がデザイナーとして実戦向きかもしれませんが、デザイナーとして大切な要素でもある「クリエイティブな創造力」を培えるのは美大の方だと思います。

授業内容を例にとってみます。

専門学校の課題は「A4サイズ1枚であなたをアピールするチラシを作ってください」という分かりやすくて取り組みやすい課題が多いです。

一方美大の課題は「あなたと青を表現してください」といった抽象的で取る人によって色んな解釈ができる課題を出されることがあります。
このような課題をこなしていると、様々な方向から物事考えることができ、柔軟な創造力を養うことができるので、一見遠回りのようですがデザイナーとして基礎的な部分を培うことができます。
(←独りよがりな考えになってしまう危険もあるので、周りの意見も聞き入れることも大事。)

 

また、専門学校に通うことによって意外にもびっくりしたのですが、絵を描けないデザイナーが中にはいるということです。

美大生になるには、デッサン科目が必須なので「絵」を描けないと合格はまずできません。
だから私は、クリエイティブな環境にいる人は少なからず絵がかけるものと思っていました。

もちろん、絵が描けなくてもデザイナーにはなれるし、「絶対に絵が描けなければならない」ということはないのですが、絵を描ける且つ、理論に基づいたデッサンができることは美大生最大の武器とも言えます。

 

以上を踏まえて「美大出身者」と「専門学校出身者」ではどちらがデザイナーの就職に有利かというと、、、

う〜ん。。。

 

企業によりけりなので、私はなんとも言えません(苦笑)。

 

「美大生はこだわりが強いから扱いづらい。こだわりすぎてクライアントの意向を無視してしまう」
「専門学校より美大の方がデッサンができる分、基礎がしっかりしていそうだ」
「専門学校の方が実戦向けな授業をしているから良い」

などと言った賛否両論様々な意見があるので、結局は雇う企業に自分が合うか合わないかになってしまいます。

もしあなたが就職を見越してデザイナーになる場合は、

  • 効率を求め、実戦的なスキルを習得したいなら専門学校でデザインを学ぶ
  • デザインの枠にとらわれることなく、クリエイティブな環境が好きで基礎的な部分からデザインを学びたいなら、美大でデザインを学ぶ

と言った感じです。



スポンサーリンク

美大出身者と専門学校出身者の仕事の場における実態

私は仕事柄、過去に多くのデザイナーと出会ってきました。
大体は、美大出身者と専門学校出身者に分けられます。
(独学でデザインを学ばれている方もいますが、今回は除きます。)

周りに美大出身だと言うと過度の期待をされることもあり、変にプレッシャーを感じてしまうこともしばしば。
すべての人には当てはまりませんが、往々にして美大出身者はクリエイティブな面においての「プライドが高い」印象です。
現に私も「美大出身ブランド」にしがみついてしまっている部分があることも否めません(苦笑)。

プライドが高くて、美大出身ブランドにしがみついていたとしても、デザイナーとして仕事ができる・できないは、また別の話なので、名実ともに信頼がおけるように美大出身者も自分自身のスキルを磨き続けなければなりません。

 

一方、専門学校出身者はそんな美大出身者を見ているからなのか、出身校というバックボーンで勝負できない分、実力で勝負をしようと懸命になっている節が見受けられます。

「美大出身だからデザインに関しては私に任せておけ」とブランドにしがみつくよりも、着実に実力を磨いている専門学生の方がデザイナーとして正しい努力をしていると言えます。

 

もちろんすべての人に当てはまることではなく、ほんの一部の事例かもしれませんが、どちらにしても就職してからもデザイナーとしてスキルを磨き続けることが信頼獲得の近道であり、一人前のデザイナーになるための一歩なのです。

私の場合は、、、
少なからず「美大出身ブランド」にしがみついてしまっていますが、「美大出身なのにこの程度なの?」と思われてしまう方が怖いので、その権力を振りかざしたことはありません(苦笑)。

美大出身、専門学校出身問わず、デザイナーとして日々スキルを磨き、実力をつけて行くことが結局は正義なのです。

 

まとめ

デザイナーとして就職する場合、美大卒と専門学校卒どちらが実戦向きなのでしょうか。

  • 効率を求め、実戦的なスキルを習得したいなら「専門学校」
  • 実戦向きからは少し遠回りになるが、基礎的な部分からデザインを学べるのが「美大」

就職における「実戦向き」「即戦力」だけに焦点を当てると「専門学校生」あるいは「デザインに特化した科で学んだ美大生」が有利と言えます。

デザインをはじめとしたクリエイティブなものの基礎から深く学びたい場合や、自分の才能をもっと磨きたい場合は美大進学の方が適しているので、自分が何をしたいのか、どういったデザイナーになりたいのかを考えたうえで選択すると良いでしょう。

当記事を少しでも参考にしていただけると幸いです。

独学よりオンラインスクールでデザインを学んだ方が費用が安いって知ってる?こんにちは、デザイナー歴10年のemikiです。 デザイナーとして仕事をしたい場合、デザインを学ぶ必要があります。 デザインを学...



スポンサーリンク