デザイン向上委員会

私が転職により年収200万円→550万円のデザイナーになった経緯を暴露!

こんにちは、emikiです。

今はフリーランスのデザイナーとして活動していますが、以前は会社勤めのインハウスデザイナーとして働いでいました。

直近の会社に勤める前の年収は、200万円。
その後の転職により、最終的に550万円の年収アップに成功しました。

日本の女性全体の平均年収は、2015年の国税庁の調査で276万円との結果が出ています。
当時の私は、平均年収の約2倍を稼いでいたことになります。

 

年収200万円の超弱小デザイナーが、なぜ年収550万円アップに成功したのか。

今回は、そんな私の経緯を紹介したいと思います。

ちなみにフリーランスとなった現在は、年収を発表するのも恥ずかしいくらい稼げてないので、今となっては年収550万円も過去の栄光ですが(苦笑)参考までにご覧いただけたら幸いです。m(_ _)m



スポンサーリンク

年収200万円のデザイナーだった当時の私

年収200万円のデザイナーだった当時の私ですが、なぜ年収が低かったかというと、答えは簡単。雇用形態が「アルバイト」だったからです。

時給1,000円で1日8時間、週5勤務。
単純計算だと月給16〜18万円。(←月の出勤日数によって変動)

アルバイトなので、もちろんボーナスなどは出ないため、働いた分=収入となります。

上京&一人暮らし組だったので、当時の私は貯金もままならないほどのカツカツの生活を送っていました。
《当時住んでいた激安アパートの実態はこちらから》
女一人暮らし東京で家賃6万円以下の物件に住んで後悔した話

 

デザイナーとして雇われていたアルバイト先は、私の好きなことが活かせる憧れの仕事場だったので、安月給でもそれなりに楽しく働くことができました。

しかし、

  • 正社員として安定して働きたい
  • ボーナスをもらえる会社に就職したい
  • 金銭的にゆとりを持った生活を送れるようになりたい

と考えるようになりました。

周りの友達は正社員として働き、ボーナスで好きなものを買ったり、海外旅行に行ったりしている。一方で私は、買いたいものも我慢し、なりふり構わず生活のために働いている。

好きな職種での仕事でもあったのですが、金銭的にゆとりのある生活を送りたい!
と強く思うようになり、新たな職場に転職しようと決意したのです。

 

27歳でアルバイトから正社員デザイナーへの転職に成功!

そこで私は、在職中に転職活動を開始しました。

仕事を一旦辞めてから、落ち着いて転職活動を行うという方法もありますが、当時の私は1円も貯蓄がなかったので、働きながらの転職活動しか選択肢がありませんでした(苦笑)。

ここでのポイントは、
「転職を考えている」「転職活動を始めます」という旨を、事前にアルバイト先に申し出ておくことです。

アルバイトとはいえ、私はフルタイムで勤務していたので「仕事が決まったから辞めます」と急に言われても、アルバイト先の人に迷惑をかけてしまいます。

だから事前に「転職活動を始めました。新しい仕事が決まれば辞めさせていただきます」と伝えておきました。
アルバイト先からも、変に止められることもなく、すんなり私の意向を受諾してくれたので、とてもありがたかったです。

 

アルバイト先での正社員登用は考えなかったのか?

転職をせずに、そのアルバイト先で正社員になるという方法もありました。

詳しくは言えませんが、アルバイト先は従業員の人数が1,000人を超える某大企業だったので正社員登用制度もありました。

しかし、正社員になるためにはアルバイトを3年〜5年(←記憶が曖昧です。すみません)続けなければならなかったことと、正社員登用の為には社内のコネが必要だったことと、勤務地が遠かったので、選択肢として断念しました。

 

働きながらのデザイナー転職活動の実態

働きながらの転職活動は大変と言われていますが、私はそこまでの労力を感じませんでした。

転職活動でまず最初に私がしたことは、片っ端から転職サイトに登録したことです。

《転職サイトのおすすめはこちらの記事から》
グラフィックデザイナー本気の転職!登録マストな求人サイト5選

 

夜寝る前や通勤中に、求人サイトからひたすら求人を探しまくりました。

時間の余裕がある日に、エントリーシートを作ったり、履歴書を作ったり、ポートフォリオの作成をしていました。

求人サイトの閲覧、エントリー、書類の作成など、自宅でできることはそんなに苦労しなかったのですが、一番大変だったのが「面接日の設定」です。

基本平日の昼間は働いているため、面接日の融通がなかなか効きません。

幸いにもアルバイト先が、平日・土日込みの自由シフト制だったので、休みを平日にズラして代わりに土日に働くというスタイルを取りました。

当時の私は、

・正社員
・ボーナスあり
・グラフィックデザイナー

に的を絞り、空いた時間を見つけては、気になる会社にエントリーしまくりました。

多分エントリー数だけでいうと余裕で30社は超えてたかな・・・

面接まで行けたのが3社です。

面接に漕ぎ着けることができた会社は少なく見積もっても1/10ということで、結構シビアな結果ですね・・・

そのうちの1社からは、ブラック面接なるものを受けたのですが、本題と話がズレてしまうので、気になる方はこちらの記事へ。
【ブラック面接】映像制作会社での面接実技試験に10時間以上費やした

 

2ヶ月の転職活動を経てアルバイトから正社員デザイナーへ転職成功!

転職活動開始から約2ヶ月後、1社から採用をいただき、無事正社員として採用していただけることとなりました。

さらにありがたいことに、私の中での第一志望の会社からの採用でした。

 

転職当初は月収21万円くらいでしたが、ボーナスが1年に3回あったので、転職初年で年収が一気に350万円くらいに跳ね上がりました。

転職し、職場を変えただけで、年収が100万円もアップしたのです。

 

たまたま採用していただいた転職先の運が良く、会社全体の業績が黒字続きだったので、毎年ごとに昇給もあり、入社3年目で気づけば年収も550万円になっていました。

ちなみに転職先は、インハウスデザイナーとして、メーカーのグラフィックデザイナーとして働きました。

インハウスデザイナーとしての働き方の記事はこちらから
インハウスデザイナー(社内デザイナー)で働くメリット【経験談】

 

年収を上げると金銭的にゆとりのある生活が送れることを身をもって実感

月収16万円の貧乏生活から一転、転職により2倍以上の35万円〜40万円の月収をもらえるようになりました。
金銭的なゆとりが生まれ、以前の暮らしに比べたらそこまで物欲を我慢することなく、欲しいものを買えたり、行きたいところに行けるようになりました。

しかし、元々が高級志向ではなく、節約体質の私なので、お金を使うことよりも貯めることの方が楽しくなり、たまに贅沢をして普段は節約という日々を送っていたので、貯金ばかりしていたのですがね(笑)。

 

貯蓄があることにより、安心感と精神的なゆとりも生まれるようになります。
貧乏時代も経験してきたからこそ、改めて「お金の大切さ」を身をもって体験することができました。

また、年収が上がることにより、それが自分への自信にもつながります。

今までは月収16万円くらいが当たり前と思っていたのですが、35万円以上ももらえるようになると「金額なりの仕事をしているんだ」と仕事への責任感とやりがいを持ち、自分自身の成長にもなりました。

もちろんお金がすべてではないのですが、月にもらえる金額が多いことは、かなりのモチベーションのアップになることは確かです。

 

みなさんは、現状のお給料に満足していますか?年収を上げるには転職を!

みなさんは、今のご自身のお給料に満足していますか?

年収200万円だった当時の私は「自分はその程度のもの」「その金額が妥当だ」と勝手に思い込んでいたのですが、働くフィールドを変えるだけで年収が100万円も上がりました。
のちに、倍以上ともなる年収550万円のデザイナーになることができました。

 

「デザイナーとしての実力がないと年収アップを見込めないのではないか」と考える人もいるとは思いますが、私はデザイン力(=実力)で年収アップに成功した訳ではありません。

デザインスキルは、1カ月や2カ月で劇的に向上することなんて、まずあえりませんよね。
単純に働くフィールドを変えて、転職したことにより年収アップに成功したのです。

年収を上げたいと、お考えの方、ぜひ転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

《関連記事》
フリーランスデザイナーがMIIDAS(ミーダス)を使って自分の年収を調べてみた結果

 

 

デザイナーの転職ならクリエイティブな求人に特化した転職サイト「マスメディアン」


宣伝会議グループ「広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン」

もしあなたが、年収アップを視野に入れて転職を考えるなら、クリエイティブ業界の求人に特化した【マスメディアン】がおすすめです。
あの「宣伝会議グループ」が運営する広告・Web・マスコミ系の求人サイトなので信頼がおけます。

宣伝会議グループとは?
マスメディアンは宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行する宣伝会議のグループ会社です。宣伝会議の人脈や情報ネットワークを最大限に活用してあなたの転職をサポートします。

 

「マスメディアン」で転職活動を行う場合の、5つの特長を紹介します。

広告・Web・マスコミ職種専門のサイト

同じ業種・職種の採用であっても、企業によって重視する採用ポイントは異なります。企業ごとの特徴に合わせたアドバイスができるのも、専門特化型だからこそ。広告・Web・マスコミ職種の転職・キャリア相談は、マスメディアンにおまかせください。

マスメディアンでは、

  • インハウス(一般企業)
  • クリエイティブ
  • 営業・プロデューサー
  • マーケティング
  • CM・映像
  • Web・デジタル
  • 出版・新聞
  • テレビ

以上にジャンル分けされたカテゴリーがあります。

「クリエイティブ」に特化した求人を扱っているからこそ、その分野でのキャリア相談も的確。
安心して転職活動を任せることができます。

 

4万人超の転職支援実績

4万人を超える転職支援実績から培った転職ノウハウと、宣伝会議のグループ力を駆使した人脈・情報・ネットワークをもとに、あなたの転職を強力にバックアップ。これまでの転職実績やノウハウから企業が選考で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどもアドバイスします。

4万人を超える転職支援の実績がある「マスメディアン」。

プロのキャリアコンサルタントが、転職活動をバックアップしてくれます。

  • 応募企業の特徴に合わせた応募書類やポートフォリオの作り方の指導
  • 応募企業の特徴に合わせた面接対策
  • 面接時にはキャリアコンサルタントが同席
  • キャリアコンサルタントが入社日や給与をなどの各種条件面のデリケートな交渉を代わり行ってくれる

プロのキャリアコンサルタントが、応募企業の特徴に合わせて指導してくれるという点は、かなりありがたいですね。

私は今まで転職活動はすべて一人で行ってきましたが、このようなサービスがあることをもっと早く知りたかったな〜(苦笑)
便利すぎるし、自分の身になる転職活動ができますね!

 

専門分野で圧倒的な求人数

一口にクリエイティブ求人と言っても、私みたいなデザイナー志望から、ディレクター、マーケティング志望まで様々な職種があります。
大手求人サイトは、そう言った職種の求人も満遍なく取り揃えてはいるのですが、圧倒的に数が少ない印象です。

マスメディアンは、「クリエイティブ」にのみジャンルを絞っているので、広告・Web・マスコミ職種の中では、最大規模の求人数と言われています。

求人数が多いということは、その分選択肢が増えるということです。
クリエイターなら、利用しておいて損はない求人サイトですね。

 

転職活動の手間暇を削減

書類提出や面接日程など細かい作業は、キャリアコンサルタントがあなたに代わって行います。転職活動にかかる手間と時間を大幅に削減できます。

私は過去の転職活動は、大手求人サイトを見て、自分でエントリーし、履歴書を送付し、自分で企業とやり取りをして面接を行っていました。

しかしマスメディアンは、キャリアコンサルタントが求人企業への応募書類の提出や面接日の調整を代行で行ってくれるので、忙しい人にもぴったりです。

私のように、働きながら転職活動をする人にもおすすめできます。

 

完全無料・秘密主義

マスメディアンは、このような手厚いサポートが受けられるのにも関わらず、料金は一切かからず、完全無料で利用することができます。

自分の転職における強みや弱点をプロに指導してもらえるのに「無料」で利用できるなんて、こんな機会は滅多にありません。

 

自分では中々交渉しづらい給与面の相談も、キャリアコンサルタントを企業との間に挟んでやり取りできるので、年収アップももちろん可能になります。
みなさんも転職サイトを探す際に利用されてみてはいかがでしょうか?

宣伝会議グループ 広告・Web・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン

 

最後に

年収200万円の超弱小デザイナーだった私が、転職に成功して年収550万円になった経験談を紹介しました。

今の年収が少ないと感じている方、もう少し年収アップをしたいと思っている方、「転職」という選択肢もアリですよ!!

お金がすべてではありませんが、より良い人生を送るためにはお金も大事です。

年収アップはお金のみならず、自分への自信や仕事へのやりがいにもつながるので、ぜひ当記事を少しでも参考にしていただければ幸いです。

↓↓↓マスメディアンを利用して転職する方はこちらから

宣伝会議グループ「広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン」

関連記事はこちら