デザイン向上委員会

デザインにおける余白(スペース)の広さは「高級感」に比例する!

皿一杯に盛りつけられた定食 高級フレンチ
大きなお皿にちょこんと料理が置かれている高級フランス料理。
お皿からはみ出るほどボリューミーに料理が盛りつけられている庶民的な定食屋。

銀座などに立ち並ぶ高級ブランド店は、商品一点一点を引き立たせるために、ゆとりのあるディスプレイ展開がされています。
一方、安さが売りのディスカウントショップでは、「お得感」「満足感」を強調するために商品が所狭しとギッシリ並べられていいます。

高級ブランドの広告はシンプルで洗練されているデザインがほとんど。
一方、スーパーなどの大安売りのチラシは、狭いスペースに画像や文字が凝縮されたデザイン。

このように、「高級志向」と「高級志向ではない(安さが売り)」のものでは、見せ方がまったく違います。

余白(スペース)があるものほど高級志向が強いものが多ということです。

この法則も、デザインに取り入れることができます。



スポンサーリンク

余白を意識したデザインで、「高級感」「お得感」を演出しよう

「高級感」を表現したければ、余白やスペースを活かしたデザインを心がけ、
「お得感」「親しみ」「にぎやかさ」を表現したい場合は、画面一杯に詰め込んだデザインをしてみましょう。

シンプルなデザインも、ごちゃごちゃしたデザインもバランスは難しいですが、自分が表現したいイメージに合わせて余白作りも意識してみてください。

余白を意識した高級感のあるデザイン
(↑)私も、余白を意識して高級感のあるデザインを作ってみました。

全体的な余白はもちろん、文字と文字の間のスペースを意識してデザインしてみました。

また、スペースの他にも、「フォントの種類」と「色」を意識して、より高級度を増すデザインにしてみました。

「フォントの種類」・・・明朝体(繊細で高級なイメージを持つ書体)
《詳しくはこちらの記事から》
そのフォント適切?デザイン全体の雰囲気やTPOを考えた選び方の極意

「色」・・・ゴールド風(高級感)
《詳しくはこちらの記事から》
デザイナーが色の配色の時に取り入れたいポイントとアドバイス

 

普段の生活からもデザインを意識的に取り入れよう

普段の生活からも、デザインを意識して取り入れるようにしましょう。

街中を歩く時、高級なお店の看板や広告を是非確認してみてください。
すべてとは言い切れませんが、ほとんどはスペース作りを意識したデザインになっているはずです。

このように、デザインのアンテナを広げて街を歩くのも面白いので、ぜひやってみてください。

デザイン書が高くて買えない!美大時代に私がやっていたデザインの収集方法こんにちは、emikiです。 図書館に置いているようなデザイン書や絵画の本って高価ですよね〜! 5,000円以上の本は普通で、1...
学び方〜仕事の探し方まで!未経験からデザイナーになるための完全ガイドこんにちは、デザイナー歴10年のemikiです。 デザイナーになるには、専門的な技術が必要です。 もし、デザイナーに転職しよ...



スポンサーリンク