デザイン向上委員会

デザインにおけるスペースの広さは高級感に比例する?

 
大きなお皿にちょこんと料理が置かれている高級フランス料理と、
お皿からはみ出るほどボリューミーに料理が置かれている庶民派な定食屋。

銀座などに立ち並ぶ高級ブランド店の商品は、
商品一点一点ゆとりのあるディスプレイがされているが、
安さが売りのディスカウントショップでは、
所狭しと商品が並べられている。

高級ブランドの広告はシンプルで洗練されているデザインが多いが、
スーパーなどの大安売りのチラシは、狭いスペースに画像や文字が凝縮されたデザインである。

このように余白(スペース)があるものほど高級なものが多いです。
(もちろんすべての事柄には当てはまりませんが)

この法則も、デザインに取り入れることができます。

高級感を表現したければ、
余白やスペースを活かしたデザイン
を心がけ、
親しみやにぎやかさを表現したい場合は、フルに画面を有効活用してデザインをしてみましょう。

シンプルなデザインも、ごちゃごちゃしたデザインもバランスは難しいですが、
自分が表現したいイメージに合わせてスペース作りも意識してみてください。

全体のスペースや、文字と文字の間のスペースを意識したデザイン例の画像を作ってみました。高級感の他にも、スッキリと見せることにより清潔感も感じるようにして見ました。

ちなみに、キャッフレーズ部分のフォントを明朝体として、より高級な雰囲気が出るように演出しました。
明朝体は繊細で高級なイメージを持つ書体です。

明朝体など、フォントの持つイメージについての記事はこちらから
そのフォントは適切?デザイン全体の雰囲気やTPOを考えたフォント選び

 

街中を歩く時、高級志向のお店の看板や広告を是非確認してみてください。
すべてとは言い切れませんが、ほとんどはスペース作りを意識したデザインになっているはずです。

このように、デザインのアンテナを広げて街を歩くのも面白いものです。



スポンサーリンク