デザイン向上委員会

デザインを独学で学ぶことは可能か〜デザインの学び方を考える〜

こんにちはemikiです。

大学生の頃、私はデザイン専攻でした。
しかし、いざ就職して現場に出てみると素人に少し毛が生えたレベルのデザイン力しかなかった私。

やはりプロの実力と経験の差は違うなと痛感しました。

当時、私はデザイン事務所ではなく、社内デザイナーとして就職しました。
特に理由はなかったのですが、たまたまデザイン事務所に採用されなかったからです。

数回ほど転職し、すべて社内デザイナーとして勤務しましたが、デザイナーが私ひとりだったり、外注のデザイナーがいたり、社内にデザイナーがいるものの、ひとりひとりが独立して仕事を進めていたりなど、実践的なデザインを教えてくれる先輩や師匠みたいな人がいませんでした。

デザインの現場にいたことは幸いでしたが、実践的な知識はほぼ独学といっても良い環境で働いてきました。

そんな私が、独学でデザインを学ぶことについてまとめてみました。



スポンサーリンク

デザイナーとして就職したばかりで実践スキルがない私が実際に行ったスキルアップの方法

知らない、分からないことは必ず調べる。分からないままにしない

社内デザイナーとして就職したものの、
知らないことだらけだった私。

「ここリッチブラックになってるって印刷会社から電話きてるけど?」
「オーバープリント設定ってどうやればいいの?」
「パントーンとDICの違いって?」

などなど、デザインのことならこいつに聞け!
ばりいろんな人から質問されました。

職場に他のデザイナーがいなかった時は、
周りに聞く人もおらず、その都度、調べて自分の知識として吸収しました。

また、社内の他のデザイナーがいて、私の知らないデザイン知識のことをしゃべっている時、こっそり盗み聞きしてあとで調べてみたり、直接本人に聞いてみたり、とにかく知らないこと、分からないことはすぐに調べるクセをつけました。

インターネットに載っていないことは、印刷会社の人から直接聞いたりもしました。

当初は知らないことだらけだった私でしたが、
このように少しずつデザイン知識を蓄えていきました。

 

他人のデザインのやり方(進め方)を参考にする

データ流用のため、他のデザイナーからそのままデータを引き継ぐことがあります。
他人のデザインデータは、発見の宝庫。

レイヤーの分け方や、設定の仕方など多種多様で、本当に勉強になります。

実は、イラストレーターで「点線」の作り方を他人様のデータを見て初めて知りました(笑)。(←破線の作り方は知っていたのですが)

デザイン自体をパクることは盗作になるので、絶対にやってはならないことですが、デザインの具体的なやり方、進め方などは他のデザイナーさんをかなり参考にさせていただきました。

もちろん、自分に合う合わないもありますので、
そこから自分流に噛み砕いていくと良いと思います。

 

他人の貴重な意見はありがたく聞く

時には、他人から鋭い意見をいただくこともありました。

デザイナーじゃない人からの意見でも、的確で意表をついていて、ごもっともな意見もあります。

デザインのイロハを知っている訳でもないし、デザインに精通している人という訳ではないけど、「なんかこの紙面見づらいな〜」という客観的意見もとても大切で意外に的を得ていることもあります。

だから、そういった意見をありがたいと思い、素直に受け止めました。

 

デザイン未経験者の独学の方法

私が今まで行ってきたことは、
自分が大学でデザインを学び、さらにはデザイン業界にいたからできたことです。

しかし、未経験から独学でデザインを始めようとなると、何のコネクションもないし、環境にも恵まれていないことは確かです。

そこで、そんな状況の中でも、デザインを独学で進めて行く方法もまとめてみました。

①分からないことは本や参考サイトを調べたり、分かる人に聞く

デザインを学んで行くうえで分からないことは、
サイトや本で調べたり、分かる人に聞く習慣をつけます。

分からない時が、自分の知識を増やすチャンスです。
後回しにせず、積極的に分からないことをクリアにしていきましょう。

 

②良いデザインを常に自分の頭にインプットする

私は、かっこいいチラシや、おしゃれなデザインを見つけたら、それを写真にとったり、コピーしたりして、スクラップ帳を作っていました。

デザインに煮詰まった時、そのスクラップ帳を眺めます。

クラブのフライヤーはかっこいいデザインが多く、CDショップに度々フライヤーをもらいに通っていたこともあります。

良いデザインは常に自分の中に取り入れるようにしていました。

 

③デザインの数をこなす、良いデザインを真似して作ってみる

イラストレーター・フォトショップの操作を覚えただけでは、デザイン力は身につきません。

ソフトの操作に慣れる意味でも、デザイン力を上げるにはひたすら自分の作品を作るに越したことはないです。

また、良いデザインをそっくりそのまま真似て作ってみるのも勉強になります。

※勉強のためにデザインを真似しても、くれぐれも盗作はしないようにしましょう。

 

④他人に自分のデザインを見てもらう

自分の中でデザインを作り込んでいくうちに、デザインに偏りが出てしまったり、煮詰まってしまうので、デザインの良いところ、悪いところを客観的に見てもらうことも大切です。

そのために、他の人に自分の作品を見てもらうようにしましょう

理想を言うと、デザインに携わる人に自分の作品を見てもらった方が良いです。
それが難しくても、周りにいるデザインセンスの良い人に見てもらいましょう。
(お世辞など抜きにして、客観的に意見が言える人だとなお良し)

 

⑤クラウドソーシングに挑戦

ある程度、デザイン力が上がってきたら

ランサーズ


クラウドワークス

ココナラ

などのクラウドソーシングに挑戦してみることもおすすめします。

どれも、クラウドソーシング大手サイトなので
安心して利用でき、登録・利用は無料。

とりあえず登録してみて、自分にもできそうな仕事を見つけることもできます。

他のデザイナーの作品に生で触れることができて、とても良い刺激になります。

また、クライアントからのひとつの要望に対して、
多種多様なデザイン案がたくさん提出されてくるので、勉強にもなります。

ただ闇雲に自分の作品を作るよりは、仕事として取り組んだ方がモチベーションも変わります。



スポンサーリンク

デザインを独学でぶことは、挫折するのも事実

独学でデザインを学ぶことは可能だと思いますが、
挫折する人も多くいることは事実です。

主な原因は

「周りに同じ志の人がいないからモチベーションが下がる」
「分からないことを気軽に聞ける人がいない」
「時間やお金がない」

などの理由でしょうか。

そういった部分をクリアできる、強い精神力を持っている人なら良いのですが、みんながみんなそういう人ばかりではないですよね。

そんな人のために、独学以外の学ぶ方法をまとめます。

 

とりあえずデザイン業界に身を置いてみるのもひとつの方法

「デザイナーになりたい!」

一番簡単な方法は、その業界に入ることです。

経験・スキルに長けた先輩からデザイン力を吸収することができ、
同期とは切磋琢磨し合いながら成長していけます。

デザインに携わる環境にいるのと、いないのとでは、
伸びるスピードが全然違います。

実際、私もそうでした。

学生の頃デザインを学んだ時より、
就職して実践的に活動した時の方がはるかに、スキルの伸びしろを実感できました。

経験やスキルを習得するまで、とりあえず企業に身を置いてみるのもひとつの方法です。

学びながら、お金も稼げる、まさに一石二鳥。
簡単にやめられない環境に身を置くことで、モチベーション維持が可能です。

 

デザイン業界への転職は、経験者優遇が多いことは確かです。

しかし、中には未経験者を募集している企業もあります。
アルバイト・派遣だと正社員雇用ほどスキルを必要としない場合もあります。

上手くデザイン業界で働くことができたら、
いつの間にやらデザインスキルは向上していることでしょう。

ただ、クリエイティブな業界は、ハードワークな面もあります。
(残業が多かったり、休日出勤が多かったり・・・)

そうゆう働き方が苦手な方は、
きちんと自分に合う会社を見つけなければなりません。

憧れのデザイン業界に入ったのに、
日々のハードワークで体を壊しても何の特にもなりませんしね。

個人的には、インハウスデザイナーという働き方をオススメします。

 

デザインの学校に通う、オンラインスクールで学ぶ

時間やお金に余裕があるのであれば、スクールに通うことも選択肢のひとつです。
私もWebデザインは、オンラインスクールで学びました。

グラフィックデザインの経験はあったのですが、Webデザインの特にHTML・CSSはまったくの初心者だった私は

デジハリ・オンリンスクールで学びました。

おもに、動画での講習でした。
動画の通りに、一緒に講習を進めれば良いだけだったので、HTML・CSSの知識がない私でも理解しやすかったです。

分からない部分は何回も繰り返し見ることもできたり、休憩したいタイミングで一時停止できたりと、動画講習はメリットだらけでした。

唯一難があるとすれば、オンライン講習は、デザイナーの友達や仲間が出来にくいというところでしょうか。

facebookやコミュニティサイトはあったのですが、友達ってオンラインとかじゃなくて、リアルに作るもんじゃない?と考えてしまう古い私。
(SNSで積極的にコミュニケーション取れる人は、何の問題もないと思いますが。)

 

スクールに通うことは、学費などでお金がかかっている分「大金を払っているのだから」何としてでも頑張らなければと思い、やる気が変わってきたり、モチベーションを下げにくいという効果もあります。


一ヶ月で、一生使える。価値あるスキルを身につける。

 

まとめ 〜独学で学ぶことは可能。それでも覚えておいてほいしい前提〜

デザインを独学で学ぶ場合、
大体はイラストレーター・フォトショップなどの基本操作から始めていくと思います。

ソフトの扱いにも慣れ、ソフトもある程度使いこなせるようになったとしても、
いざ「デザインを仕事にする」となると、まったく通用しないことがほとんどでしょう。

私も新卒の頃そんな経験をたくさんしました。

イラレ・フォトショの操作以外にも、覚えなければならない実践スキルが必要なのです。

ディレクション能力や、
印刷会社とのやりとり、
ミスのない入稿データの作り方、
効率良い仕事の進め方、
などなどたくさんあります。

これらを覚えるには、デザインの仕事の数をこなすことに尽きると思います。

いろんな壁にぶち当たり、
その度にクリアしていき、自分の知識として習得していく。

この繰り返しなのです。

イラストレーター・フォトショップなどのソフトの使い方を覚えたからと言って
デザイナーとして一人前という訳ではありません。
やっとデザイナーとしてのスタートラインに立てただけということです。

独学でイラストレーター、フォトショップの機能的なことを習得することは十分可能ですが、デザイン系ソフトの使い方をマスターしたからといって

「素晴らしいデザイン」が作れるようになるとは限りません。

ソフトを操作する技術力と、「デザインセンス」を身につけるにはまた別の話なのです。

私自身も、一人前と誇れるほどのデザイナーではないので、偉そうなことは言えませんが、
デザインスキル向上のために、日々努力をしていかなければな〜と思う次第です。



スポンサーリンク