デザイン向上委員会

高すぎてデザイン書を買えない!美大生時代に私がやっていた自作のスクラップブック

こんにちは、emikiです。

図書館に置いているようなデザイン書や絵画の本って高価ですよね〜
5,000円以上のものは普通で、10,000円以上のものもザラにあります。

とにかく、良いデザインをたくさん見たいし、集めたかった私は、学生の頃その収集に励みました。

今回は、お金がない美大生時代の私が良いデザインの収集のために行っていた「スクラップブック」の作成。
実際にどのようにしていたかを紹介します。



スポンサーリンク

図書館でお気に入りのデザイン書をコピーしていた

デザイン書や絵画系の洋書は高すぎて、簡単に手にいれることなんてできない。

幸いにも美大に通っていた私は、デザイン・美術関連の本は学校の図書館にたくさんあったのでそれを見るために暇があれば学校の図書館に通いました。
(上京したばかりで、周りに遊びに行く友達がいなかったこともある。)

そして、収集癖のある私は、お気に入りのデザインをコピー機でコピーしていました。

うろ覚えですが、図書館内になるコピー機代は

単色刷り 10円
カラーコピー  50円

10円・50円と言っても、たくさんコピーすればお金もかかるので、
お気に入りのデザインだけコピーをとっていました。

そして、そのコピーしたデザインたちを
スケッチブックに切り貼りして、
自作のスクラップブックを作るようになったのです。

スクラップブック

スクラップブック(英:scrapbook)は、新聞・雑誌記事などを切り抜いて貼り付けるための帳面。切り抜き帳、貼り交ぜ帳、貼り込み帳などともいう。記事の保存ばかりでなく、写真やメモなどともに個人の思い出となるものをアルバムのように保存したり、芸術家が資料とするために作成したりと様々な用途で用いられる。

出典 Wikipedia | スクラップブック

何気なく始めた、スクラップブックの作成。
収集作業、切り貼り作業が楽しくて、夢中になりました。

そして、学校の課題などでデザインや制作に行き詰まった時に、この自作のスクラップブックを参考にしながら課題に取り組みました。

学生ではなくても、県や市が運営する大きい図書館に行けばデザイン書・洋書が置いてあります。
美術館と隣接した、アート・芸術・デザイン関連に特化した図書館もあったりするので、そちらを活用してみてください。

 

図書館の本のコピーと著作権について

基本的に図書館の本のコピーは、私的使用目的の場合はコピー自由です。

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

当時作った私のスクラップブックの画像を今回掲載しようかと思ったのですが、それらをネット上にアップロードすることは著作権の侵害になるので

やめておきます・・・

図書館の本のコピーは、私的使用目的(※)の場合はコピー自由ですが、業務上のコピー、コピーしたものをインターネットへアップロードすることは著作権違反になるので注意してください。

※私的使用とは、個人的又は家庭内その他これに準じる限られた範囲のこと。



スポンサーリンク

街に出かけて片っ端からフライヤーをかき集めていた

スクラップブックのネタ探しとして、私は、街中にあるフライヤーやチラシをかき集めていました。
特に重宝したのが、タワレコ、HMVなどのCDショップとクラブのフライヤー。

自分のデザインの趣味にもよると思いますが、曲のジャンルによってスタイリッシュなものから、ゴテゴテのデザインのものまで、幅広くあるのが面白く印象的で、単純にかっこいいデザインが多かったです。
紙、特色、折り方、などの印刷技法も様々で勉強になりました。

他にも、百貨店、カフェ、雑貨屋、映画館など、とりあえず自分が良いと思ったデザインのフライヤーとチラシは持って帰っていました。

当時はあてもなく街を歩き回り、紙袋パンパンになるまでフライヤーをかき集め、それらのフライヤーを当時住んでいた1Kアパートの壁一面に貼り付けていました。

四方どこを見てもフライヤーとチラシだらけという、一見落ち着かない部屋でした(笑)。

 

デザインに活かせそうなロケーションの写真撮影

雑多な街並み
街の中にある自然

看板
サイン
ネオン
グラフィティーアート

など、

街中に広がる、デザインに活かせそうな
作意欲をそそるようなものをカメラ片手に撮影していました。

学生時代Photoshopを覚えたのですが、その時の画像加工の素材としても使えたので、写真撮影はデザイン収集のため以外の意味でも楽しかったです。

当時の私は知らなかったのですが、

何でもかんでも撮影→何でもかんでもネット掲載は
肖像権や著作権の侵害になることもあるので
注意したいところです。

 

ただお気に入りのデザインを集めるだけでは意味がない

スクラップブックの作成

フライヤー収集巡り

写真撮影

自分が良いと思ったデザインをひたすら集めることを行なっていたのですが、
当時の私は気づいていなかったことがあります。

ただのデザインの収集になってしまっていて、それら良いデザインを、自分にインプット・アウトプットできていなかったということです。

 

集めたデザインのインプット&アウトプットが必要

ひたすら集めることに夢中で、私は集めたデザイン一つ一つをじっくり吟味し、分析することを怠っていました。

確かに、デザインに詰まるとスクラップブックなどを参考にしていたのですが、そのデザインの良いところ、目を引くところ、文字の詰め方、フォントの選び方、配置の仕方、バランス力、欠点など

デザインの分析を自身でほとんどしておらず、「このデザインのここがいいな〜」ぐらいしか見ていませんでした。

しかも、それら良いデザインから学び取ったことを活かした
作品作り(アウトプット)が、まったく出来ていませんでした。

せっかく集めた情報を、きちんと自分にインプット&アウトプットしないと
デザイン力の向上にはならなかったのです。

街中にあるデザインの収集や、スクラップブックの作成は、デザインに困った時のネタ帳として活用できるのでオススメな方法ですが、

デザイン力を効率的にあげるためには、ただ情報を見るだけでなく、意味のあるインプット&アウトプット作業に励む必要もあります。



スポンサーリンク

関連記事はこちら