デザイン向上委員会

Illustrator(イラレ)拡大・縮小機能の様々な方法まとめ

こんにちはemikiです。

今回はイラストレーターのオブジェクトの拡大縮小についてまとめてみました。

その前に、オブジェクトの拡大縮小をおこなううえでもっとも基礎的で大切なことをお伝えします。
むしろデザイナーの方は、知っていることが前提だとは思いますが、念のために挙げておきます。

それは、[shift]キーの使用です。



スポンサーリンク

オブジェクトの拡大・縮小をする場合[shift]キーは必ずセットで使う

[shift]を押しながら拡大・縮小をすると、オブジェクトの縦横比にロックがかかります。

拡大縮小例牛のイラスト

こちらは、牛のイラストです。

[shift]を押さずに(縦横比を固定せずに)拡大・縮小してみます。

shiftを押さずに拡大縮小shiftを押さずに拡大縮小

少し大げさに拡大縮小してしまいましたが、
[shift]を押さずに(縦横比を固定せずに)拡大縮小すると、画像が間延びしてしまいます。

このように「少しくらい、比率が違って間延びして見えてもいいか〜」と思って
デザイン作業を進めてしまうことはオススメできません。

なぜなら、「なんかここの部分違和感ない?」と見ている人にバレてしまうからです。
さらに、見る人がデザイナーなら一発で分かってしまいます。

 

間延びしたデザインがあるものを良しとして、世に出ているチラシやHPをたまに見かけます。

デザイン素人の方なら気にならないかもしれませんが、デザイナーならすぐに気づきますし、さらにはそれを良しとしているデザイナーは「美意識低いな」「この人は本当にデザイナーなの?」と思われてしまいます。

基礎的なことですが、拡大・縮小の際は[shift]キーを使い、絶対に縦横の比率を崩さないようにしましょう。

[shift]キーはオブジェクトの移動時にも便利

[shift]キーを押しながらオブジェクトを移動すると、水平、垂直、45度ずつ移動できます。

shiftはオブジェクトの移動の時も使える

[shift]キーは、拡大・縮小だけでなく、移動の時にも使う常用キーです。

 

拡大・縮小ツールを使ったオブジェクトの拡大縮小

ツールを選択して拡大・縮小

拡大・縮小ツール例
まずは拡大・縮小ツールを使った方法です。
ツールボックスから「拡大・縮小ツール」を選択し、マウスドラッグで簡単に拡大縮小できます。

※[shift]キーを押して、縦横比の固定を忘れないようにしましょう。

 

パーセント・数値で拡大縮小

拡大・縮小ツール例
ツールボックスの「拡大・縮小ツール」をダブルクリックすると
「拡大・縮小ダイアログボックス」が開きます。

そこにパーセントを入力して、比率で拡大・縮小設定ができます。

 

画面上で中心を決めて拡大・縮小

拡大・縮小ツール例
ツールボックスの「拡大・縮小ツール」を選択し
オブジェクトの真ん中にあったポインターを、画面上の拡大・縮小の中心点としたいところに移動させます。

 

拡大・縮小ツール例
文字で説明するより、画像を見た方がわかりやすいと思うので、上の画像を参照ください。
移動したポインターを中心とした、拡大・縮小ができます。

 

バウンディングボックスを使った拡大・縮小

バウンディングボックスを使っての拡大縮小をする人が多いと思います。

バウンディングボックス拡大・縮小例
伸ばしたい部分のハンドルをドラッグしながら拡大・縮小します。
視覚的にもわかりやすく、簡単に拡大・縮小できます。

ちなみに、バウンディングボックスって何だか分かりますよね?
オブジェクトを選択すると四角形のボックスが出てくると思いますが、そのボックスのことです。
上の画像だと、牛の周りを囲んでいる、青い四角形のことです。

 

[option]キーも合わせて使う

バウンディングボックス拡大・縮小例
[option]キーを押さない状態で拡大・縮小する場合は、
ドラッグするハンドルと対角線上にある部分を中心として、拡大・縮小されます。

バウンディングボックス拡大・縮小例
[option]を押しながら拡大・縮小すると、オブジェクトの中心点から拡大・縮小されます。

[option]キーの役割を理解すると、便利な使い方ができるので
[shift]キーと合わせて[option]も活用してみてください。

※Windowsの場合は「alt」キーです。

 

バウンディングボックスが消えて拡大・縮小できない

デザインをしていると突然、拡大・縮小ができなくなることがあります。
いくらハンドル部分をドラッグで動かしても、一向に拡縮してくれないのです。

その原因は「バウンディングボックスを隠す」という機能がオンになっている場合が多いです。

ツール→表示→バウンディングボックスを隠す(バウンディングボックスを表示)

そんなところいじった覚えがなかい場合は、おそらく知らぬ間にショートカットを押してしまったのだと思います。
[⌘]+[shift]+[B]

急にオブジェクトの拡大・縮小ができなくなったという方は、
こちらが原因の可能性もあります。

 

数値指定をした拡大・縮小

数値指定をした拡大・縮小
大きさを変更したいオブジェクトを選んだ状態で、コントロールパネルから変更ができます。
この時、オブジェクトの縦横比を変えたくない場合は「縦横比を固定」鍵のアイコンのチェックを忘れないようにしましょう。

 

個別に変形を使って、オブジェクトをまとめて拡大・縮小

個別に変形を使って、オブジェクトをまとめて拡大・縮小
今まで紹介したやり方だと、選択したものをまとめて拡大・縮小をする場合
上の画像のように全体をひとつとして縮小されるので、オブジェクトの位置が変わってしまいます。

個別に変形を使って、オブジェクトをまとめて拡大・縮小
「個別に変形」の拡大・縮小を使うと、

オブジェクト→変形→個別に変形

ショートカットは [⌘]+[option]+[shift]+[D]

 

個別に変形を使って、オブジェクトをまとめて拡大・縮小
上の画像のように、それぞれのオブジェクトを単体で縮小してくれるので、位置が移動しません。

総柄など、同じ形のものを複数並べたデザインの時などに使うと便利です。
「個別に変形」のツールは、拡大・縮小以外にも、変形、回転を、それぞれ個別に効果をかけてくれます。

 

線幅の拡大・縮小

線幅の拡大・縮小

拡大・縮小の時、線幅も合わせて拡大・縮小するようにしないと、上の画像のように線幅が変わると、ガラッとイメージが変わってしまうので注意してください。

線幅も合わせて拡大・縮小しないと、ただ拡大・縮小しただけなのに、作り手側の意図しないイラストが出来上がってしまいます。

線幅の拡大縮小は、イラストレーターの設定をいじるだけなので簡単です。

環境設定 → 一般
→「線幅と効果も拡大縮小」にチェックを入れる

こちらの設定だけで大丈夫です。

 

または、線にアウトラインをかけて、オブジェクト化することで対応も可能です。

オブジェクト → 分割・拡張
→ 「塗り・線」にチェックを入れる

拡大・縮小することで、
自分が意図しない線幅に変わってしまう場合は、設定や、やり方を確認してみてください。

 

まとめ

今回は、イラストレータの拡大・縮小機能についてまとめてみました。

私が実際に拡大・縮小をする時に使うのは、バウンディングボックスを使用することがほとんどです。
個別に変形も、まとめて拡大・縮小をしたい時に使いうので、とても重宝している機能のひとつです。

拡大・縮小をする時は、[shift]キーと[option]キーを多用します。
[option]キーはコピーの時にも使うので、本当によく使うキーでもあります。

[option]キーは作業効率アップのために必須のキーですが、
[shift]キーは比率の固定や、垂直・水平に移動などのために使うことが多いので、
使用している・していないは一目瞭然にわかってまいます。
(ここにデザイン素人とプロの違いが出ます。)

今回紹介した拡大縮小機能を
是非、ご参照いただけたらと思います。



スポンサーリンク

関連記事はこちら