デザイン向上委員会

【ブラック面接】映像制作会社での面接実技試験に10時間以上費やした

こんにちはemikiです。

デザイナーとして数回転職経験があるのですが、
私は映像制作の勉強もしていたため、「映像制作会社」への転職も視野に入れていました。

今回は、映像制作会社でのブラックじみた実技試験について私の体験談を書きたいと思います。



スポンサードリンク

面接・実技試験で10時間以上かかった

数年前。
都内某所。

とある映像制作会社にて、私は面接・実技試験を受けに行きました。

採用担当から事前に届いた面接当日の、
実技試験内容のメールを一部記載します。

実技の内容として、
画像スキャン

データ起こし

チェック

パッケージ
こちらの一連の流れを行うので
終日お時間をいただけたらと思います。

 

メール文中に「終日」という文字が書かれています。
「終日」とは、まる1日を意味します。

この「終日」の意味を軽く受け流していた私は後に後悔することになります。

面接は20分程度で終了。
そしていよいよ実技試験です。

実技試験って、「仮」でテーマが出されてそれに沿った仕事をこなせるかを見るものですよね?

まさか、仮ではなく実際に動いている案件の仕事をやるとは思いませんよね?

なんと、その制作会社へお客様が実際に依頼されている案件を、
私が請け負い「実技試験」として行うことになったのです。

しかも、事前のメールにもそのような旨の説明はなかったし、
面接の際にもそのような説明はありませんでした。

実技の内容として、
画像スキャン

データ起こし

チェック

パッケージ
こちらの一連の流れを行うので
終日お時間をいただけたらと思います。

確かに、メールにはこのような文面は記載されていましたが、この文面だけでは、
まさか会社が請け負っている仕事を、私一人で実技試験としてやるなんて思いませんよね。

採用者側としては、即戦力として本当に使い物になるかを見たかったのもあると思いますが、

それと同時に

「なんだか、タダ働きさせられてない?」

という感じが否めませんでした。

実技試験だと作って終了なのかもしれませんが、
仕事となると、作ったものをディレクターに確認してもらうという作業も発生してきます。

もちろん仕事なのでディレクターは、出来た映像にビシバシとダメ出しをしてきます。

普段とは違うパソコンや周辺機器を使う初めての環境で、
仕事を完璧に素早くこなすなんてなかなか難しですよね。

その結果、10時間以上も実技試験にかかってしまったのです。

帰りの電車は終電。
12時台でした。

 

ブラック面接①実技試験を理由に働かされてる感が否めない

こんな面接&実技ってあり得るの?
と思いました。

「仮」のテーマを与えられて、
それに沿って映像を制作するというのなら実技試験にふさわしいのですが、
仕事として働かされるって。。。

 

向こう的には、れっきとした実技試験だと言い張るのかもしれませんが。
私が作ったものは、クライアントからお金をもらって、会社の収入となっています。
しかし、私のような面接者はノーギャラなので、制作の際の人件費はかかってません。

事前に「実際に仕事を行なってもらいます。」などのことを言ってもらえれば、
自分も納得の上なので仕方ないことだと思いますが、、その説明がまったくなかったです。

 

ブラック面接②面接者の評価を平気で私の真後ろで言っている

挙句の果てには、私の真後ろで

「〇〇さん(面接に受けにきた人)は技術がないからダメだろ〜」
「〇〇さんは使えないから〇〇(おそらく研修場所)行きだな」

などと、今まで面接してきた人の評価や悪口を平気で言っていました。

 

面接した人の評価はするべき重要なことかもしれませんが、
実技試験真っ最中の私の真後ろで話すなよ、と思いました。
(ここまで行くと、ワザとかよとも思います。)

まったくもって、不快でしかなかったです。

 

ブラック面接③いつの間にやら採用「扱い」になっている

さらには、会話の要所要所に違和感を覚えた言葉がありました。

その違和感とは、

「次来た時までに覚えてくれたら良いから」

「ここの使い方は徐々に覚えていってね」

 

・・・・・・??

 

「あれ?私、いつの間に採用になったの??」

「次も来る程で勝手に話が進んでない?」

 

 

確かに今のところ「採用」という言葉はもらっていない。

なのでもし次も来てしまったら

「研修期間」という名目で、またタダ働きさせられるんじゃないかと考えてしまいました。

 

大事なことを告げてくれないふわっとした会社。
(←こんな扱いを受けてしまうと、面接者をうまく使おうとしている下心を感じてしまわざるを得ない)

さらには、面接者の前で平気で他の面接者の評価や悪口をする。
(←モラルが欠如しすぎている)

正直な話、こんな会社に就職してしまうと嫌な思いばかりしそうなので、
「この会社ないな」と心底思いました。

その場は何とか取り繕いやり過ごしましたが、
後日、メールにてこの映像制作会社で働くつもりはないと丁重にお断りしました。

 

まとめ・感想

メールで事前に拘束時間と、作業内容は知っていましたが、「終日」が終電になるとは思いませんでした。
もし、終電で終わらなかったら、そのまま徹夜の勢いでしたしね。

私の技術不足・知識不足もあるかもしれませんが、
今回の苦い経験で「ブラック面接」とはこういうものなのかなと思いました。

大手の求人サイトにこの映像制作会社が掲載されていたので、私以外にも「タダ働き」をさせられた人はいたでしょう。

もし、面接者によって案件をいくつもこなしているのであれば、その案件の人件費はまったくかかっていません。

もしそうだとしたら、それってどうなんでしょうか。。。

 

面接・実技試験は、会社側だけでなく、こちら側もその会社の雰囲気をつかむために大切なものだと感じました。

ある意味、実技試験の段階でその会社の違和感に気づけたことは良かったのかもしれません。

「違和感」を感じてしまう会社にそのまま就職してしまうと、後々自分が痛い目を見る場合もあるので、面接・実技試験の際は、「こちらも企業を見ている」という目線を持つことも大切なのです。



デザイナーの人材派遣【マスメディアン】
デザイナーの仕事に特化した「派遣求人」サイトです。
求人数も多いですよ!



【マイナビクリエイター】
Webだけじゃなくて、グラフィックデザイナーの求人も多数あります!!



スポンサーリンク