デザイン向上委員会

私が就職時、デザイン事務所ではなくインハウスデザイナーを選んだ最大の理由

こんにちは、emikiです。

以前、インハウスデザイナー(社内デザイナー)で働くメリット【経験談】という記事を書きました。

今まで私は、インハウスデザイナーのグラフィックデザイナーとして働いていました。
インハウスデザイナーとは違った働き方ともいえる、デザイン事務所や制作会社への就職はしませんでした。

なぜかというと、そこに自分にはどうしても合わない条件があったからです。



スポンサーリンク

インハウスデザイナーとデザイン事務所の違い

インハウスデザイナーとは、簡単にいうと社内デザイナーです。
企業の中に数多くある部署の中の「デザインを専門とする部署」というくくりでの所属となります。
自社製品や、自社サービスのデザインを手がけることが多いです。

 

一方、デザイン事務所や制作会社は、社内のほとんどがデザイナーで、デザインを依頼してくるクライアントありきで仕事が発生します。
朝から晩までひたすらデザイン漬けの日々になり、デザインにおける指導者(上司や先輩)が豊富にいるので、一般的にデザイン事務所の方が、デザインにおけるノウハウを数多く学ぶことができると言われています。
(もちろん、各会社によるので一概には言えませんが・・・)

 

インハウスデザイナーとデザイン事務所それぞれのメリット・デメリット

デザイナーとして成功したければ、デザインを本気で学びたければ、インハウスデザイナーよりデザイン事務所に就職して下積みを経験した方が良いでしょう。

しかし、インハウスデザイナーでも学べる部分が多くあるし、デザイン事務所で働くデメリットもあります。

インハウスデザイナー、デザイン事務所、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

インハウスデザイナーで働くメリット

インハウスデザイナーは、企業に属するので、福利厚生・社会保険・給与・勤怠などの待遇面が良いです。

また、自社製品をデザインすることが多いので、商品の企画→デザイン→完成→販売と、ひとつの商品を作り上げる一連の流れを経験することができます。

インハウスデザイナーで働くデメリット

周りにデザインに疎い人が多いので、デザインがどれだけ時間がかかって大変なことなのか理解してくれる人が少ないです。

また、先輩デザイナーなど、デザインで分からないことを聞ける人がいなかったり少なかったりするので、自分のデザイン力が衰えないように、自身でコントロールし続けておかなければなりません。

 

デザイン事務所で働くメリット

デザイン事務所で働く最大のメリットは、自分のデザインスキルが向上できることです。

デザイン事務所で数年経験を積んでから、フリーになったり、インハウスデザイナーとして再就職する人も多いです。

デザイン事務所で働くデメリット

激務、実働の割に低賃金など、デザインスキルを手に入れることができるのと引き換えに、かなり大変な労働環境です。

若くて、やる気・体力が満ち溢れている時期なら良いですが、年齢を重ねるごとに無茶な働き方もキツくなってきます。

 



スポンサーリンク

私がインハウスデザイナーとして就職した理由

インハウスデザイナーとして働く、デザイン事務所で働く、それぞれのメリット・デメリットを挙げましたが、私がなぜデザイン事務所ではなく、インハウスデザイナーとしての就職を選んだかというと、たまたまデザイン事務所に受からなかったから・・・(笑)

という理由もありますが、最大の理由は
「毎日残業、終電帰宅&泊まり込み当たり前。
働いても低賃金といった働き方をしたくなかったから」
です。

もちろん前提として、ホワイトなデザイン事務所も存在するだろうし、社内デザイナーでも激務な会社もあるとは思いますが、デザイン会社や制作会社に就職した友人に聞くと、ほぼ「忙しい、大変、休めない、時給が割に合わない」といった環境で働いていました。

 

学生アルバイトの時に経験した「仕事で帰れない」という絶望感

社会人として私が今まで働いてきたのは、すべてインハウスデザイナーですが、学生時代1ヶ月間ほど制作会社でアルバイトをしたことがあります。

朝10時くらいに出社して、終電付近に帰宅。
こんな生活を1ヶ月間毎日送っていました。
(←私が学生アルバイトだったので、終電で帰宅させてもらえましたが、他のスタッフの方は終電では帰っていませんでした・・・)

会社に入って働くこと自体初めてだったので、最初は楽しく仕事をこなしていましたが、徐々にこんな毎日が嫌になってきました。

起きて、仕事をするだけの毎日。
仕事のためだけに人生を送っているような何とも言えない憂鬱さ。

 

私の場合、期間は1ヶ月だったので、とにかく1ヶ月間我慢すれば良いだけの話だったのですが、就職してしまえばその仕事を辞めない限りエンドレスでその毎日の繰り返しとなってしまうのです。

自分の時間を確保する余裕なんて当時はなかったので、就職したらこんな生活が延々と続くのかな、と思うと絶望しか感じませんでした。

 

「私は、仕事人間じゃない。仕事以外の時間を持てないとダメらしい」
そんな人種だったのです。

 

デザインが大好きで、今のデザイン事務所も自分に合ってるし、1日のほとんどを仕事で潰しても全然平気!という人は、まったくそういった働き方でも問題はないし、むしろ天職となる職場と仕事に出会えてるのがうらましいです。

しかし、私は自分の心に反する働き方ができませんでした。

 

デザインという仕事は、デザイン事務所での激務な経験に耐えてこその世界?

『デザイナーとして力を蓄えるにはデザイン事務所で就職した方が良い、激務な環境に耐えたからこそ花開くものがある。』
これは世間的に、真っ当な考え方だと思います。

『デザインという仕事は、デザイン事務所での激務な経験に耐えてこその世界』
そんな風潮があることは確かに否めません。

 

しかし激務という環境で日々消耗していく人生を送りたくないという、思いが私は強かったです。

「熱量」の違いでしょうか、私はデザインが大好きですが、そんな思いをしてまでデザイナーとして働くことが楽しいとは、まったく思いませんでした。

デザイナーとして一流になりたければ、デザイナーとして会社を立ち上げたければ、それ相応の努力や下積みが必要でしょうが、私は別にそこを目指してはいませんでした。

送りたい人生や叶えたい夢は人それぞれ。
みんながみんなそれに習う必要なないと、私は思います。

 

自分らしく働ける方法が「インハウスデザイナー」だった

忙しい時以外は定時で帰れるので、自分の時間が確保できる。
みなし残業ではなく、働いた分は残業代としてきちんと支払われる。

そういった環境が快適で、私はインハウスデザイナーとして働きました。

 

もちろん忙しい時期は、毎日終電まで働くこともありましたが、働いた分だけ残業代も出たので、翌月の給料が楽しみでした(笑)。

仕事が忙しくない時は、定時と同時に帰宅できたので、友達と飲みに行ったり、趣味に時間を割いたりと、充実したアフターファイブを送ることができました。

まさに自分らしく働けた上に、大好きなデザインの仕事もできたので、「インハウスデザイナー」は私にとっては最適の働き方だったと言えます。

激務な職場がイヤだ!インハウスデザイナーへの転職をお考えの方は、こちらの記事へ!
休日出勤&深夜残業当たり前!激務なデザイナーを辞めたくて仕方がない!

 

最後に

私の場合は、インハウスデザイナーという働き方がとても快適だったのですが、人それぞれ性格が違うと同じで、理想とする働き方も違います。

「周りがこうしてるから、自分もこうしなければならない」といった固定概念にとらわれるだけでなく、自分の心の声を聞いて、どうしたいかを明確にすることも大切なことだと思います。

最初に心がザワザワして、違和感に感じたことは、第六感じゃないですけど、結構マトを得ていることも多いのです。
自分の心に従った、自分らしく働けた職場が、私にとってはインハウスデザイナーでした。



スポンサーリンク