デザイン向上委員会

インハウスデザイナー(社内デザイナー)で働くメリット【経験談】

こんにちはemikiです。

過去、デザイナーとして会社勤めをしており、
いわゆる「インハウスデザイナー(社内デザイナー)」として働いてきました。

インハウスデザイナー(社内デザイナー)は、
デザイン事務所や制作会社とは違ったメリットや得られることも多数あります。

今回は、私の経験を元にインハウスデザイナーとしての働き方のメリットと
インハウスデザイナーだからこそ感じた悩みを紹介したいと思います。



スポンサーリンク

【待遇面】給料・労働時間・福利厚生などの待遇が良いと仕事のモチベーションに繋がる

定時があるので労働時間が明確。休みもきちんと取れるので、自分で予定を立てやすい

私はインハウスデザイナーとして数社働いていましたが、
基本は8時間労働です。

もちろん仕事の状況によっては残業することはありますが、
デザイン事務所や制作会社のように
毎日終電orタクシーで帰宅or会社のお泊まりのような
激務な現場ではありませんでした。

また、土日祝、有給などの長期休暇もきちんと取得できました。
このように残業時間が少なかったり、休みもきちんと取れたので、
プライベートの自分の時間が確保しやすかったです。

仕事以外の時間を有意義に過ごすことができ、
仕事とプライベートをメリハリをつけることにより、
仕事のモチベーション維持にも繋がります。

 

残業代・ボーナスが出る

基本8時間労働なので、それ以上働いた場合は残業代が出ました。

私の周りにいるデザイン事務所や制作会社で働いている友人・知人に聞くと、

残業代が出ない
年俸制
みなし残業制

など、どれだけ働いても、残業代が出ないことがあると聞きます。
働けば働くほど時給が下がってしまうということです。

やはり労働の対価はお金なので、働いた分はお金をいただきたい所です。

一方インハウスデザイナーは、企業内のデザイナーということなので会社員の一人とされます。
なので働いた分だけ給料が出ます。
さらにはボーナスが支給されることも魅力でした。
ボーナスをもらえると「働いてて良かった〜」とかなりのモチベーションアップに繋がります。

 

福利厚生が手厚い

社会保険完備
有給取得
社員割引
ランチ代補助
研修費
社員旅行

など、会社によりけりですが、手厚い福利厚生を受けることができます。
これらは企業に勤める会社員ならではの嬉しい特典です。

 

社会人としてのビジネススキルを身につけることができる

会社に就職すると、ある程度のビジネスマナーを身につけることができますが、
デザイナー以外の、他の部署の人が会社内にいると、様々なビジネススキルを身につけることができます。

例えば、デザイナーにはあまり縁がないのエクセルやワード使い方や、
ビジネスマナーとして正しい電話対応など、
わからないことがあれば、他部署の人から吸収して知識として得ることができます。

また、社員に向けてビジネスマナー研修も定期的に開催しされていたので
そう言ったセミナーにも気軽に参加することができました。



スポンサーリンク

【デザイナーとしてのスキルアップ】デザインの幅が広がる

いろんな分野のデザインに挑戦できる

私は転職の際グラフィックデザイナーとして採用されたのですが、Webデザインをしてみたり、プロダクトデザインをしてみたり、ブックデザイン、パッケージデザインなど様々なジャンルのデザインに挑戦できました。

色々なジャンルのデザインに挑戦できるこそ、自分の知識も増え、財産にもなります。

特にデザイナーの数が少ない会社だと任される仕事の幅も広く、やりがいを持てます。

 

企画から納品まで関わることができる

いろんな分野のデザインに挑戦できるプラス、企画段階から商品開発に携われ、
企画→デザイン→納品と、最初から最後まで、一つのものを作り上げることができます。

自社ブランド製品開発の場合は特にそうです。

企画・構成がすでに出来上がっているものをデザインするのではなく、最初の過程から関わることにより、作るものに愛着がわき、より良いものを作ろうと意欲にも繋がります。

ものづくりの一通りの流れを見ることができるので、とても貴重な経験となります。

 

インハウスデザイナーとしての悩み

デザイナー仲間がいない環境のため、わからないことを聞く人がいない

社内にデザイナー仲間がいない(少ない)ため、デザインでわからないことがあれば、自分で解決しなければなりません。

しかし、分からないことを調べるということは、
自分の知識として吸収することができるので、勉強にもなります。

また、デザイン情報を共有する仲間が身近にいないので、常に外アンテナをはって最新のデザイン情報をインプットし続けなければ、デザインスキルが鈍ってしまいます。

ある意味、油断や慢心が禁物な環境でもあります。

 

デザインという仕事を理解してくれる人がいない

「こんなチラシ30分あれば作れるでしょ?」
「ここの写真の背景全部消してくれる?」
「やっぱこのデザインはナシにして、新しく始めから作ってくれる?」

デザインという作業にどれだけ時間がかかるのか。
簡単にできることと、できないことがある。

そんなことを知らない人たちから、無理難題な注文をつけられることもあります。

デザインという仕事を理解してくれる人がいないので、
もし無理難題な仕事が来たら、どうゆう理由でできないかを
随時その人に説明し、説得する力も必要になってきます。

 

だた「できない」ではなく、
「どうゆうふうにしたらできるか」などの打開策の提案も必要です。
(ex.納期に余裕をください、外注を使いましょうなど。)

 

まとめ 〜インハウスデザイナーとしての働き方〜

インハウスデザイナーとして働く場合、企業に属することが多いため、
給料・労働時間・休日取得・残業・福利厚生などの待遇面のデメリットはまったくありません。

ただ、周りにデザイナーがいない分(いても少数)、
分からないことは自分で調べたり、自分で解決する力が必要になってきます。

また、デザイナーという仕事を理解してくれる人も少なく、無理難題な仕事を任せられる場合もありますが、なんでもかんでも安請け合いするのではなく
(安請け合いすると自分で自分の首をしめ、最悪自分だけではなく周りの人にも迷惑をかけてしまうため)
「無理なものは無理」「こうすればできる」など、相手にきちんと伝えることも重要です。

デザイン事務所や制作会社は、残業や休日出勤が当たり前のような風潮があります。
(もちろんホワイトなデザイン事務所や制作会社もあるとは思いますが・・・)

また、残業代が出ないことも多く、時給換算したらすごく低賃金なのではないでしょうか。

その代償として、デザイナーとして得るものが大きいのかもしれませんが、
無茶な働き方をして体調を崩してしまっては元も子もありません。

そういった面でバランスが取れているのインハウスデザイナーという働き方を、私はおすすめします。

↓↓インハウスデザイナー求人も多数掲載されています!

デザイナーの人材派遣【マスメディアン】
デザイナーの仕事に特化した「派遣求人」サイトです。
求人数も多いですよ!

 



スポンサーリンク