デザイン向上委員会

作業効率アップ!イラストレーターショートカット厳選!〜実践と使用例〜

こんにちはemikiです。

デザインをおこなううえで、Illustrator(イラストレーター)は必須アイテム。

ショートカット一覧は、他サイトでよく見かけますが、
数あるショートカットの中でも実践で使えるものを選んでみました。

私もよく使っているショートカットばかりなので、
どうゆう場合に使っているかなどの使用例もまとめてみました。

※私はMACユーザーなので、コマンド(⌘)表示にしています。



スポンサーリンク

Contents

パソコン操作の基本的なショートカット

イラストレーターに限らず、パソコン操作の基礎でもあるのがショートカットです。

すでにご存知の方も多いと思いますが、
基本となるショートカット一覧を挙げておきます。

[⌘]+[S] 保存
[⌘]+[shift+]+[S] 別名保存
[⌘]+[W] ウィンドウを閉じる
[⌘]+[Q] ソフトを閉じる
[⌘]+[M] 使用しているソフトをドックに入れる※Macのみ
[⌘]+[C] コピー
[⌘]+[V] ペースト
[⌘]+[P] 印刷する
[⌘]+[O] ドキュメントを開く
[⌘]+[X] カット
[⌘]+[Z] 動作を取り消す
[⌘]+[A] 全選択

基礎的なショートカットなので、イラストレータ内でもトップクラスに多用するショートカット達ですね。

 

[⌘] + [S] = [保存]は、忘れてしまうと最悪の事態になりかねない

[⌘]+[S]=[保存]は、しつこいくらいに使います。

こまめに保存するに越したことはありません。
パソコンがフリーズして、保存し忘れたデザインデータが飛んでしまい、
また作り直すハメになったという経験は、デザイナーのみなさんからよく聞く話です。

そうなってしまうと、数時間の作業が水の泡。
恐ろしすぎることなので、[⌘]+[S]は今もクセ付いています。

 

ところが!!

朗報です!

最近のAdobe製品は、保存し忘れても
元のデータを復元できる機能が備わっているのです!

 

時代はデータの自動保存!突然のパソコンフリーズも怖くない

Adobeは日々進化しています。

ある時、デザイン作業をしていると、パソコンがフリーズしてしまいました。
いくら待ってもまったく動かないので、
泣く泣く強制終了。

「あ〜!2時間かけて作ったものをまた最初から作るのか〜」とぼやいていると、
なんと、強制終了する前のデータに戻れたのです!

「データの復元」という機能のおかげでした!

イラストレーターデータ復元環境設定の、「ファイル管理・クリップボード」に「データの復元」という項目があります。
ここにチェックを入れておくと、定期的に自動保存をかけてくれます。
私は復元データを2分間隔で自動保存している設定です。

なんと素晴らしい機能でしょう。
さすがAdobe!!

 

しかし!

現実はそう甘くない!

実は、データ復元に失敗したこともあるのです。

 

パソコンフリーズ→再起動→イラレに復元を使う

→復元時にまたイラレが落ちてしまい、復元が完了されなかった

そう、データを復元する最中に、イラレやパソコンに不具合があると、データ復元ができないのです。おかげで、制作途中のデータを失ってしまいました(涙)。

以上の経験から、やはり機械に頼らず、自分自身での保存は絶対!

最終手段として、自動保存やデータ復元機能があるくらいに思っておいた方が良いかもしれません。。。

ちなみにデータ復元機能はIllustratorCC 2015からなので、
それ以前のバージョンの方も、マメな保存はマストです。

 

保存しているか、保存していないか、すぐに見分ける方法

未保存の状態だとイラストレーター上のファイル名の最後にアスタリスク「*」マークがつきます。

未保存状態だとファイル名にアスタリスクがつく

保存は完了していて、最新の状態だと、このアスタリスクは消えます。
こちらも豆知識として活用してみてください。



スポンサーリンク

 画面の拡大・縮小・移動のショートカット

細かい作業をするために画面を拡大したり、全体のバランスを見るために画面を縮小したりと、画面の拡大・縮小・移動は常に使っているショートカットのひとつです。

画面の拡大・縮小・移動のショートカットはおもに以下が挙げられます。

[スペース] 手のひらツール(移動)
[スペース]+[⌘] 拡大ツール
[スペース]+[⌘]+[option] 縮小ツール
[⌘]+[shift]+[+] 拡大
[⌘]+[−]  縮小
[option]+マウススクロール上下 拡大縮小
[⌘+1]  100%表示
[⌘+0]  全体表示

 

中でも私が、一番おすすめしたい拡大縮小の方法は、

[option]+マウススクロール上下

[option]を押しながら、マウスをスクロールするだけなので、視覚的に簡単に操作をすることができます。

option、マウススクロールで拡大縮小

それと同時にスペースキーを押しながら、手のひらツールでの移動をコンボで使います。

option、マウススクロール、スペースで拡大縮小移動
マウスから一切手を離さずに拡大・縮小・移動が簡単にできるので、
かなり効率が良いと思います。

 

 レイヤー構造が複雑になった時、オブジェクトを効率良く選択するためのショートカット

デザインが複雑になるにつれて、オブジェクト同士が重なり合い、選びたいオブジェクトを選びにくくなったり、レイヤーの順番もバラバラになってしまうので、時に整理が必要です。

そんな時に、下記のショートカットで、オブジェクトを選択し、整理しています。

 

例えば、下の画像をご覧ください。

選択の仕方、例の画像
青い長方形の上に「レイヤー構造」というテキストが配置されています。

下の長方形とテキストの大きさがほぼ一緒
下の長方形とテキストの大きさがほぼ一緒のため、

下の長方形を選択したくても、手前のテキストを選択してしまう
下の長方形を選択したくても、手前のテキストを選択してしまいます。

この場合は、
手前のテキストを一時的にロックするか、
非表示にするかで、
後ろの長方形を選択
できる
ように操作します。

その時に手前のテキストに使用するショートカットが、
[⌘ + 2] =選択項目をロック
[⌘ + 3] =選択項目を非表示

[⌘ + 2] =選択項目をロック、[⌘ + 3] =選択項目を非表示

選択したくないテキストにロックをかける(または非表示にする)ことで、
選択したいオブジェクトをスムーズに選ぶことができます。

ちなみに、それぞれを解除するショートカット。
[⌘]+[shift + 2] =選択項目をロックを解除
[⌘]+[shift + 3] =選択項目を非表示を表示

また、この原理は[⌘]+[A]=全選択を駆使して使うこともできます。

選択したくないオブジェクトをロックか非表示にして、
それ以外を[⌘]+[A]で選択することで、まとめて編集ができます。

 

[⌘] + [Y] =アウトライン表示

複数のオブジェクトが重なり合って、下の方のオブジェクトを選択したいという場合は、
[⌘]+[Y]でアウトライン表示をさせると、下に埋もれていたオブジェクトやパスもライン化されるので、見つけやすくなります。

アウトライン化
下に入り込んで見えなくなったオブジェクトもアウトライ化(⌘+Y)することで、見つけやすくなります。

 

⌘ + ]  =オブジェクトを前面に
⌘ + shift + ] =オブジェクトを最前面に

下に埋もれて見えなくなっているオブジェクトを、
表に引っ張り出す時に使うショートカットです。

下に埋もれて見えなくなっているオブジェクト
青丸の下に赤丸、オレンジ丸が重なっている状態です。
見えなくなっているレイヤー構造
(※青丸の下は、赤丸、黄色丸の順番で重なっています。)
アウトライン化させる
[⌘]+[Y]でアウトライン表示させ、一番下のオレンジ丸を選択します。
最背面のオブジェクトを最前面に持ってくる
⌘+shift+]でオレンジ丸を最前面に持ってきます。

このように、見えなくなったオブジェクトを表に引っ張り出して編集を行います。

 

⌘ +  [ =オブジェクトを背面に
⌘ + shift + [ 
=オブジェクトを最背面に

背景など、明らかにレイヤー構造が後ろの方だろうと思うものを手っ取り早く後ろに配置してくれます。

 

[⌘] + [G] グループ化

選択したオブジェクト同士をグループとして一つのオブジェクトにします。
グループ化は、デザイン全体を整理する時に便利です。

 



スポンサードリンク

画像を扱う時のショートカット

カタログやチラシなど、イラストレーターで画像を扱う作業も多いと思います。
この時便利なのが、画像配置や、マスクのショートカットです。

[⌘]+[shift]+[P] 配置

ファイルパネルからマウス操作で配置を行っていると、時間がかかってしまいます。

そんな時は、画像置のショートカットが便利です。
大量の画像を配置する場合は、このショートカットを覚えておくと、かなりの時短になります。

入稿前の画像は埋め込まず、リンク配置をしよう

入稿前の画像は「埋め込み」処理をしない方が良いです。
なぜなら、画像修正が入った場合の対応が、大変になってしまうからです。

リンク画像で配置にしておけば、元画像を修正するだけでイラレも連動して、画像を修正したものに更新してくれます。
もし画像を埋め込んでしまっていると、画像は連動してくれないため、もう一度イラレ上に修正画像を読み込む必要があります。

そのため、入稿するまでは、画像は埋め込まず、リンク画像として配置するようにしましょう。

また、画像を埋め込んでしまうと画像分データが重くなり、
場合によってはソフトの動作が遅くなり作業スピードに支障が出てきます。

そんな意味でも、入稿前はリンク配置でデザイン作業をすることがオススメです。

[⌘]+[7] クリッピングマスク作成

クリッピングマスクをかける画像例
この画像にクリッピングマスクをかけます。
マスクをかけたい部分の上に、マスクオブジェクトを配置
マスクをかけたい部分の上に、マスクオブジェクトを配置します。
クリッピングマスクをかけると、画像がマスクの形
[⌘]+[7]でクリッピングマスクをかけると、画像がマスクの形になりました。

簡単です!

複数の画像やオブジェクトを重ねても、まとめてマスク処理はでき、
最前面にあるオブジェクトの形にマスクをかけてくれます。

マスク解除のショートカット。
[⌘]+[option]+[7] クリッピングマスク解除

 

リンク配置だと、画像差し替えが簡単

リンク配置による利点を前述しましたが、
クリッピングマスクをかけた画像の差し替えも、リンク配置画像の場合だと簡単です。
「リンクを再設定」を実行すると、すぐに差し替えができます。

また、イラストレーター上で[option]を押しながら画像をダブルクリックをすると、
フォトショップ(Photoshop)が立ち上がりその画像の編集ができます。

いちいち画像編集のためにソフトの開閉をしなくても、直接フォトショップに飛んでくれます。

リンクを活用すると、いろんな意味で便利です。

 

カーニングやトラッキングが簡単!フォント関連のショートカット

カーニングやトラッキングの調節は結構時間がかかったりするものです。
そんな時に便利なショートカットです。

[option]+[←] 文字の間隔を詰める(カーニング)
[option]+[→] 文字の間隔をあける(カーニング)

文字の間隔を詰める(カーニング)
カーニングしたい部分を選択します。

文字の間隔を詰める(カーニング)
[option]+[→]で文字の間隔があきました。

 

文字の間隔を詰める(カーニング)
文字と文字の間をあけたい場合は、その部分にカーソルを持ってきます。

文字の間隔を詰める(カーニング)
[option]+[→]で文字の間隔があきました。

 

[⌘]+[shift]+[>] 文字を2pt大きくする
[⌘]+[shift]+[<] 文字を2pt小さくする

文字を2pt大きくする、文字を2pt小さくする
文字を大きくしたい部分を選択します。

文字を2pt大きくする、文字を2pt小さくする
[⌘]+[shift]+[>]で選択部分の文字が2pt大きくなりました。

[⌘]+[shift]+[<]は反対に、文字を2pt小さくしてくれます。

 

[option]+[Shift]+[↓] ベースラインを2pt下げる
[option]+[Shift]+[↑] ベースラインを2pt上げる

ベースラインを2pt下げる、上げる
ベースラインを下げたい部分を選択します。

ベースラインを2pt下げる、上げる
[option]+[shift]+[↓]で選択部分の文字のベースラインが下がりました。

 

[option]+[↑] 行間を2pt詰める
[option]+[↓] 行間を2ptあける

行間を2pt詰める、あける
行間をあけたい部分を選択します。

行間を2pt詰める、あける
[option]+[↓]で行間が2ptあきました。

 

 

[⌘]+[shift]+[O] アウトライン化

入稿データを作成するときに必ず使います。
文字にアウトラインがかかっていない状態での入稿だけは厳禁です。
100%印刷会社から「データ不備」の連絡がきて、納品日がずれてしまうので。

 

まとめ

今回は、私が使うショートカットを、使い方の例と一緒にまとめて紹介しました。
ショートカットひとつで、作業効率も格段に上がります。

かくいう私は、ブラインドタッチがあまり得意ではないため、ここはショートカット、ここはマウス選択と決めて、ショートカットとマウス両方を駆使しています。
すべてショートカットを使っているわけではなく、自分がやりやすいようにしています。

このショートカットで、こんな使い方があるのだと、参考にしていただけたら幸いです。



スポンサーリンク

関連記事はこちら