デザイナーが色の配色の時に取り入れたいポイントとアドバイス

SNSシェアボタンはこちら

色の持つイメージを理解する

色には様々なイメージがあります。

色によって紙面(画面)のイメージがまったく変わります。
なので、色のイメージを理解したうえでの色選びはとても大切です。

すでにイメージカラーがあるものは大丈夫なのですが、イメージカラーがないものをデザインする場合は事前にクライアンとイメージカラーなどの方向性を話し合っておくと良いです。

 

色相環と補色の関係から配色を考える

「色相環」
デザインに携わる人なら一度は見たことがある図でしょう。
色の移り変わりを円状に並べたものです。

 

色相環から色同士が近い色のことを「類似色」真反対にある色を「補色」と言います。
また、補色の周辺の色を「反対色」といいます。

 

類似色同士の色の組み合わせは画面全体に統一感は出ますが、
いまいち締まりに欠けるのでアクセントカラーを足すと良いです(アクセントカラーについては後述します)。

 

補色同士の組み合わせは色同士が喧嘩しあって、目がチカチカしてドギツイ印象になります。
くっつけて配色はしない、
あいだに落ち着いた色(無彩色など)を挟む、
などの注意が必要です。
しかし、使い方によっては目立たせたい部分を強調できたり、インパクトのあるデザインにすることができます。

 

色の配色比率は 70 : 25 : 5 の法則

結構有名な法則ですが、基本のカラー数は3色をベースとして、

その3色を 70% : 25% : 5 %の比率に分けるという方法です。

 

<メインカラー>
メインカラーはブランドイメージなど一番見せたいカラーのことです。
メインカラーは文字に使用されることも多いので、「明度の低い色」が扱いやすいとされています。
「明度の高い色」だと可視性、可読性の観点から、文字が読みづらくなってしまいます。

 

<ベースカラー>
ベースカラーは背景など画面全体の大まかな色のことです。
なので、白や薄い色の方が扱いやすいとされています。
ベースカラーの上に文字やオブジェクトが乗る場合が多いので、
無彩色、またはメインカラーの明度をあげた色が使いやすいです。

 

<アクセントカラー>
文字通り、画面全体にアクセントをつけていくカラーのことです。
この時、メインカラーから離れた色(例:補色や反対色)にするとメリハリのあるデザインになります。
しかし前述の通り、補色同士の組み合わせ方をミスると、読みにくかったり、ドギツいイメージになるので
注意しながら配色する必要があります。

「70 : 25 : 5 の法則」という方法がありますが、時と場合によって比率は前後します。
この比率が絶対ということもありませんが、あまり色を使いすぎるとゴチャゴチャして見づらくなると思うので、注意しましょう。

 

まとめ

周知の事実だと思いますが、色選びってデザイン全体を左右する大事な行程ですよね。
イメージを生かすも殺すも「色次第」ってところでしょうか。

なので、色の持つ意味をしっかり理解し、
見やすい配色になるように心がけましょう。
クライアントの方でしっかりとしたブランドイメージがある場合は、そのイメージを崩さない配色をするようにしましょう。

PS.
配色って難しいですよね。
私も本やネットなどで探したりして、自分のデザインに取り入れることもあります。
配色の引き出しを増やしていきたいと思う今日この頃です。

 

こちらは、私が配色の際に参考にしている本です。


配色デザイン見本帳 配色の基礎と考え方が学べるガイドブック

たくさんの色の例が載っていて、配色の引き出しが増え、見ているだけでも勉強になります。

 

その他デザインおすすめ本レビューはこちらから。
独学でデザインを学んでいる方は是非参考にしてみてください。
グラフィックデザイン勉強のための『おすすめ本7選』

 

<スポンサーリンク>




SNSシェアボタンはこちら

スポンサードリンク