デザイン向上委員会

脱・初心者デザイン!クオリティー向上のポイント

「自分のデザインがなんか素人くさいな〜
垢抜けないな〜」

デザイン初心者の頃は、自分のデザインとプロのデザインを比べると
何だかしっくりこないなんてこともあります。

そこで今回は、自分のデザインをワンランク向上させるために
デザイナー初心者が見落としがちなポイントをまとめたいと思います。



スポンサーリンク

細かい所も揃える癖をつけ、それを習慣化する

デザイン初心者によく見受けられるNGなデザイン例として、

・文字、オブジェクトのツラが揃っていない
・余白の幅が均等な広さではない

という点が挙げられます。

プロと素人のデザインの見た目の大きな違いの一つとして、
細かいところまで計算して揃えているか・いないかという点がです。

①文字列の頭は揃っているか。高さは揃っているか。
②画像やアイコンなどのオブジェクトのツラは揃っているか。
③同一のものが並んだ場合その幅は均等か。

デザイン初心者は、最低でも
上記①〜③は常に心がけてレイアウトする癖をつける必要があります。

 

デザインに疎い人からしたら、まったく気づかないし、気にもされない箇所ですが
これらをきちんと実行しているデザインと、していないデザインでは
最終完成形がまったく違う出来栄えになります。

デザインは正解があるものではないので、必ずしもすべて揃えなくても良いし、
あえて崩しているデザインも中にはあります。

しかし、あえて崩すデザインは簡単そうに見えて実は難しい手法で、
自分では出来たつもりでも、客観的に見ると崩れたデザインにしか見えない作品も多々見受けられます。

崩れたデザインだけど、統一感やまとまりを感じるデザインは、デザインの基礎的なことを熟知している上で「あえて」崩したデザインをしている正にプロのデザイナーだからこそできる技術なのです。

 

常にグリットデザインを意識する

美容院のチラシ 美容院のチラシ
際に私が作ったチラシを例にとって解説して行きます。

(画像1)はデザイン例。

(画像2)はデザインの時に意識して揃えた箇所に赤線を引いてみました。

線を実際に引いてみると一目瞭然だと思いますが、
このように意識してツラを揃えている箇所はたくさんあります。

 

また、線を引くことによりグリットデザインを意識していることも読み取れます。

グリットデザイン(画像3)とは、いくつものマスを並べ、それに沿ったレイアウトを組んでいく手法です。

グリットデザイン
グリットデザインはデザインのすべてにおいての基礎となります。

レイアウトを考える時には、大まかにブロック分けをしていきますが、
そのブロックの中にもグリットデザインが存在し、さらにその中にも存在し・・・

・・・と

常に見えない線(グリット)を意識することも大切です。

グリットを意識すると、必然的に
端を揃えたり、余白の間隔を均等にしたりする必要性を感じるはずです。

 

デザインの中で見せたいものを明確にし、デザインにメリハリをつける

デザインを考える時、何を一番見せたいかを明確にしましょう。

反対に、そこまで見せる必要がない情報も明確にします。

見せたい部分が明確になると、見せたい部分と、見せる必要がない部分のデザインにメリハリをつけていきます。

メリハリのつけ方は簡単です。

①目立たせたいものを大きく配置する
②目立つ色を配色する
③文字の場合はフォントを変えてみる

→反対に目立たせる必要のないものには、これら①〜③の効果をつけないようにします。

特にテキストは、大きさのメリハリをつけたり、他と色を変え差別化することで、
何を言いたいかが一目瞭然になります。

美容室のチラシタイトル 美容室のチラシタイトル

 

その情報は本当に必要か考え、削る作業も大切

デザイナーは基本、お客様ありきの仕事なので、仕事を請け負っているとクライアントの中には、あれも入れたい、これも入れたいと商品の魅力を伝えようと、どんどん情報を詰め込みたがる人もいます。

読み手側からすると、文字が多ければ多いほど、読む気がしなくなることってありますよね。そうゆう時は、本当にその情報は必要か考え、削っていくことも大切なポイントです。

例えば、新商品のチラシ制作の仕事を請け負ったとします。
クライアントは「売りたい」という考えがどうしても先走ってしまい、商品の魅力を伝えるために、過剰な情報量をチラシに詰め込みたがります。

それが販売意欲に繋がるようなものなら良いのですが、大半は伝えたいことが多すぎて、お客さん(そのチラシを受け取って読む人)にとったら『何が言いたいか伝わらない、ごちゃごちゃした、見にくいチラシ』となってしまいます。

そういった事態を防ぐためにも、デザイナーには客観的な判断力も必要で、必要のない情報を削っていく作業も大切なのです。
(←もちろん削る作業は勝手に行わず、クライアントと相談の上で行ってください。)

また、文字で伝えきれない内容を分かりやすく、図式化したり、アイコン化したりと
文字をビジュアル化する作業もデザイナーの腕の見せ所です。

詳しくはこちらの記事から
文字のビジュアル化!デザインを見やすくする為のテクニック

 

最後に

前述しましたが、デザインに正解はありません。

見る側にいかに分かりやすく情報を伝えるかなので、伝え方は何通りもあります。
その違いが、それぞれのデザイナーさんの味や個性にあるのです。

今日の天気は 今日の天気は 今日の天気は

天気を伝えるこのようなデザイン。
文字のメリハリを変えたり、アイコン化したり、様々なバリエーションが考えられます。

イラストレーター、フォトショップは少し勉強すれば、誰でもプロっぽいデザインが作れるようになる画期的なツールです。

しかし
誰でも使える=誰でも簡単にデザインができる
ということではありません。

完成したデザインを見ると、プロのデザイナーが作ったのか、素人が作ったのか一目瞭然に分かってしまうからです。

だから、デザイン初心者が見落としがちなポイントをきちんと押さえ、
日々のデザイン業務に活かすことが大切なのです。

少しでも、こちらの記事が参考になれば幸いです。



スポンサーリンク

関連記事はこちら