一人暮らし

自炊する暇がない一人暮らしはヨシケイ食材配達!外食費節約と栄養バランスを補える

こんにちは、emikiです。

働く一人暮らしは、何かと忙しいものです。
仕事が終わった後にも、家事や家のことを自分でこなさなければなりません。

私もかつては一人暮らし社会人でしたが、日々の仕事に追われて、なかなか家の事まで手が回りませんでした。

 

掃除・洗濯は休みの日にまとめて行うこともできますが、「食事」は毎日のことなので手の抜きようがありません。
自炊することは節約にもつながるのですが、残業続きで帰宅時間が遅くなることが連日続くと、疲労困憊してしまい、正直自炊するような体力も精神力も残っていません。
私も会社員時代、帰宅時間が22時以降にもなると、自炊する気力なんて残っていませんでした。

なので、夕食は外食やコンビニ(スーパー)弁当で済ませていたのですが、外食続きだと食費がかさばるし、コンビニ弁当ばかりだと栄養バランスが偏ってしまうし、金銭的にも健康面でも心配が増えてしまいます。

そんな時は、食材配達にお任せしちゃいましょう♪

今回は、ヨシケイの食材配達サービス「夕食ネット」について紹介します。

夕飯をヨシケイの「夕食ネット」食材配達に変えるだけで、夕食のことを考えなくても良いので楽チンですよ!

 



スポンサーリンク

ヨシケイの食材配達サービス「夕食ネット」とは?


夕食ネット

ヨシケイの食材配達サービス「夕食ネット」とは、夕食の食材を自宅に届けてくれるサービスです。
一人暮らしに限らず、忙しくて夕食の準備ができない家庭にも人気です。

食材配達サービスって割高なイメージをお持ちの方もいるとは思いますが、外食よりも安く済み、プランによってはコンビニ弁当よりも安く購入することもできます!

一人暮らしの人が、ヨシケイの「夕食ネット」を利用した場合の具体的なメリットを紹介します。

①安心・安全の食材が使用されている

  • 残留農薬や抗生物質などの安全性に注意した食材が選ばれている
  • 野菜仕入れのプロが全国の野菜の産地から念入りに吟味
  • その日の食材はその日の内に配送されるので、鮮度抜群!

コンビニ弁当などは添加物を多く使用されていると言われていますが、ヨシケイの「夕食ネット」は、体に安全な食材を使っているので、安心して利用できます。

②栄養士が考えたメニューなので、栄養バランスを自分で考えなくて良い

  • 専門の栄養士が、1週間単位でエネルギーや栄養のバランスを考えたメニューを作っている
  • 自分で栄養のバランスを考えなくても良い
  • 一人暮らしで不足しがちな野菜類やビタミン・ミネラルも補充できる

自分一人だと、バランスのとれた食事に気を使うことが難しかったりします。
しかしヨシケイの「夕食ネット」を使えば、栄養管理はプロにお任せできるので、届いてくる食材を食べるだけ。
とっても簡単に、栄養バランスの良い食生活が遅れます。

③食材が使い切れない、余って捨てることがなくなる

一人暮らしで自炊する場合、料理する量の調整は本当に難しいです。
私もそうでしたが、料理を作りすぎて余ったり、食材が処理し切れず余ったりして、最悪傷んで捨ててしまうことも多々ありました。

しかし、ヨシケイの夕食ネットは調理されたもの(または必要な食材)しか届かないので、材料を無駄に買うことがないため、無駄がなく経済的に食費をやりくりできます。

 

④一人暮らし用のメニューもある

冷凍弁当の楽らく味彩」は、1人前で用意されていて、レンジで温めるだけで食べることができるので、調理は一切行わなくて良いため時間がない人にはおすすめのコースです。

3色セットで1,080円なので、1食360円程度。

外食で食事を摂るよりも、コンビニ弁当で栄養バランスを考えた食品を買い揃えるよりも、かなりリーズナブルですよね!

 

残念ながら白米などの主食は自分で用意しなければならないのですが、お米と炊飯器さえあれば都度ご飯を買わなくても自分でも用意できるので、金銭的にも労力的にもそこまで負担にはなりません。

\ 初回限定!10セットまで半額でを購入可能 /
夕食食材宅配サービスの夕食ネット

 

⑤手作りなのに時短できるメニューもある

夕食を手作りできるメニューも用意されています。
キットde楽!」「日替わりメニュー

食材や下準備がある程度できているものがセットで届くので、レシピに沿って料理するだけなので簡単です。

料理する手間はかかりますが、自分で食材を買ってきて、下ごしらえする時間は必要ないので、時短で料理を作ることができます。
※塩・胡椒などの調味料は、自分で用意しなければなりません。


※公式ホームページより、レシピ例

 

ちなみに、「キットde楽!」「日替わりメニュー」共に、2人用の量からの注文となるので、一人暮らしには量が多くなってしまいますが、2人用作って2回に分けて食べることも全然アリです。

金額は2人分で1食1,200〜1,500円。
なので一人の場合は、1食600〜800円くらいで作ることができます。

「冷凍弁当の楽らく味彩」よりも少し割高になってしまいますが、その分バリエーションも豊富だし、量も多いので、しっかりと食べたい人にはおすすめです。

 

1食で600〜800円って高い!と思う人もいるかもしれませんが、
よくよく考えてみれば、ちょっとリッチに買い込んでしまったコンビニ弁当や、外食にかかる食費と同じくらいなので、それだったら栄養面も考慮されたヨシケイの夕食ネットも選択肢としてはおすすめできます。

しかし、調理自体に15〜30分はかかってしまいます。
料理をする暇もなく本当に忙しい人にはおすすめできません。

 

⑥何かと不在になりがちな単身者でも食材を受け取れる

ヨシケイの夕食ネットは毎日、指定した時間に食材が届きます。
「手渡し」「宅配BOX」「玄関前にお届け」の3つの方法で受け取ることができます。

一人暮らしの人は、日中の時間帯はほとんど不在なので、荷物類を直接受け取ることが難しい人も多いはずです。
そういった人でも利用できるように「宅配BOX」「玄関前にお届け」といったサービスもあるので、安心して利用できます。

 


夕食ネット|ご利用方法について

 

しかも、いくつ頼んでも配送料は無料!
嬉しいですね!

⑦ 1食から注文可能。面倒な定期縛りなどはない

ヨシケイの夕食ネットは、定期購入の必要がありません。
1食から注文可能で、自分の都合でいつでも辞めることができるので、忙しくて自炊をする時間がない期間だけ利用するというスタンスもアリでしょう。

しかしヨシケイでは、1週間のトータルで栄養面のバランスを考えた献立を作っているので、余裕がある人は定期的に利用することをおすすめします。

《注意事項》配達エリアを確認する

自宅がヨシケイの夕食ネットの配達エリアではないと、サービスを利用することができません。

対象エリアは、
福島県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、福井県、静岡県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、徳島県、愛媛県
以上の一部エリアになります。

ご利用を検討の方は、配達エリアかどうかの確認を行ってください。
(公式ホームページで簡単に確認できます。)
夕食ネット

 

食材配達って高いイメージだけど、利用の仕方次第で節約にもなる!

食材配達って高いイメージがありませんか?
確かに、きちんと計算して節約に務めた自炊をした方が節約に繋がるのは事実です。

しかし、仕事や他のやることが忙しくて、なかなか自炊する時間が取れない人にはヨシケイの「夕食ネット」はとてもおすすめです。

安いもので1食360円。
高いものでも1食800円程度。
外食やコンビニ弁当よりも安く、あるいは同額の金額で夕食を済ませることができます。

時間や手間暇をお金で買っていると思えば、「食材配達」も夕食の選択肢としては、全然アリです。

 

  • 外食よりはリーズナブル
  • 栄養バランスが考えられたラインナップ
  • 自炊する手間がない。または時短で自炊できる
  • 料理や食材を無駄に余らせることがない

ヨシケイの食材配達を利用すれば、このようなメリットがあります。

また、自炊する時間の余裕があるときはサービスを利用せず、忙しい時だけ利用するという方法もあるので、利用の仕方次第で十分に節約にもなります。

 

\ 初回限定!10セットまで半額でを購入可能 /
夕食食材宅配サービスの夕食ネット

 

初回に限り10セットまで半額で利用できる!

なんと!ここで超お得情報!

初回に限り、10セットまで半額で食品を購入することができます!

先ほど紹介した、「冷凍弁当の楽らく味彩」コースは一食360円なので、半額だと180円で利用できます!!!

安すぎだし、なんと太っ腹な特典!

 

さらに、会員登録(無料)をすると、次回から会員割引で食品を購入できたり、複数割引が適用されたりします。

忙しい一人暮らしの方の強い味方でもあるヨシケイの「夕食ネット」、是非試しに利用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに半額キャンペーンはいつまで開催しているか分からないので、余裕がある方は早めに試してみることをおすすめします。

まずは半額で試してみる!
初回注文は50%OFFで実施中! 食材宅配サービスの『夕食ネット』♪

少量配送OKの一人暮らし向け野菜宅配!野菜不足解消と料理の時短にもこんにちは、emikiです。 一人暮らしって野菜が不足しがちですよね。 一人だから外食やコンビニ弁当が多くなる 仕...

 



スポンサーリンク

その他にも、一人暮らし関連の記事を書いています。
興味のある方はこちらから↓