一人暮らし

肌荒れをまねく一人暮らしのNG習慣!生活習慣を見直そう

こんにちは、emikiです。

一人暮らしを始めて「肌の調子が悪い」「肌荒れがひどくなった」といった悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

ひょっとしたら、あなたの生活習慣が肌荒れの原因を作っているのかもしれませんよ?

そこで今回は、「肌荒れの原因となる」一人暮らしでやりがちなNG習慣をご紹介します。



スポンサーリンク

肌荒れの原因となる一人暮らしの5つのNG習慣とは?

それでは早速、一人暮らし生活で陥ってしまいがちな、肌荒れの原因となる5つのNG習慣について紹介します。

一人暮らしの5つのNG習慣

食事は自分一人だし、監視がないから自分の好きなものが食べよう!
自分一人しかいないから湯船を張るのはめんどくさい!今日もシャワーで済ませよう
家に帰っても一人きり。。。話し相手がいないからストレスをうまく発散できない
一人だから誰にも怒られないし、今日も夜遅くまでゲームをするぞ!完全に寝不足生活を送っている
会社でも自宅でも冷暖房に頼り切った生活習慣を送っている

ひとつずつ確認していきましょう。

 

肌荒れの原因① 食生活の乱れ


野菜を全然食べない、肉ばかり食べているなど、栄養バランスが崩れた食生活を送っていませんか?
遅い時間に夜ご飯を食べたり、飲みにいったりしていませんか?
食事代わりにスナック菓子を食べたり、深夜に高カロリーな食べ物を食べていませんか?

肌荒れの多くの原因は、食生活の乱れが関わっています。

私も仕事で毎日遅くまで残業が続くと、並行して肌荒れにも悩まされました。
帰りが深夜になるので必然的に夕食も遅くなり、会社で小腹がすくのでジャンキーなものでお腹を満たす食生活を送っていると、吹き出物がポツポツできはじめるのです。

仕事で帰りが遅くなることは仕方のないことでもありますが、一人暮らしは食生活のバランスが乱れがちになってしまうので、バランスのとれた食事を意識して取り入れるようにしましょう。

特にお肌に良い、野菜・果物類、ビタミンB(豚肉、レバー、マグロ、豆腐、卵、牛乳)、ビタミンE(かぼちゃ、うなぎ、ナッツ、植物性油)のものを積極的に取り入れるようにしましょう。

 

肌荒れの原因② お風呂はシャワーで済ませる


お風呂は、シャワーだけで済ませてしまう一人暮らしの人も多いのではないでしょうか。

湯船に浸かることは、温熱効果をもたらし、血流が良くなります。
血流が良くなると、体内の老廃物や疲労物質が運び出され、体のコリもほぐれ、疲れが溜まりにくくなるという効果もあります。
また、内臓の働きを助けることで、自律神経をコントロールする作用もあります。

湯船に浸かり、体を温めることで毛穴が開き、毛穴の中の汚れを取り去ってくれるので、お肌自体にもすごく良いのです。

「ユニットバスだから入浴できない」
「自分一人だから湯船を沸かすのが面倒くさい」
という人も、ぜひお風呂には浸かりましょう。

私も長年ユニットバスで生活していましたが、全然お湯を張って入浴していましたよ。

 

肌荒れの原因③ ストレスがうまく発散できていない


家に帰っても一人きり・・・
話し相手がいない・・・

仕事で嫌なことがあっても、ストレスを解消する場がなければ、ストレスは溜まる一方です。

自宅でできるストレス解消法があったり、ジムに通うなど仕事帰りにできるストレス発散法がある人は良いのですが、ない場合は「一人暮らし」自体がストレスになってしまうことも考えられます。

ストレスは肌の大敵とも言われています。

一人暮らしでもストレスを溜めないような生活を送るように心がけましょう。

 

肌荒れの原因④ 寝不足、寝る時間が遅い


一人暮らしだからといって、夜遅くまでゲームを楽しんだり、テレビを見ていませんか?

娯楽を楽しむことは悪いこととは言いませんが、睡眠時間を削って寝不足になるまで楽しむことは、いかがなものかと思います。

睡眠時間は、肌のターンオーバー(新陳代謝)が促進される時間なので、睡眠時間が少ないこと=ターンオーバーをする時間も少ないということになります。
個人差はありますが、理想的な睡眠時間は7〜8時間と言われています。

せっかく肌を再生しようにも、睡眠時間が足りないのですから、キレイになるはずもないですよね。

ニキビが出たり、肌が荒れたり、乾燥肌になったりと、モロに影響が出ることもあるので、睡眠時間は十分に確保するようにしましょう。

 

肌荒れの原因⑤ 冷暖房に頼り切った生活習慣


一人暮らし生活だけに限ったことではないのですが、冷暖房に頼り切った生活習慣を送っていると、何かとお肌にトラブルが出てきてしまいます。

冷房・暖房が影響した、肌の乾燥に悩む人も多いのではないでしょうか。

もちろん、風邪をひかないため・熱中症対策のためなど、体調管理のために冷暖房を正しく使うことは良いのですが、過剰に使うのは体にも良くありません。

特に女性は、体の冷やしすぎは厳禁なので、夏場の冷房には注意しましょう。

 

一人暮らしで肌荒れを予防するのには生活習慣の見直しを!

一人暮らしの5つのNG習慣

食事は自分一人だし、監視がないから自分の好きなものが食べよう!
自分一人しかいないから湯船を張るのはめんどくさい!今日もシャワーで済ませよう
家に帰っても一人きり。。。話し相手がいないからストレスをうまく発散できない
一人だから誰にも怒られないし、今日も夜遅くまでゲームをするぞ!完全に寝不足生活を送っている
会社でも自宅でも冷暖房に頼り切った生活習慣を送っている

一人暮らしの肌荒れNG習慣、皆さんはいくつ当てはまりましたか?

 

仕事が忙しくて、食事や睡眠に気を使えないという人も中にはいらっしゃるとは思いますが、お肌のためにも、ご自身のお体のためにも、ゆとりのある生活リズムを送れる生活習慣を見直していてはいかがでしょうか。

また、どうしてもお肌の調子が改善されない場合は、コスメに頼るのもアリでしょう。



それでも肌荒れがひどい場合は、皮膚科を受診してみても良いかもしれませんね。

しかし、コスメにせよ病院にせよ、一時的に治ったとしても元の生活習慣に戻ってしまうと、また肌荒れが再発してしまうので、自分の一人暮らしの生活週間から見直す必要があるということも忘れないでください。

当記事を少しでも参考にしていただけると幸いです。



スポンサーリンク