一人暮らし

30代女性の一人暮らしにかかる1ヶ月の生活費平均と節約のポイント

こんにちは、emikiです。

私は、大学進学を機に上京してから13年間、東京で一人暮らしをしていた経験があります。(現在は違いますが。)

一人暮らしは何かと出費が重なるものです。

当記事では、実際に私がかかった毎月の生活費を例に取りながら解説していきたいと思います。

  • 一人暮らしを始めたい人
  • 一人暮らしをする30代女性の生活費の内訳を知りたい人
  • 一人暮らしの生活費を把握して、節約ポイントを見つけたい人

以上に、当てはまる方は当記事を参考にしていただけると幸いです。



スポンサーリンク

30代女性の一人暮らしにかかる生活費の実態

それでは早速、一人暮らしをしていた頃の家計簿に基づいて、一人暮らしにかかっていた生活費を紹介したいと思います。

ちなみに、地域や生活スタイルで生活費に差が出ると思うので、まずは一人暮らし当初の私のスペックから紹介します。

  • 東京都23区在住の会社員
  • 30代女性
  • 外食と自炊両方の食生活
  • 日中は仕事なので、自宅にいることはない
  • 休日も自宅にいることが少ない(→遊びに出かけていた)

このようなライフスタイルです。

そして、私の毎月の生活費の平均内訳は以下の通りです。

家賃7万円
水道光熱費3,900円
食費2万円
通信費1万円
生活日用品2,000円(ティッシュ、シャンプー、洗剤などの生活消耗品)
交際費3万円
趣味代1万円(スケボー代、本、DVDなど)
美容代・洋服代2万円
その他雑費1万円

合計:17万5,900円

 

交際費に関しては月によってはかなり変動があります。
1万円程度で済む月もあれば、5万円くらいかかった月もありました。
平均すると毎月3万円くらいです。

美容代・洋服代も月によって変動します。
仕事が忙しい時は、疲れを取るためにマッサージに頻繁に通ったりしていたし、洋服を全然買わない月もあったりしました。

また、貯金に関しては、余った残金をすべて貯金に回していたので、月によって変動していました。
フリーター時代は貯金をする余裕はありませんでしたが、正社員として働くようになってからは、毎月5〜12万円くらいは貯金をしていたと思います。



スポンサーリンク

30代女性一人暮らしの平均生活費は?


私以外の意見も聞きたいので、続いてはクラウドワークスにて30代の一人暮らし女性の方100名に、1ヶ月にかかる生活費の内訳をアンケートにて伺ってみました。

各項目の平均結果は、以下の通りです。

家賃56,354円
電気4,108円
ガス3,423円
水道2,761円
食費23,093円
日用・消耗品5,523円
保険・医療費6,389円
携帯電話料金8,330円
インターネット代2,880円(※インターネット代がかからない人も全体の2.5割ほどいました。インターネット代がかかる人のみの月平均は4,586円です。)
交際費(飲み代含む)14,418円
美容代7,405円
洋服代6,986円
趣味・娯楽8,825円
貯金27,716円

合計額をすべてプラスすると、234,565円ほどになります。
(※貯金額を差し引くと、206,849円)

234,565円ほどの収入がないと一人暮らしができないかといったら、決してそんなことはありません。

家賃、交際費、趣味代などを節約すれば、十分に一人暮らしは可能です。

また、個人的に意外だったのが、携帯料金の平均が高かったことです。
「格安スマホ」を利用すれば、月額2,000〜3,000円程度に抑えることができるのに・・・

もったいない・・・!!

格安スマホに変えるだけで、年間6万円もの節約にもなるので、携帯料金に1万円前後支払っている人は、早急に乗り換えをした方がお得ですよ!

一人暮らしの通信費を1万円も節約できた!(電話代・ネット代込み)こんにちはemikiです。 一人暮らしのみなさん、携帯代・スマホ代に月々いくら支払っていますか? 毎月「1万円近く」...

その他にも個人的には、家賃・光熱費・携帯電話料金・食費あたりは、もっと切り詰めることができると思います。

一人暮らしの節約方法系のライフハックは、当ブログでもたくさん記事を書いているので、参考にしていただけたらと思います。

[wp-svg-icons icon=”point-right” wrap=”i”] 一人暮らし・節約カテゴリーへ

 

暮らしのお役立ち情報や、節約術、マネー、ライフハック系の記事がたくさん掲載されているアプリ「LIMIA」を要チェック!

《アプリインストールは、こちらから》
[wp-svg-icons icon=”point-right” wrap=”i”]【無料ダンロード】LIMIA公式アプリサイトへ
(iPhone/Android対応)

 

【30代女性の一人暮らし】生活費の節約のポイント

一人暮らし当時の私は、毎月平均17万5,900円ほどの生活費がかかっていました。
その他の一人暮らしをしている30代独身女性の平均生活費は、234,565円(貯金額を差し引くと、206,849円)だったので、私自身、平均値よりも大幅な節約に成功していることが判明しました。

そこで、一人暮らしの生活費における節約ポイントをご紹介します。

家賃

東京は家賃が高いので、住居費の割合が高いのが痛いんですよね。
しかし、家賃相場の安いエリアに住めば、家賃をさらに1〜2万円節約できます。

当時の私は、「通勤時間がもったいない!」「会社から近い方が時間にゆとりが持てて楽」という考えがあったので、あえて家賃が高いエリアに住むという選択をしていましたが。
(会社は都内某所の一等地にあった)

職場近くの一人暮らしは2駅先が快適すぎてメリットしか感じなかったこんにちは、emikiです。 みなさんは、通勤にどのくらいの時間がかかりますか? 今私は在宅の仕事をしているので、通勤時間に...

 

水道光熱費

一人暮らしの水道光熱費の毎月の平均は、7,347円と言われている中、私の毎月の水道光熱費は「3,900円」でした。

「節約に成功している」と、自負しています。

節約方法など、詳しくはこちらの記事で紹介していますので、気になる方はどうぞご一読ください。

【東京一人暮らし】水道光熱費を平均の1/2にした私の超節約術こんにちは、emikiです。 一人暮らしを13年経験した私ですが、過去に様々な節約をしてきました。 食費に関しては、あまりガ...

 

食費

食費も毎月2万円と、そこまでかかっていません。

基本的に、
朝は野菜ジュース
昼は手作りのお弁当
夜はスーパーのお惣菜・コンビニ弁当(たまに自炊)
という生活を送っていました。

自炊と外食(お弁当)を上手く使い分けて、ストレスにならない程度に食費の節約に努めていました。

食費節約に関しての記事はこちらから

すぐ真似できる!一人暮らし経験者【食費節約方法】まとめこんにちは、emikiです。 一人暮らしは、家賃、光熱費、通信費、食費と生活を送る上で必要最低限のお金が何かとかかるものです。 ...
外食費を半額〜無料に?一人暮らしの食費を節約できる超裏技!こんにちは、emikiです。 一人暮らしの食費節約方法として、メジャーな方法且つ一番効果のある方法は「徹底して自炊をする」という方...

 

通信費

過去の私は、通信費に毎月1万円もかけてしまっていたのですが、マジでもったいない!
しかも、「スマホ代のみ」で1万円もかかっていたんですよ!!
(当時は、インターネット回線は契約していませんでした。)

SIMフリースマホに変更すれば、毎月2,000〜3,000円までスマホ代を節約できるので、毎月1万円近くスマホ代を支払っている人は、早急にSIMフリーに乗り換えた方が断然お得です!

一人暮らしの通信費を1万円も節約できた!(電話代・ネット代込み)こんにちはemikiです。 一人暮らしのみなさん、携帯代・スマホ代に月々いくら支払っていますか? 毎月「1万円近く」...

 

生活日用品

洗剤、トイレットペーパー、シャンプー、コンディショナー、石鹸、歯ブラシ、コンタクト、洗浄液etc…
生活していく上で必ず必要であり、消耗していくものにも地味にお金がかかってしまいます。

ドラッグストアの特売をマメにチェックするなど、少しでも安く日用品を手に入れるように努めていました。

 

交際費

交際費に関しては、月によってかなりの変動がありました。

精神的にも金銭的にもダメージを受けるので、気分の乗らない誘いを受けないのもポイント。

誘いを断ることは勇気のいることかもしれませんが、飲み会を1回断るだけでも大きな節約に繋がることも事実です。
(もちろん、断る必要のないお誘いは快く受けましょう。)

一人暮らし節約術!食費を切り詰めるのではなく固定費を削れ!こんにちは、emikiです。 以下に挙げるのは、一人暮らしを行ううえで絶対にかかってしまう費用のおもな項目です。 ・食費...

 

趣味代

みなさんも趣味をお持ちと思いますが、私の場合は毎月の趣味代として、スケボーパーツ、本、DVD(レンタル)、手芸用品、画材などを買っていました。

趣味のものを購入するとなると、テンションが上がり歯止めが効かなくなることもあるので、あらかじめ毎月の予算を決めてから、買い物をすると良いでしょう。

 

美容代・洋服代

美容代・洋服代も月により変動はあります。

美容室は2〜3ヶ月に1回くらいの頻度でしたが、私はマッサージが好きだったので良く通っていました。(たまにネイルサロンにも通っていました。)

また、当時勤めていた会社がオフィスカジュアルの着用義務があったので、定期的に洋服の購入もしていました。

最近では、エアークローゼットなどのファッションレンタルが流行っていますが、もっと早くその存在を知っていたら、洋服代も節約できたんじゃないかと後悔することもあります。。。

詳しくはこちらの記事へ!

オフィスカジュアルの服を持たずとも職場でおしゃれ番長になる方法こんにちは、emikiです。 みなさんの職場は、スーツですか?制服ですか? それともオフィスカジュアルの縛りがある私服出勤ですか...

 

その他雑費(急な出費など)

その他雑費とは、お菓子、なんとなく買った雑貨(笑)、交通費(会社への交通費以外)の「雑費」と、冠婚葬祭、医療費、プレゼント代などの「急な出費」があります。

特に急な出費に関しては、いつ必要になるか分からないので、ある程度は金銭的にゆとりの持てるような生活を送ることも大切です。

そのためにはやはり、身の丈にあった家に住むことと、節約を心がけることも大切です。

 

30代女性の一人暮らしの節約・お役立ち情報はLIMIA(リミア)アプリで解消!


一人暮らしの住まい・節約などのお得情報はLIMIA(リミア)のアプリで解決しましょう!
時短・節約料理、100均DIY、生活の知恵など、一人暮らしの手助けとなる情報が満載です!

もちろん、無料で利用できるアプリで、私も空いた時間にLIMIAで情報収集に勤しんでいます!
時間を忘れて、ついつい夢中で記事を読み漁ってしまうくらいに(笑)。

気になる方は、インストールしてみてください!

▽【無料】アプリインストールはこちらから▽
無料でLIMIA(リミア)を
インストール

※Android・iOS両対応

 

最後に

いかがだったでしょうか。

私は毎月の生活費として、平均17万5,900円かかっていました。

家賃は特にお住いの地域によって変わると思うし、車を持っている人の場合は、別途維持費や保険代が加算されます。

あくまでも東京在住の30代女性の一例として、生活費の内訳を参考にしていただけると幸いです。

DL必至!一人暮らし女子に役立つ知識&節約系【神アプリ4選】こんにちは、emikiです。 今回は、一人暮らしを行う上で役に立つ知識や節約術を得ることができる、お役立ちアプリをご紹介します。...

その他にも、一人暮らしの節約関連の記事を書いています。
▽興味のある方はこちらから▽



スポンサーリンク

公開日:2018年10月3日