一人暮らしが寂しい

【一人暮らしの夜】すぐに試せる寂しさを解消する36の方法

こんにちは、emikiです。

一人暮らしの夜は何かと孤独や寂しさを感じるものですね。
私も、一人暮らしを始めた当初は毎夜寂しさを感じていました。

そこで、今回は一人暮らしの夜の寂しさを解消する36の方法を紹介します。

紹介する方法は、どれも難しい内容ではなく、すぐに実践できるものなので、気になるものがあればぜひ試してみてください!



スポンサーリンク

 

簡単!すぐに試せる!一人暮らしの夜の寂しさを解消する36の方法


それでは早速、一人暮らしの夜の寂しさを解消する方法を紹介します。

テレビを見る

一人暮らしの寂しさを紛らわす方法として、もはや王道の方法かもしれませんが、テレビを見て寂しさを解消しましょう。

ネガティブな内容のテレビ番組は、見過ぎるとこちらの気分も下がってくるので、それよりも「面白い」「楽しい」感情になれるバラエティー番組がおすすめです。

もちろん、ネガティブな内容のテレビ番組が好きな人は良いのですが、そうでない人は気分が明るくなるような番組を見るようにしましょう。

 

動画配信サービスを見る

深夜の時間帯になると、テレビの放送も終了してしまうので、その代わりとして動画配信サービスを利用することもおすすめです。

動画配信サービスは、24時間いつでも自分の好きなタイミングで動画を閲覧することができるので、眠れない夜の暇つぶしとしても最適です。
動画のラインナップも、映画・ドラマ・アニメ・バラエティー・ドキュメンタリー・音楽番組と豊富です。

お笑い好きの私は、Amazonプライムを契約しています。

 

Amazonプライム会員になると、プライムビデオという動画配信サービス以外にも、一人暮らしには欠かせないたくさんのサービスを受けることができ、コスパが最強すぎるのでおすすめしておきます!

詳しくはこちらの記事から
↓↓↓↓↓↓

あわせて読みたい
一人暮らしが「Amazonプライム」会員になるメリットを分かりやすく解説こんにちは、emikiです。 世界最大級の通販サイト「Amazon」を、みなさん一度は利用されたことがあるのではないでしょうか。...

 

本を読む

小説でも、漫画でも、実用書でも構いません。
本を読むことに没頭すると、あっという間に時間がすぎています。

作品によっては、寝不足注意になるくらいハマってしまうので、それくらい効果があります。

個人的な意見ですが、冒険もの・恋愛ものなど、どうしても続きが見たくなるような構成の漫画は寝る前にはあまり読まないようにしています。

読み進めたくて読み進めたくて、本当に寝れなくなってしまうから(笑)。

なので私は寝る前には、一話完結ものが多い、ギャクマンガをよく読んでいます。

あわせて読みたい
眠れない夜にこそ進めたい!おすすめギャグ漫画8選こんにちは、emikiです。 私が寝る前に決まってやることは、ギャグ漫画を読むことと、ギャグ漫画のアニメを見ることです。 寝つき...

 

ネットサーフィンをする

私は、ネットサーフィン大好きです!

気になることがあれば、すぐにスマホで調べてしまいますね〜
スマホで調べ物をしていたら、あっという間に時間が過ぎていたなんてことも良くあります。

スマホ一台で出来てしまう、簡単な方法です。

 

SNSを利用する・またはSNSを見ない

SNSに投稿をしてみたり、友人のSNSを見てコメントを入れたりしてみましょう。

特に、自分でSNSに投稿すると、いろんな人からコメントやいいね!をもらえるので、寂しい気分も解消することができます。

 

しかし、「みんなで楽しそうにしている友人」の投稿を見て、一人で寂しくしている自分が惨めに感じてしまうこともあるので、気分次第での使い分けも必要です。

気分が乗らないのであれば、SNSを見る必要はありません。

 

ネットショッピングをする

無駄にいらないものを買わないように注意が必要ですが、ネットショッピングをすることにより、寂しい気分もどこかに吹き飛んでいます。

あれやこれやと、いろんな商品を見比べて行くうちに、いつの間にやら時間が過ぎていたなんて経験はありませんか?

本当に買わなくても、「次の給料が入ったら買おうかな〜」と思っている商品を、事前に調べておいても良いですね。

 

LIVE放送を見る(聴く)

Youtubeやツイキャスなど、一般の方(一部プロの方)が、気軽に動画配信ができるようになりました。

中にはLIVE配信機能もあって、テレビみたいに一方的に見るだけでなく、配信者と他の視聴者が一緒に動画を盛り上げながら楽しむことができます。

リアルタイムで配信者・視聴者と時間を共有でき、寂しさを紛らわす方法として抜群です。

 

音楽を聴く

自分の好きな音楽をかけて、テンションをあげましょう♪

気分を上げる曲、明るい気分になれる曲など、自分なりのプレイリストを作っておくと良いですね。

そのプレイリストを作っているだけでも、気分転換になりますね!

 

筋トレをする

一人暮らしの夜が寂しくて、つい色々と頭で考え込んでしまうこともありますが、体を動かすことにより頭で余計なことを考えずに済みます。

体力づくりや、シェイプアップにもなるので、一石二鳥な方法ですね。

 

自宅でできる副業を始めてみる

自宅に一人でいる時間が寂しいのであれば、その時間を有効的に使って副業を始めてみませんか?

空いた時間で、お小遣いが稼げちゃいますよ!

スマホ一台で、誰でもできる簡単な副業として、アンケートサイトがおすすめ。
↓↓↓↓↓↓↓


自分のスキルを活かしたり、もう少し本格的に副業としてお金を稼ぎたい場合は、クラウドソーシングで副業を始めることもおすすめです。

例えば、在宅のライターの仕事や、ロゴデザインのコンペなんかも頻繁に募集されています。

「一人暮らしの夜が寂しい・・・」なんて考えている暇はありません。
その時間を有効活用して、副業でお金を稼いじゃいましょう♪

クラウドソーシングで仕事を見つける場合は、以下のサイトがおすすめです。
クラウドワークス
Bizseek
ランサーズ

 

勉強をする

大学生で一人暮らしの場合は、勉強で寂しさを紛らわせましょう。
社会人の人も自身のスキルアップのために、資格などの勉強をしてみても良いですね。

勉強って頭をものすごく使うことなので「寂しさ」や「悩み」もその瞬間は頭から吹っ飛んでいるはずです。

寂しいと感じる時間を、自己投資の時間として有効利用してみてください。

 

自宅でできる趣味に没頭する

家の中でできる趣味を見つけて、趣味に没頭すると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
没頭し過ぎて、時間が足りないと感じるくらいに・・・

読書、創作活動、楽器演奏(←騒音注意!)、映画鑑賞など、自分の好きなジャンルの趣味を見つけて、家で一人の寂しさを解消しましょう。

 

過去の写真を見る

パソコン、スマホ、デジカメに保存してある、過去に撮った写真を振り返って見直すと、その頃楽しかった思い出が湧き上がってきて、あったかい気分に浸れます。

学生時代のバカみたいな写真とか、時を経て見ると、何故かホッコリしたりするんですよね。

SNOWなどの顔変換アプリを使った写真とか、何度見ても笑えるんだよな〜。



スポンサーリンク

 

お風呂に入ってリラックス

お風呂に入ると、リフレッシュ&リラックスできるので、気分転換の方法としては最適です。

入浴剤にこだわってみるのも良いですね。

長湯が平気なのであれば、半身浴をしながら、本を読んだり、動画を見ながらの入浴も良いですね!

 

ゲームに熱中する

ゲームに熱中すると、あっという間に時間が過ぎてしまいますね。

スマホを使えば、無料でできるアプリゲームもあるので、お金をかけずとも楽しむこともできます。

 

甘いものを食べる

甘いものを食べると「セロトニン」「エンドルフィン」が分泌されるので、寂しさを解消する効果を発揮してくれます。

「セロトニン」は、精神を安定させ心をリラックスさせる効果があり、「エンドルフィン」は気持ちを落ち着かせてゆったりとした気分にさせる働きがあるそうです。

参考:お砂糖とストレス|日新製糖

 

確かに、甘いものを食べた時はなんだか幸せな気分になりますよね。。。

夜中に甘いものを食べるのは、あまり好ましくないかも知れませんが、方法の一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

料理をする

手を動かして作業をしていると、いつの間にやら時間が過ぎていることもありますよね。
家の中で出来て、手を動かしながら且つ、実用的な作業といえば「料理」です。

その日の夜ご飯を作ってもいいし、作り置きメニューを作ってもいいし、最終的に食べることができる料理は、決して無駄な作業にはなりません。

一人暮らしの寂しさも解消できて、お腹も膨れるなんて一石二鳥な方法ですね。

 

お酒を飲む

一人暮らしの夜が寂しいと感じたら、お酒を飲むと気分が陽気になり(酔い方は人によるとは思いますが)、寂しい気分を紛らわすことができます。

しかし、前提として申しておきたいのは「深酒は厳禁」「お酒への依存は厳禁」です。

お酒に依存してしまうのは、体を壊していまう原因にもなってしまうので、寂しいからと言ってすぐにお酒に逃げるのは良くありません。

たまのことなら、お酒を飲んで気を紛らわすのも全然アリでしょう。

 

家族・友達・彼氏と電話する

一人暮らしの寂しい夜も、誰かと会話することで、一気に寂しい気分も晴れやかになります。

最近はネット回線を使っての通話もできるので、電話代をさほど気にしなくても、離れた場所にいる人との会話を楽しめるようになりました。

寂しさを解消する一番の方法は、やはり人との会話だと思います。

どうしてもやり切れない寂しさがある場合は、家族・友達・彼氏と電話で会話を楽しみましょう。

 

一人暮らしの自宅に、友達・彼氏を呼ぶ

「今日は一人になりたくない!」
「なんだか今日はいつも以上に寂しいな」

と感じたら、一人暮らしの自宅に、友達・彼氏を呼びましょう。

誰かと一緒に過ごせるだけで、寂しさも一瞬で吹っ飛んでしまいます。

 

部屋の掃除をする

部屋の掃除をして、体を動かすことにより、寂しい感情もいつの間にやら忘れています。
仕事が忙しくて、普段部屋の掃除が出来ていない人にとったら、部屋も綺麗に快適になるので、一石二鳥です。

汚れた部屋よりも、綺麗な部屋の方が住んでいて清々しいものです。

部屋づくりにハマることは、一人暮らしの楽しみを心得たようなもの。
その第一歩として、部屋の掃除は効果的です。

※注意:夜の遅い時間は、マンション内の上下左右の部屋に騒音が響いて迷惑になるので、22時以降の掃除は控えましょう。

 

断捨離をする

部屋の掃除と同時に、自宅にあるいらないものを捨てる「断捨離」も行いましょう。
要らないものを処分することで気分もスッキリしてきますよ!

もし、不用品を売ることができれば、お小遣い稼ぎにもなりますね。

※注意:夜の遅い時間は、マンション内の上下左右の部屋に騒音が響いて迷惑になるので、22時以降の作業は控えましょう。

 

自宅ファッションショーを開催

自分の持っている洋服やアクセサリー類を身につけて、自宅でファッションショーを行いましょう♪

完全に自己満ですが、結構楽しかったりしますよ(笑)。
時間に余裕があれば、髪型をアレンジしたり、いつもより濃いめの化粧をしてみたり。。。

誰も見ていない、一人暮らしだからこそ楽しめる方法です。

 

次の休日の計画など、近い未来のワクワクすることを考える

今週末は友達と原宿でショッピングをするんだけど、ランチはどこに行こうかな?
どんなショップを巡ろうかな?

など、近い未来に行う予定の計画を練るのも楽しいですね。

ポイントは、気分がワクワクするようなことを考えること。
「あさっては、仕事で〇〇しなきゃなんない〜」など、気分が下がるようなことは考えないようにしましょう。



スポンサーリンク

パズルをする

スマホやパソコン、テレビを使えば簡単に一人暮らしの寂しさを紛らわすことができるのですが、どれも画面に向かって行うことなので、目が疲れてしまうこともあります。

そんな時は、PCや電気機器を使わずに、一人暮らしの寂しさを解消できたら良いですよね。

その方法としておすすめなのは「パズル」。
アナログですが、始めたら結構ハマるんですよ!

マイペースにコツコツ取り組めるのでおすすめです。
音楽やラジオを聴きながら作業を進めると、より気分も和らぎます。

 

貯金箱のコインを数える

私が最近やった方法はコレ。
私の場合は「寂しさを解消するため」ではなく、「暇つぶし」と言った方が適切ですが、貯金箱に貯まった数千枚の小銭を数えました(笑)。

世の中には、レアコインというものが存在します。
例えば、昭和62年発行の50円玉は、約8,000円の価値があると言われてします。

私も1円玉・5円玉・10円玉・50円玉・100円玉・500円玉、それぞれのレアコインを調べて、一枚一枚確認したのですが、結構作業に没頭できました。
(実際にレアコインも数枚発見しました!)

小銭貯金がないと、できない方法かもしれませんが、一人暮らしの寂しさを解消する意外な方法として紹介しておきます。

 

絵を描く・字を書く・塗り絵をする

絵を描く、字を書く、塗り絵をするなど、紙に何かを書き出すことは、寂しさを紛らわす方法として意外にも効果があります。

下手とか上手いとか関係ありません。
何かしらの事柄をアウトプットすることに意味があるのです。

また、塗り絵は、リラックスやストレス解消効果があるともいわれているので、塗り絵セットを持っておいても良いでしょう。

 

日記を書く

字を書くことに通ずるのですが、日記を書いて「今考えている自分の感情を」文字に書き出してみましょう。

「ただ漠然と寂しい」のなら、なんで寂しいと感じるのか、自分自身の考えを深く掘り下げてみるアウトプットの手段として日記を使ってみるとよいでしょう。

日記なので、誰に見られるという訳でもありません。
自分の思うままに、自分の好きなように書いてください。

日記をつけることは、精神的な健康をもたらすと科学的に証明もされています。

参考:科学的にも証明された、日記を書き続ける実用的なメリット|life hacker

 

ノートと鉛筆があればできることです。
一人暮らしの寂しさを解消する方法として、ぜひ実行してみてはいかがでしょうか。

 

コインランドリーに行く

一人暮らしの自宅にいるとどうしても「寂しさ」に包まれてしまう場合は、思い切って外に出かけてみましょう。

夜間の特に女性一人の外出は危険なので、不要な外出は控えた方が良いかも知れませんが、止む終えない場合は、防犯対策をしっかりした上で外出してください。

《女性が夜一人で出歩く時に気をつけること》

  • 人通りが多い場所を選んで歩く
  • 荷物は建物側に持つ
  • 同じ夜間でも、出歩くなら早い時間までに(深夜の時間帯は出歩かない)
  • 歩きスマホは厳禁、周りを意識しながら歩く
  • スマホで誰かと通話をしながら歩くのも危険
  • イヤフォンで音楽を聞きながら歩かない
  • 万が一のために、防犯ブザーは持っておく
  • 高いヒールの靴、露出の多い服装で出歩かない

 

話は少しずれますが、洗濯物が溜まっていませんか?
コインランドリーを使えば、1時間程度で洗濯〜乾燥までできてしまいます。

コインランドリーに出かけて、気分をリフレッシュしましょう。

 

コンビニに行く

一人暮らしの家にいるのが「寂しい」と感じる場合は、コンビニなどに出かけて気分をリフレッシュしましょう。

前述通り、夜間に出歩くのは危ない場合もあるので(特に女性)、きちんと防犯対策を行ってから出かけるようにしてください。

コンビニに行くだけ。5分、10分家を空けるだけだと思って、鍵をかけない人もいますが、非常に危ない行為でもあるので、いくら短時間でも、自宅の施錠はきちんと行うようにしましょう。

 

友達・彼氏の家に遊びに行く

一人暮らしの寂しさを解消する方法として、友達や彼氏の家に遊びに行きましょう。
私も学生の頃、同じ一人暮らしの友達同士でよく家に泊りに行きあっていました。

誰かと過ごす夜は、寂しさなんて感じません。

耐えられない寂しさを感じたら、友達や彼氏の家に遊びに(泊りに)出かけましょう。

 

ジムに行く・ランニンングをして体を動かす

体を動かすと、そのことに集中して、余計な悩みは吹き飛んでしまいます。
近所をランニングしたり、ジムで体を動かしたりしても良いですね。

体を動かすことにより、気持ちの良い疲労感に包まれ、夜もぐっすり眠ることができます。

 

早く寝る

「寂しい」と感じる前に、眠りにつくことができると、余計なことを考えずに済みます。
そのためにも、日中はたくさん体を動かしておくようにしましょう。

早く寝るためには、早く起きることも大切です。
生活リズムがズレてしまうと、悪循環になってしまうので、規則正しい生活リズムが送れるように心がけましょう。

 

一人暮らしの環境を周りと比べない

一人暮らしで寂しさを感じる時、「他の誰かと比べて」寂しさを感じてしまってしませんか?

例えば、実家暮らしのA子ちゃん、彼氏と同棲しているB子ちゃんなど、自分とは違う環境の人と比べてしまっていませんか?

他の人と比べても、何の得にもならないし、無駄に自分を卑下する材料にしかならないので、今すぐ辞めるようにしてください。

 

どうしても気になってしまうのであれば、
「A子ちゃんもB子ちゃんも、誰かに支えられながら生活してるよね。それに比べて自分は一人で生活できてるってすごくない?」と、自分にポジティブになるように考えましょう。

もちろん、心の中で思うだけで、間違ってもそのことを口に出したり、態度に示したりしないようにしてください(笑)。

 

この寂しさは、永遠に続くものではないと考える

「一人暮らし」「寂しい」と思い悩む人もいるとは思いますが、まず前提としてこの寂しさが永遠に続く訳ではないことを理解してください。

短期的なスパンで見ると、夜が明ければ、仕事に出かけなければならないので、「寂しさ」も感じません。
職場の人と話していると、または仕事に没頭していると寂しさも忘れ去っていますよね。

 

また、いずれ家族を持ちたいと考えているのであれば尚更。
この寂しさは一生続くものではありません。

私は生涯一人で暮らして行きますという人であれば、寂しさに慣れていかないとやっていけなくなるので、寂しさに打ち勝つ強い心が必要です。

 

今の現時点で一人で暮らしているだけだったら、逆にその孤独を楽しんでみる方向に気分を転換した方が人生得ですよ!

 

孤独や寂しさを楽しんでみる

一人暮らしをする最大のメリットは「自分一人の時間を誰にも邪魔されずに過ごせること」です。

結婚したり、家族を持ったりすると、自分だけの時間を作るなんてなかなか難しいです。

だから、この一人暮らしの期間を有意義に過ごすためにも、孤独や寂しさを楽しむくらいの心構えでいた方が賢明です。

自宅で一人でもできる趣味に没頭しても良いでしょう。
自分と向き合える貴重な時間とも言えるので、むしろ積極的に「一人の時間は大切だ」と考えるようにましょう。

 

最後に

いかがでしたか?
一人暮らしの寂しさを解消する方法を紹介しました。

一人暮らし歴が長くなると、いずれ「寂しさ」や「孤独」にも慣れてしまいます。
むしろ、一人の方が快適に暮らせるようになっていきます(笑)。

 

「いずれ慣れる」と言われても、一人暮らしをスタートしたばかりの人が急に「慣れる!」なんて言われても実感なんて全然わきませんよね。

なので、一人暮らしの寂しさを解消する方法として、ぜひ当記事を参考にしていただけたら幸いです。

誰にでも簡単に試せて、すぐに取り組める方法ばかりなので、周りで悩んでいる方にも、ぜひおすすめしてみてください。



スポンサーリンク